« つつじ寺 | メイン | カーナビの取付( AVIC T-99 + TRN-17) »

2012年5月21日 (月)

天体写真撮影用赤道儀の製作(9)

先週帰省した際に2号機の製作を集中してやりました。

でも仮組みまでで、未調整のまま、まだ実際に撮影できる状況ではありませんが、その概要を紹介しておきます。

Photo

今回は、精度と強度を両立させるため、総アルミ製としました。

構造・寸法などは、1号機を踏襲しています。

主要諸元は、

・駆動モータ・・・・・・・・・・・・SST391040 ユニポーラ型ステッピングモータ 12V駆動

Sst391040

・ギア・・・・・・・・・・・・・・・・・ モジュール0.75 15/60/20/90の全体減速比 1/24

Photo_4


・回転軸・・・・・・・・・・・・・・・160mm×160mmターンテーブル

Photo_3

・タンジェントスクリュー・・・ 台形ネジ φ8mm 1.5mmピッチ

・アーム長・・・・・・・・・・・・・ 228.5mm

・カメラ取付雲台・・・・・・・・バル自由雲台

・極軸調整用ファインダ・・・φ20mm

・コントローラ・・・・・・・・・・・ ドライバー(STK672-050)+PIC 16F886/16F88による自作プログラム

Photo_5

・総重量・・・・・・・・・・・・・・・・未測定(5kgくらいかな?)

・三脚・・・・・・・・・・・・・・・・・・スリック プロD700 III (最大荷重10kg)

今後、ギアのかみ合わせ調整を行い、夏の撮影に備える予定です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/29128933

天体写真撮影用赤道儀の製作(9)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。