« 天体写真撮影用赤道儀の製作 -その後- | メイン | Nikon D600購入 »

2012年10月19日 (金)

Let's note CF-T2へのWattOS R6の導入

今日は、パソコンのLinux系OSの導入記録です。
今年の夏手に入れた、ノートパソコンでなにかしたいと、最近、ネット検索で「Ubuntu」なるLinux系OSのことを知り、これがCD又はUSB起動で動くことから、扱って見たくなり、試してみた経過です。

まず、
導入したパソコンの概要
・Let' note CF-T2 DW1AXS
・pentium M 1.1GHz
・RAM 512に増設
・HDD SSD64GBに換装
この機種はCD/DVDでの起動は可(BIOSの設定でレガシーUSBを「有効」とすること)
USBメモリでの起動は不可

起動用CD/DVDユニットはATAPI版内蔵タイプ
これをIDE→USB変換器(UD-303SM SDD換装時に使用した手持ち、IDE用電源アダプター付き)
で接続することに。

Ubuntuの日本語パッケージを「ubuntu japanese Team」のサイトから 12.04 日本語Remix CDイメージで入手
isoイメージ書込用にいろいろ探したのですが、なんとWindows7では、もともと出来るとのことにたどりつくまで時間を浪費してしまいました。
Windows7での手順・・・対象ファイルを右クリック→「ディスクイメージの書込」で可。

さて、Ubuntu ver.12.04をCD起動すると途中で止まり、CPUが対応していないとのメッセージ。
結論は、このバージョンではインストーラがCPUのPAE(物理アドレス拡張→4GB越えのメモリーサポート)対応が必須であり、PAE非対応CPUは下位バージョンでインストール後、バージョンを上げるという手順が必要とのこと。
そこで、現在有効な最下位バージョン10.04で試行するも、CD起動はできるものの、画面が暗転し、不可(多分画面表示周りの不都合)。
Ubuntu 12.04のインストールは断念することにしました。

つぎに、Ubuntuベースでは、軽量でノートPC向きとされるWattoOSの導入を試行。
「ライブCDの部屋」で提供されているWattoOS-R6x86-jpで起動を試してみました。
これが、なんとも拍子抜けするくらいノートラブルで起動、ネットワーク(確実を期すため有線LANで試行)もつながりました。
USBメモリーのアクセス、動画の再生等を試し、何ら不都合もなくうごきました。

そこで、ハードディスクにインストールすることにしたのですが、これも極めて簡単で、WindowsXPの環境を残したままインストールが可能で、インストーラが勝手にHDDのパーテーションを切り分けてデュアルブートを設定してくれました。
最近のイストーラは、至れり尽くせりですね。

これで、HDDから起動し、有線LANを使用した環境は出来上がったのですが、せっかく無線LANがあるのでこれを使いたいのですが、WindowsXPの環境でも、内蔵無線LANのドライバーのアップデートに失敗したらしく、内蔵無線LANを有効にすると、数分でブルーバック→再起動する状況で、安直にUSB無線LANのPLANEX GW-USNano2-Gを使用していました。
このUSB無線LANはさすがにWattoOSでは認識できていませんので、内蔵無線LANをなんとかしようとドライバーを再度インストールすることにしました。

NECのサポートページから当該アップデートをダウンロードし、今回は手順書どおりに再インストールを実行。
深く考えず「無線LANユーティリティ(PROSet)」をインストールする、で実行したところ、ホスト側は表示されるものの認証用パスワードの入力がうまくできない(文字数の制限)トラブルが発生・・・私の知識不足だとおもいまが。
でも、過去つながったことがあったはずだと思い、このユーティリティを削除し、ドライバーだけ導入したところ、あっさりつながり、安定して動くようになりました。

これをもとに、WattOSで起動し、無線LANの設定(をすると、有効な無線LANを一覧表示してくれませんので、SSIDからの入力が必要でしたが、いともあっけなく無線LANで接続完了となりました。

当パソコンで試行の結果
Ubuntu 12.04・・・・起動不可(そもそもCPUが対応していない)
Ubuntu 10.04・・・・起動の途中で画面暗転
AVLinux 6.0・・・・ 起動するも、文字化け多い
WattoOS R6・・・・・起動・インストールとも問題なし
です(これはあくまで、不勉強な私が試した結果)。

現在の不都合点・・・WattoOSでは、本体内蔵のSDカードスロットは認識できない(USBに指したSDカードは可)。

追記;Windows7のディスクトップ機のドライブもファイル共有をWindows側で設定するだけで、問題なくアクセス可能でした。

とにかく、気がぬけるほど問題なく、やりたいことがすべてできましたし、動きも軽快です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/30090709

Let's note CF-T2へのWattOS R6の導入を参照しているブログ:

コメント

スターバックスの店でWindowsからスターバックスの無料LANにつながるのですが、WattOSからは繋がらないのですが何か、設定する上でのコツがあればおねがいします。

Passers-byさん

申し訳ありません。
WattOSでの公衆LANへの接続は経験がありませんので、お力になれません。
現在は、もっぱらWinndowsばかりでの使用です。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。