« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月 3日 (日)

鎌倉~江ノ島(Ai nikkor 135mm f2.8の末路)

鎌倉~江ノ島まで、カメラをぶら下げて散策してきました。

鎌倉の鶴岡八万宮には、一度いったことがあったのですが、いま住んでいるところから意外に近いことに気づき、急に思いついてあまり下調べもせず行ったのですが。

行程は、JRを北鎌倉で下車し、葛原岡・大仏ハイキングコースを経由して、鎌倉大仏、長谷駅から江ノ電で江ノ島まで出ると考えていました。

ところが、このハイキングコース、山道が急で、距離もあり、体力のない私には難行の道でした。

Photo
D600 Ai nikkor 135mm f2.8  f4 1/320 iso800

こんな山道で、雨上がりで滑りやすく、南風が吹いて、気温も高く、汗だくで、体力の大半を使い果たしてしまいました。

ほとんど行き交う人もいませんでしたが、外人の女性が1人で私と前後するようにして歩いておられましたが、はるかに健脚でした。

大仏さまのご尊顔を拝し、由比ケ浜に出てみると、強烈な風で波も荒く、波しぶきで白く煙っていました。

Photo_2
D600 Ai nikkor 24mm f2.8s  f8 1/400 iso200

ウィンドサーフィンをやっている人がいたので、持ってきていたレンズの内、最も望遠側の135mmで撮った写真です。

Photo_4
D600 Ai nikkor 135mm f2.8 f11 1/500 iso200

この135mm、買った当時はお金がなかったので、てっきり安いf3.5と思っていたのですが、確認するとf2.8の方、でもあまり使わなかったせいで、カビだらけにしてしまったものです。

星の写真以外では、ほとんど使わなかったのですが、それなりに撮れています。

Photo_5
D600 Ai nikkor 135mm f2.8   f11 1/2500 iso200

Photo_6
Ai nikkor 135mm f2.8 f5.6 1/160 iso640

意外によく撮れるので、それならレンズ内のゴミだけでも取れないかと言う思いと、一度レンズを分解てし見たいと言う子供染みた思いで、ネジを壊し、この撮影の翌日に見事壊してしてしました。

教訓・・・二度と安直には分解はしない。

江ノ島からの富士山、中望遠の守備範囲です。今度は順光の時間を狙って、もう一度トライしてみたいです。

でも、135mmを壊してしまったのが痛い。

これをいいことに、往年の憧れのレンズ180mm f2.8を買ってしまいそうです。