« ペルセウス座流星群2013 | メイン | M42とM31 »

2013年8月30日 (金)

天体写真撮影用赤道儀の自作 <コントローラの完成>

コントローラの一応最終形と考えるものが完成です。

構成は、前回書いたとおり、バイポーラステッピングモータをL6470ドライバーで駆動する形式とし、コントローラは、結局PIC16F88で組みました。

基盤は、前回と同様、感光基盤で作成しました。

01

今回は、実装密度をあげて、最小の大きさで作りましたので、前回の半分で出来上がっています。

少しは、基盤らしくなっています。

下の写真は、PIC16F88をはじめ、部品を実装したものです。

02

前回、PICマイコンでのSPI通信がうまく行かないと書きましたが、これもわかってしまうとあっけないぐらいで、マスター側での書き込み(同時に読み込み)を割り込みで処理し、スレーブからのデータの読み込み完了をSSPIFで判定しようとしていたのですが、これはスレーブ側では動作するのですが、マスター側ではうまくいきません。

マスター側はSSPSTATレジスタのBFを見ればよいのでした。

よって、プログラムは以下のように単純なものでうごきました。

PICでのSPI通信の例があまりないので、以下にあげておきます。

/*  SPI通信ルーチン  */
unsigned char SPI_Trans(unsigned char c){
    unsigned char cc;

    SPI_CS = HIGH;        // チップセレクトpin OFF = HIGH
    SSPBUF = c;             // 送信データを送信バッファへセット
    SPI_CS = LOW;        // チップセレクトpin ON = LOW
    while( BF == 0);         // 送信完了まで待つ
    cc = SSPBUF;           // 受信バッファの値を読み出し
    SPI_CS = HIGH;       // チップセレクトpin OFF = HIGH
   return cc;                    // 受信データの戻し
}

わかってしまえば、理屈どおりですし、至極簡単なものでした。

くみ上げた、内部の写真です。配線がごちゃごちゃとすっきりしないのはご愛嬌です。

03

コントローラの最終形の外観です。

これで、多分コントローラ側の変更は必要ないと思っています。

04

後は、追尾精度をあげるためのタンジェントスクリューの組み立て・調整を残すのみですが、中々進展がないのが現状です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/31811575

天体写真撮影用赤道儀の自作 <コントローラの完成>を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。