« TC-16A | メイン | タイマーレリーズの作成 »

2014年1月13日 (月)

2014年の撮り始め

今年の年始は、休みが長かったことの他、福岡の天気は、ここ数年では考えられないくらいいい天気が続き、元旦早々から、撮影ができました。PM2.5の影響か、冬にしては透明度がイマイチでしたが。

自作の天体写真撮影用赤道儀の開発は、追尾精度に満足していないものの、短時間であれば、300mmまでの望遠レンズでの撮影もできるようになりましたので、ほぼ一段落とし、撮影を楽しみたいと思っています。

3_d50002014010224f56160060sec51p2撮影データ D5000 Ai Nikkor 24mm F5.6 ISO1600 60sec×51枚

一枚目は、冬の定番、冬の大三角形です。D5000は、フィルターを交換しているのですが、バーナードループは写っていません。光害のない暗い夜空でないと無理なんでしょう。

2014_01_02d5000_180mmf56_90sec_7p撮影データ D5000 Ai Nikkor 180mm F5.6 ISO1600 90sec×7枚

これは、私の大のお気に入りのレンズ、180mmでの初天体写真なんですが、星の写真でも収差が少なく、なかなかいい感じです。200mmF4よりこちらがよさそうです。

次は、流星群の撮影以外では使っていなかったD600での本格的な初天体写真です。M31を撮ってみました。

M31_2014_01_02d600_300mm_f562撮影データ D600 Ai Nikkor 300mm F5.6 ISO3200 30sec×45枚 トリミング有り

新旧、DXとFXの差があり、当然といえばそれまでですが、D5000と比較すればISO3200でも荒れは少ないのではと思っています。

最後に、

M3736_d50001805690sec17shot撮影データ D5000 Ai Nikkor 180mm F5.6 ISO1600 90sec×17枚

ぎょしゃ座のM36、37を撮ってみました。

自作の天体写真撮影用赤道儀の開発が一段落したので、メシエ天体の総取りを目標にしたいと思っての撮影です。

なかなか撮影時間が取れませんが、どの程度達成できるか、ぼちぼちとやります。






トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/32045715

2014年の撮り始めを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。