« 天体写真撮影用赤道儀3号機-その後- | メイン | SP赤道儀の中古を買ってしまった »

2015年3月23日 (月)

天体写真撮影用赤道儀3号機-その後(2)-

天体写真撮影用赤道儀3号機の本組を行いました。

モータは、400step/回機が、ケースに納まらないことが判明、というか、コントロール基板と干渉してしまうため、200step/回機を選択しました。 これが赤道儀の機構部です。

20150321_0003ウォームホイールとギアの組み合わせは、モジュール1の歯数50のみとし、これをカップリングで接続したバイポーラ型ステッピングモータで駆動しています。 軸径は、主軸が10mm、ギア軸が6mm、モータ軸が5mmとなっており、5×6mmの異径リジットカップリングで接続しています。

20150321_0005組立は、測定具や治具がないので、もっぱら回転中の音に注意し、音ムラが少なくなるように注意しながら行いました。

20150321_0010ケースは、アルミ用塗料で化粧してみました。 このアルミ用塗料は、結構しっかりしていてよさそうです。

早速試写してみました。

3min21結果は、きれいなサインカーブ様のピリオディックモーションのみとなりました。

誤差は、±  31pic(120秒)と大きいですが、きれいなサインカーブ様ですので、狙いどおりソフト的なピリオディックモーションキャンセラで対応できると思っています。

本格的な撮影は、5月の連休となりますが、今年の連休は月齢の巡り合わせが悪いです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/33208657

天体写真撮影用赤道儀3号機-その後(2)-を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。