« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月23日 (土)

Arduino nano(互換品)の破壊

5月の連休に向けてコントローラのソフトのブラッシュアップ中なのですが、熊本地方で大きな地震が発生、福岡の自宅、実家などは頻繁にゆれたものの被害ないとのことで、一安心しているところです。

こんな大きな被害がでるような地震は、九州地方ではないものと思っていたので驚きです。
学生時代の4年間をすごした熊本で、大きな被害が出ていることに心が痛みます。一日も早く地震が収束し、通常の生活に戻れることを切に願っております。

正月明けから今まで赤道儀コントローラ(7/8号機)、カメラレリーズリレーボックスなどを改造してきたのですが、メインCPUをArduino UNO仕様のATMega328からArduino nano(互換品)へ変更しました。
オールインワンでとにかく安い(750円程度)のが取り柄ですが、造作はバラバラで、特にピンが曲がっていたり、USBの口は歪んでいたりと色々です。

この変更で計3個のArduino nano(互換品)を破壊してしまいました。

今後のために、その事例を書いておきます。

  1. I2C端子にモータを接続    
    I2CのVdd,GNDとモータコイルが接続    
    これは、特に問題とならなかったと考えています。    
    I2CのSCL,SDAとモータコイルが接続状態となり、モータコイルは5Ωと小さいため、OUTPUT端子とINPUT端子がショートした状態で過電流が発生ものと考えられます。    
    対策として、誤差込防止のため、接続をDIN4ピンからDIN5ピンへ変更しました(ヒータもDIN5ピンですが形状が異なります)。
  2. 3.3V端子をGND端子と間違えて、回路のGNDに接続    
    過電流により破壊(12V ACアダプタの過電流保護機能が働くほど)、完全なミスです。    
    老眼鏡の度数を上げました。
  3. USB差込み口が固いのを無理やり挿入して破壊    
    パソコンに接続していたSDカードも破壊され読み書き不能になってしまいました。

写真のない記事が続いてしまっていますが、いよいよ連休も近づきました。改造したコントローラ等の機材の自宅への返送も終え、後は連休中の天気の他地震の影響も気になるところです。

2016年4月12日 (火)

周辺光量低下/周辺減光・・・・・・

5月の連休に向けて、反射望遠鏡の光軸調整について、ネットを徘徊していたら、面白いことに気づきました。

それが、題名の周辺光量低下と周辺減光という言葉です。

私の理解では、「周辺減光」とは、太陽の表面を観察するとき、周辺にいくほど光量が低下し、暗く見える現象を言うもので、光学レンズ系で視野の中心に対して周辺の光量が低下する減少は「周辺光量低下」あるいは「周辺光量不足」と言うものだと思っていました。

天文とあまり関係しない写真愛好家の間では、この周辺光量低下を「周辺減光」と呼ぶことはあっても、天文愛好家の間では天文用語である「周辺減光」を使うことはない思っていたのですが、先の光軸調整についてネットで調べていくと、光学系での周辺光量低下について(所謂フラット補正の対象となる事象)、結構「周辺減光」が使われていることに気づき、愕然としてしまいました。

さらに、天文関係専門のはずのアストロアーツの製品であるステライメージ7でさえ「周辺減光」と記載しているみたいです(私は持っていないので確認はできませんが)。

ちなみにカメラメーカーのニコンの画像処理ソフトCapture NX2では「ヴィネッティング」(=vignetting:「口径食」、広義では「周辺光量低下」)と言う言葉が使われています。
※周辺減光は、英語ではlimb darkening。

天文愛好家の間でも「周辺光量不足」に対してこれだけ「周辺減光」と言う言葉が使われているということは、もう既に一般化してしまっており、ことさら違いを指摘するのは時代遅れなのかもしれません。

昭和世代の戯れ言でした。

2016年4月 7日 (木)

三カ月間の成果・・・・・・

昨年の12月中旬の遠征以来まともに撮影していない期間が3カ月以上になってしまいました。
5月の連休が待ち遠しい毎日ですが、はたして天候にめぐまれるかどうか・・・・・。

この三カ月間、ひたすら機材の改造などでお茶を濁してきたのですが、手がけたものもほぼ完成形に近づいてきました。

まずは、GPD赤道儀用コントローラ(7号機)です。 私としては非常にコンパクトに仕上がったと思っています。

20160401_33047号機本体コントローラ外観

20160401_3310同内部(ぎゅうぎゅうです)

20160401_3307同 コネクタ部(シールが不揃いなのはご愛嬌??)

20160401_33137号機 手元コントローラ

ステッピングモータドライバーは、結局秋月電子製の品切れ状態に待てなくなり、ストロベリーリナックス製としました。

※現在は、秋月電子製の品切れは解消されたみたいです(先日いったときには店頭にはありませんでしたが)。

現在、ソフトウェアのブラッシュアップ中で、主に天体導入補助機能について機能の改善を目指しています。

※先日書いたOnStepのASCOMドライバーについては、通信手順が思った以上に煩雑で、苦労しても効果はそれほどではないかと中断しています。

次は、SP赤道儀改造の一軸制御コントローラ(8号機)です。

20160401_33028号機コントローラ外観

20160402_3314同 内部

これは、7号機以上にコンパクトになりましたが、実はモータドライバーをモータ横の部分に追いやっただけのことです。
これで、極軸調整用に追加したボルトとも干渉せずにとりつくはずです。

実際の取付には、タップ立てやアルミ板の切断が必要ですので、自宅に帰ってからの作業になります。

最後は、D5000のバルブ撮影をdigiCamControlで制御するたの外部トリガー用USBリレーボックスです。

20160401_3300USBリレーボックス外観

20160401_3299同 内部

前回の掲載したものから作り替え、当初のケースに納まり、結構小さくなりました。

連休までの作業は、SP赤道儀のPEC機能を使った追尾精度の検証ですが、これは天候次第となります。