« Arduino nano(互換品)の破壊 | メイン | 毎年恒例の来客と小さな驚き »

2016年5月13日 (金)

なかなか予定どおりにはいかないもの

5月の連休は、9連休とし、前半で機材の最終調整、後半で遠征撮影を企画していたのですが、はからずも私事事情で最終調整も半ばの状態で終わってしまいました。

機材の最終調整で、モータコントローラを赤道儀に搭載し最終形にまで仕上げ、BKP150の光軸の確認を行った後、試写となったのですが、どうも導入補助機能の誤差が大きいみたいで、確実に目標が捉えられません。
原因は、赤緯軸のバックラッシュが大きいことだと思い、赤緯軸のウォームギアを再調整しました。

導入補助機能を使ってアルクトールス→M13の導入で撮影した結果です。

222_3

【撮影データ】 2016年4月30日 自宅庭
BKP150 + 純正コマコレクタ(F5用) + TC-16A (焦点距離1,200mm)
LPR-Nフィルター + Nikon D7100(ノーマル)
ビクセンGPD赤道儀(自作2軸モータドライブ化)
D60mm L=240mmガイドスコープ + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO1000 露出360秒×11枚
DSSでコンポジット、Cature NX2で画像処理
周辺光量低下が目立たない2/3程度にトリミング

結局、まともに撮影できたのはこのM13だけになってしまいました。

風があり、テレコンバータ×1.6を使った長焦点(1200mm)とガイド精度がイマイチで、星像が太っていますし、フラット処理をしていないので、周辺光量不足も目立つ失敗写真です。

それと、D7100の長時間露出ノイズが非常に目立つことが気になります。 なにか原因があるのか、気温18度程度、ISO1000の6分露出にしてはノイズが目立って使い物にならない感じで、比較対照をしていないので感じだけですがD5000ではこんなに酷くなかったと思うのですが・・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/33825249

なかなか予定どおりにはいかないものを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。