« Webカメラをオートガイダーへ改造(3) | メイン | 2016年夏の遠征(1) 改造フルサイズD610デビュー »

2016年7月31日 (日)

D610改造機が到着

先週出していたD610の改造が出来上がりましたので、取りにいきました。

Dscn0025

D610Aなんてロゴをつけたいところですが、赤外フィルタの交換ですから、当然、外見はなんの変化もありません。

交換した赤外フィルタ

Dscn0016

元に戻すとき必要ですので大切にと言われたのですが、多分もとには戻さないでしょう・・・・。

まずは、普通の写真でどれぐらい撮れるのか試したいところですが、連日の暑さで億劫になってしまいました。

つくづく思うのですが、天体写真撮影の場合、

高速シャッターはいらない、バルブだけでいい。
AF/AEいらない、ミラーなしでいい。
画像処理いらない、RAWだけでいい。
ローパスフィルターいらない、Hα光透過赤外フィルタだけでいい。
ですよね。

Fマウントに撮像素子を付けた箱みたいなものでいいんですが、カメラメーカーが作るとD810Aみたいな高価で中途半端なカメラになってしまうんですよね。
でも、これって、天体写真撮影用CCDカメラそのものですね、冷却機能付きですがうん十万円になってしまいます。

改造してしまいましたので、いままでローバスフィルターの清掃はサービスセンターに依頼していましたが、これからはセンサーのゴミ取りは、サービスセンターに依頼することができませんので、自分でやるための練習が必要です。

なにはさておきフルサイズ機でどんな天体写真がとれるか楽しみです。

夏休みに何回撮影のチャンスがあるのか不安ですが・・・・・。

なにはともあれ、夏休み撮影への出陣の準備は、ほぼ完了です。

撮影対象をどうしようかとか、色々瞑想を楽しんでいます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/33897721

D610改造機が到着を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。