« D610改造機が到着 | メイン | 2016年夏の遠征(2) 網状星雲 東・西 »

2016年8月16日 (火)

2016年夏の遠征(1) 改造フルサイズD610デビュー

今年の盆休みは、概ね天候に恵まれ、8~9日と11~12日の2回の遠征ともほぼ快晴下で、ひさびさ(8カ月ぶり)に思う存分撮影ができました。

遠征先は2回とも小石原焼伝統工芸館駐車場です。

8~9日はSP赤道儀改造の一軸制御にWebカメラを使ってのガイド撮影の挑戦すべく、BKP150+GPDの2台体制での撮影です。

月~火と言うこともあってか、同好の方はおられず1人ぼっちの撮影でした。

まずは、SP赤道儀改造の一軸制御機でのWebカメラ+短焦点レンズでのオートガイド撮影の結果です。

20160809_9624_01撮影風景です(1人ぼっちでしたので、ヘッドライトを照らしてみました)。

201608062ガイドの状況ですが、ほぼ±4秒程度以内に納まっていますが、ピリオディクモーションエラーを消しきれていません。

ただ、15秒/ピクセルと短焦点レンズでのガイドのためか、240mm+QHYだとそれほど気にしなくてもそこそこのガイド精度が出るのに対して、PHD2の設定微妙そうで、どの程度がよいのかつかめていません。

実は、事前のテストで8号機コントローラがうまく動作せず、原因を探ると、ガイド信号を受けるRJ11端子のコネクタ部の断線が判明し、急遽6号機を引っ張りだして動かしました(ぶっつけ本番でなくて正解です)。

003_2

【撮影データ】
2016年8月8日 小石原焼伝統工芸館駐車場 

ビクセンSP赤道儀(自作1軸モータドライブ化) 
F50mm f1.4 ガイドスコープ + Webカメラ + PHD2 GuidingNikon
D610(改造機)
Ai Nikkor 50mm f1.4
f4.0 ISO
2500 180sec 20枚
DSSでコンポジット、Cature NX2で画像処理

20160808_9678 【撮影データ】
2016年8月8日 小石原焼伝統工芸館駐車場 
ビクセンSP赤道儀(自作1軸モータドライブ化) 
F50mm f1.4 ガイドスコープ + Webカメラ + PHD2 Guiding
Nikon
D610(改造機)
Ai Nikkor 50mm f1.4
f4.0 ISO1600 180sec 1枚
Cature NX2で画像処理
※月明かりが残り、雲もかかった状態で1枚ものになってしまいました。

フルサイズの改造カメラはなかなかよさそうですが、SP赤道儀改造の一軸制御機でのガイド撮影の方は、実際にやってみると中途半端に思えてきました。

ガイド撮影の目的である180mm、300mmを使った撮影では、自動導入がほしいところで、本来の2軸制御にしたほうがよさそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/33910821

2016年夏の遠征(1) 改造フルサイズD610デビューを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。