« 2016年夏の遠征(5) バブル星雲周辺/アイリス星雲は失敗作 | メイン | 方針をあっさり変更、ステライメージ 7の導入 »

2016年8月23日 (火)

Webカメラでの拡大撮影の実践(月、土星)

前に書きましたように、手持ちの接眼部アダプター類を組み合わせて、拡大撮影ができるようになったのですが、手持ちの接眼レンズが5mmと25mmで「帯に短し襷に長し」の状態でした。

そこで、φ24.5mm Or型接眼レンズ14mm(3,800円 by Amazon)を手に入れ、ニワトリで拡大撮影に再挑戦です。

Webカメラ(QCam130X)月

225

QHY5L-IIM月

224

QCam130X 土星

Qcam01

QHY5L-IIM 土星

Ccd01

いずれも撮影した動画をRegistax6で合成、ウェーブレット処理したものです。

Regisatx6の使い方が分かっていませんので、最適な画像処理からはほど遠いものだと思います。

また、接眼レンズから撮像素子面までの距離が、その場合わせで測定していませんので合成焦点距離も不明ですが、土星画像のピクセル数から推定すると3,300mm(接眼レンズ~撮像素子間60mm)程度になっていると思います。

当然といえば当然なのですが、差は明らかで、やはり全画素をそのまま使う白黒CCDの優位さがわかります、と言うか、QHY5L-IIMでここまで写るのかと関心してしまいました。

また、実際に撮影してみて露出時間等を考えると、BKP150+Webカメラでは、この14mmでの拡大がほぼ限界では、と思っています。

それと、やはり、Webカメラでは露出やゲイン等の調整が難しいですが、さすがに専用ソフト(EZPlanetary)+QHY5L-IIMの組合せでの撮影は簡単です。

Webカメラも月の撮影では、明るさがあり感度不足はそれほど感じないのですが、土星になると感度不足は顕著で、ゲインを最大まであげても(画像が荒れる)、露出を長くしなければならず(大気のゆらぎの影響を受けやすい)、結果としては、QHY5L-IIMと大きく差か出てしまっています。

QCam130Xでの拡大撮影は、"撮れる"というだけのことで、この画質では、撮る価値はなさそうです。

惑星撮影用を謳っているカラーCCDの実力を試したくなりましたが、私の場合、短焦点反射鏡での惑星撮影は本道ではありませんから、ここはグッーと我慢です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/33916735

Webカメラでの拡大撮影の実践(月、土星)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。