« 夏休みの忘れ物、M57(惑星状星雲) | メイン | SP赤道儀の2軸モータドライブ完成!!! »

2016年9月28日 (水)

久々に入ったラーメン屋さん

先週末の飛び石連休に休みを取って帰省したのですが、4日間とも天気が悪く、1度も望遠鏡を空に向けることがなくボーズとなってしまいました。

今回は、そのとき用事があって、実家に行った帰りに立ち寄ったラーメン屋さんの話です。

2_01

実家の近くにあるこのラーメン屋さん、「丸星ラーメン」と言うのですが、それなりに有名なラーメン屋さんで、休日の昼食時には行列ができてしまっています。

ラーメンに限らず、食事で待ってまで食べようとは思わない私ですが、今回は、お昼ちょっと前でしたので、待たずに入れました。

このラーメン屋さん、私が物心付いた時には既にあった店ですので、50年以上はたっていると思いますが、昔から店の構え、店内ともほとんど変わっていません。

土間にテーブルと椅子を並べて20~30人が入れる、お世辞にもきれいとは言えず、メニューも「ラーメン」、「めし」、「焼き豚」、「替え玉」、「おでん」だけのあっさりしたものです。

ラーメンの味は、久留米豚骨ラーメンの一つの典型と言えるものですが、おいしくてやみつきになると言うほどのものではないと思っています。

でも、久々の久留米ラーメン、しっかり堪能してきました(ラーメン400円、めし120円 計520円)。

めんの茹で具合、スープの温度ともちょうど好みで、ものの5分間もかからず完食です。

いつも、東京方面での博多ラーメンのめんの茹で具合は硬すぎで、スープの温度は高すぎと思っているのですが、なにが良くて、完全に芯が残った麺や熱いスープが好まれるのか、芯が残った麺は、胃腸に悪そうですし、脂っこい豚骨スープが熱いと火傷してしまいます(決して猫舌ではありません)。

こうゆう私には、ちょうどいい加減のラーメンでした。 今度、行ったときも、行列がなかったら寄って行こうと思います。

-------------------------------------------------------------------

ついでにもう一枚の写真、地方都市によくある「違和感のある立派な市庁舎」の20階から撮った鳥栖方面を眺望する写真。  緑豊かな地方都市の雰囲気です。

Dsc_0017_01

人口30万の地方都市、久留米市庁舎もご多分にもれず、高層ビルなぞほとんどない場所に忽然と建つ20階建てのビルで、筑後平野のどこらかでも見えます(30km離れた私の遠征地の一つの大手山200年公園からでもはっきり見えるほどです)。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/33951913

久々に入ったラーメン屋さんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。