« Stera Image 7 と DeepSkyStacker の私的比較 | メイン | 夏休みの忘れ物、M57(惑星状星雲) »

2016年9月16日 (金)

北アメリカ星雲の再処理

Stera Image 7での画像処理を色々やって見ています。

今回は、北アメリカ星雲です。

New6

SI7での処理は、フラット補正とコンポジット後のスターシャープフィルター処理だけにし、以後をCapture NX2で処理しています。

ダーク補正は、ダークフレームによる補正の方が、ボツボツ感がでるのでやめています。

以前のものより、赤くなっていますが、星色も残り、こちらの方がよさそうです。

Capture NX2での処理も、選択コントールポイントでの画面全体を対象とした処理を中心とし、カラーコントールポイントでの部分処理はなしに変更してみました。

こうした星雲が画面の大半を占めるものでは、この処理の方がよさそうです。

ダーク補正をしていないので、画面の端の方がかぶったようになってしまいましたので、若干トリミングしています。

なんとなく、SI7+Capture NX2 での処理方法が掴めてきたように思えてきました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/33938995

北アメリカ星雲の再処理を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。