« 私的反射望遠鏡の光軸調整方法・・・用具編 | メイン | 私的光軸調整手順の検証 »

2016年10月 8日 (土)

私的反射望遠鏡の光軸調整方法・・・手順編

さて、前回書いた器具類を使っての光軸調整方法です。

まずは前提条件、BKP150の情報が少ないので、想像と瞑想が入り混じった条件です(なんとも心もとない)。

  • 斜鏡スパイダーには、オフセットを付いていない(鏡筒への取付穴は、鏡筒軸をとおる十字の位置)。
  • 斜鏡は、その保持具(ただの金属製の棒)に2.5mm程度(斜鏡長軸上の長さ3.5mm)のオフセットを付けて取り付けてある。  

斜鏡を横からみると、結構オフセットしてあるみたいに見えるのですが、じゃ正確にどれだけかは分かりません。  
そこで、取り敢えずオフセット量は2~3mmと推測し、その中間の2.5mmを目安としました(なんともいいかげん)。
として、以後の調整作業を進めています。

(1) 斜鏡スパイダーの位置調整

斜鏡中心設定用プレートを筒先にセットし、斜鏡スパイダーの張り具合を調整し、筒中央になるよう調整します。

このとき,スパイダー隠しの直交具合も確認して、調整しておきます。

20160925_0387※以前は物差し(金尺)などを使っていましたが、この方法が断然簡単に正確に合わせられると思います。

(2) 斜鏡の回転、中心の調整(ここの部分が私の調整法のミソです)

斜鏡ターゲットを斜鏡に被せ、接眼部にカメラをセットします。    

20160925_0390カメラはPCと接続し、digiCamControlでライブビュー状態とします。    
これだと、接眼部をのぞきながらの調整と比べ、調整中の斜鏡が格段に見やすくなります。    
斜鏡ターゲットの同心円をPCのライブビュー画面で観察し、上下左右方向が同心円となるよう斜鏡を回転/調整します。    
併せて、カメラ中心と斜鏡ターゲットのオフセット位置を合わせます。     digiCamControlの格子表示機能をオンにし、これを参考に合わせます。    
カメラの画面の方向を鏡筒軸を合わせておき、画面の十字線と斜鏡ターゲットの十字線が合うように斜鏡を調整しすると、ほぼ光軸が合った状態になるので、以降の調整は微調整のみとなります。

0001_01※カメラの取付は、カメラの重量で、接眼部あるいはカメラ鏡筒がタレないよう、上方向へ取付ます。   
※斜鏡位置が正しい位置にあれば、斜鏡ターゲットの縦線は、斜鏡が回転しても角度は変化しないはずですので、これを基準にカメラの角度を振って画面の十字線を合わせることにします。
この時点で、中心位置と、斜鏡の上下左右が同心円となるよう調整できれば、斜鏡の調整はほぼ完了です。

(3) 斜鏡の調整    
接眼部をレーザーコリメータへ替えて、斜鏡ターゲットのオフセット位置に照射されていることを確認します。    

20160925_0392筒先から覗くと、主鏡に映った斜鏡が見えますので、これで確認できます。     カメラセンターとレーザーコリメータのセンターが一致していれば、斜鏡ターゲットの小穴に照射されるはずです。    
こればかりは合っているとは限りませんので、うまくいかない場合は、斜鏡ターゲットを外し、レーザーが主鏡のセンターマークへ照射されるよう斜鏡の最終調整をします。    
このとき、斜鏡の回転方向が極力ずれないように注意します。

(4) 主鏡の調整    
レーザーコリメータへの戻り位置を見ながら主鏡の傾きをレーザーコリメータのセンターへ戻るよう調整します。

20160925_0394

(5) 必要に応じて(2)~(4)を繰り返し、調整を詰めます
この詰めの部分で妥協をすると、結果的に甘い光軸調整となってしまいます。

(6) 確認    
接眼部をコリメーションアイピースへ替えて、光軸調整結果を確認、必要に応じて微調整します。

20160925_0395この方法を使いだしてからは、漫然とレーザーコリメータなどで調整していたときに比べれば、格段に手早く、正確になったと自己満足しています。

また、調整ねじの先端を尖らした効果もあって調整中の動きは格段に動きがスムースになったように思います。

光軸調整はほぼうまくいったと思われる接眼部に(2)の方法で取り付けたカメラで撮った画像です。

Dsc_0417_01うまく行ったと自己満足していたのですが、自宅から単身赴任先へ帰り着いて、よくよく画像を観察すると、新たな不都合点を発見(^^;;;。

まずは、視野を横切っているスパイダーとスパイダー隠し、重なってしません。

スパイダー隠しをなんとかしなければなりません。

いっそのこと取り払ってみるのも手かもしれません。

それと視野の隅に一方向だけ、取付ねじ(と思われる)が見えている。

これは、光軸と筒軸が一致していないのではないかと疑っています。

この原因は、またまた色々と考えられそうで、深い沼にはまってしまいそうです。

斜鏡が筒中心軸上にあるべき位置(オフセットがなければ斜鏡中心が相当)とセットした位置の誤差、接眼部のスケアリング等々・・・・・・。

またまた、帰省時に機材確認・調整項目が増えてしまいました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/33961059

私的反射望遠鏡の光軸調整方法・・・手順編を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。