« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

オリオン大星雲(M42 NGC1976 SH2-281)

今回の遠征2日間の締めくくりは、メジャー中のメジャー、オリオン大星雲です。 30秒、60秒、120秒、480秒の多段階露出でやって見ました。

露出の段階についてはあまり深く考えずに薄明開始までの時間で割り振った枚数です。

M42800

【撮影データ】
2016年11月05日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改) GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Buiding
ISO 1600 露出30秒×5枚、60秒×6枚、120秒×5枚、480秒×6枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整
トリミングあり

【オリジナルの1/2画像はここ】

トラペジウム部分のつぶれは、当然として受入れました。 トラペジウムの左上の切れ込み部分の黒いもくもくは、短時間露出の画像では立体感があるのですが、合成結果ではなくなってしまっています。

内部のピンク部分の表現にも不満が残ります。

周辺を取り巻く淡い部分は、刷毛で掃いたような構造をもっと出したかったのですが、ここをあまり強調すると、内部がおかしくなりそうで、控えめにしてみました。

こうした明るい星雲で、明暗の差が大きい画像処理は、私のレベルでは到底太刀打ちでません(これに限ったことではないですが)。

この撮影後、薄明が始まってしばらく待ち、フラットフレームの撮影をして完了です。

全ての機材がびっしょりと夜露に濡れ、これを拭きながらの撤収作業で、現場を後にしたのは7時と遅くなりました。

さて、今回の遠征、SP赤道儀の方は、前にも書きましたように散々な結果でした。

50mmカメラレンズ+Webカメラでのオートガイドは、SP赤道儀の精度がそれほどでもないこともあってか精度、安定感とも今一歩の感じですし、とにかくガイド星がなかなかつかまえられません。

現地で、画角内にガイド星が入らず悪銭苦闘していると、「え~い、いっそのことQHY5L-IIのカラータイプを買うか」と思ってしまうくらいでした。

まだまだ調整の余地はあるのかもしれませんが、余っているカメラレンズ135mm F2.8とレンズを交換し、ガイド星導入のかめにファインダーを付けてみようかと思っています。

一方、BKP150+GPDの方は、機械的なトラブルはほとんどなくなり、スムースに撮影ができるようになりました。

残りは、懸案の斜鏡スパイダーの件です。

これについては、手頃なアルミ板が見つかりましたので、思い切ってスパイダーそのものを作り替えて見ようかと思ってします。

それと、撮影方法についての反省。

やはり、撮影対象を欲張るのではなく1対象をじっくりとることが基本だとつくづく思いました。

前回からLPR-Nフィルターを付けたときは、なんとなくISO1600、露出480sec×12枚を基本に撮影しているのですが、多枚数コンポジットの方が画像がよさそうに思えてきました。

そこで、次回はISO2000、露出360sec×20枚で、試写等を含め1対象2.5時間くらいの配分でやって見たいと思います。

2016年11月23日 (水)

バラ星雲(NGC2237-9,2246 C49 Sh2-275)

前に書きましたが、やっと会社寮の引っ越しも終わり、インターネット環境も整い一段落です。

さて11月4~5日撮影分の5対象目は天体写真を再開して、目標の一つにしていたバラ星雲です。

ベターとした絵ではなく、立体感のある写真で撮りたいと言う思いを持っていました。

1年近く前にとった時は、ピントが甘く、枚数もたった3枚でしたし、コマコレクター(F5用)も無しでしたので、「今回は」と言う思いはありました。

でも、途中の雲の来襲で、予定した開始時刻より遅くなり、南中前で鏡筒と赤道儀のクリアランスが少なくなってしまい(私のGPD赤道儀はイナバウアーが出来ない)、時間が足りず、またまた中途半端な撮影となってしまいました。

でも、さすがに明るい星雲ですので、これくらいの枚数でも、なんとか絵になった感じです。

最も好きな対象のひとつですので、この後も何回も撮影すると思いますが、とにかく一度、じっくりと撮ってみたいと思っています。

Rose800

【撮影データ】
2016年11月05日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改) GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 1600 露出480秒 × 9枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

DSSでのコンポジットに慣れた私の目では、どうもSI7でコンポジットすると派手めの色になってしまう感じて、私の好みはもうちょっと控えめな赤が良かったのですが。

それと、構図、画面左端の黄色い星(HD46612)が入るよう、90度回転させた構図のほうがアクセントがあって良かったかなと思っています。

この写真と以前に撮った写真を見比べてみると、やはり「光軸調整」と「ピント合わせ」が大事、今回の写真では、周辺部までコマ収差はほとんど見られない良像となっています。

考えてみると、天体写真に目覚めた中学~高校時代の銀塩写真では到底考えられない写真ですし、数年前に自作赤道儀作りをはじめた時でも、直焦点での撮影など夢の世界の写真がそれほど苦労せずにそこそこ見れるレベルで撮れるんです。

現代の機材とはすごいものだとつくづく関心しているのですが、いざこうした写真がとれるようになると、「もっとなんとかなるのでは」とついつい思ってしまいます。

2016年11月20日 (日)

クラゲ星雲(IC443 Sh2-248)

11月4~5日の雲が来襲する前に撮影をはじめたこの日の4対象目は、初挑戦のクラゲ星雲です。

手持ちの機材を含め、全く初めての撮影でしたので、どのくらい写るのか不安でした。

Kurage800 

【撮影データ】
2016年11月05日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 1600 露出480秒 × 6枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

クラゲの頭の模様=もくもく感はイマイチですが、そこそこ撮れたのではないかと思っています。

ただ、明るいηGEMを写角内に入れてゴーストが出るのがいやだったので、意識的に外したのですが、結果、クラゲの足が切れてしまいました。

最後の方で、雲が来襲、撮影枚数不足のまま、この対象の撮影は終了としました。

なんとか今の機材で絵になりそうなので、次の機会には、じっくりと撮りたい対象です。



2016年11月18日 (金)

勾玉星雲(IC405 C31 Sh2-229)

2日目の遠征(11月4~5日)の3つ目の対象は勾玉星雲です。

この対象は、周辺の散開星団と一緒にカメラレンズの180mmで機会あるごとに撮っていましたが、勾玉星雲単独のアップは初めてです。

Magatama800

【撮影データ】
2016年11月04日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改) GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 1600 露出480秒 × 9枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像】

※詳細画像のアップ方式を改めてみました。アラがばれてしまいますが、こちらの方がよさそうです。

中心の恒星(HD34078)の周りの青い縞々は出ているのですが、勾玉の曲がった部分の構造が出てくれませんし、曲がった後のさきっぽの方はさらに淡くなってしまいました。

構図的にも、もうちょっと左下に向けたほうがよかったと思います。

アップで撮るより、180mm、300mmなどで周辺の星雲、星団と一緒の方が絵になる対象みたいです。

2016年11月17日 (木)

さんかく座銀河(M33 NGC598)

2日目の遠征(11月4~5日)の2つ目の対象は、M33銀河です。

300mmカメラレンズで撮った時に比較すると、さすがにBKP150mm + D5000では結構写ってくれたと思っていますが、銀河の画像処理をどうしたがよいのか迷いながらの処理です。

M33【撮影データ】
2016年11月04日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 1600 露出480秒 × 9枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整 トリミングあり

元画像は、画角センターを外してしまっていましたので、若干トリミングしています。

言い訳になるのですが、自作コントローラの一定角度移動機能に表示上のバグがあり、うまく使えなかったので、試写でセンターを外していることは分かっていたのですが、妥協して撮影を開始してしまいました。

一定角度移動機能は、移動ボタン1押しでの移動角度を0.01~1.00度に調整できるようにしていたのですが、表示が0.09から1.00に飛んでしまうと言うバグでした。

また、この日撮った他の写真に比べ、若干ピントを外しているみたいです。

今回の撮影では、導入基準星を視野に入れて、バーティノフマスクを被せライブビューでピント調整、さらにバーティノフマスクを被せたままで試写をし、ピントを追い込んで、固定後、再度試写でピントチェックを行った後、目標導入→撮影とピントには気配りをしましたが、この時だけは、クレセント星雲を撮影した時のままで、ピント確認をせず、撮影を開始してしまいました。

やはり1対象毎にちゃっとピントチェックをすべきでした。

<部分拡大>

M33a

このM33銀河、小さいのが多い系外銀河の中では、視直径が月の2個分と大きいので、300mmまでのカメラレンズでの写真ではそれほどでもなかったのですが、750mmで撮るとガス星雲も目立ちますので写真写りが良く、BKP150 + D5000の画角にぴったりです。

最もメジャーなアンドロメダ銀河は大きすぎてはみ出してしまいますし、ノッペリ感があってあまり好きではありません。

M33、再度枚数を掛けてじっくりと挑戦して見たいと思っています。



2016年11月15日 (火)

クレセント星雲(NGC6888 C27 Sh2-105)

昨日の夜、奥様から電話、「スーパームーン見た?、めったにみれない・・・・・・・・」とのこと。

いつから「スーパームーン」なるものが話題にあがるようになったのか知りませんが、肉眼では判別できない大きさの変化が話題になるとは、何か不思議です。

私が話に乗ってこなかったので、拍子抜けしたいに電話をきられましたが。

さて、2回目(11月4~5日)の最初の対象は、これも前回、出来が良くなかったクレセント星雲(三日月星雲)です。

Photo_2【撮影データ】
2016年11月04日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改) GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 1600 露出480秒 × 12枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

今回は、前回の失敗を反省し、光軸の確認行い、ピントチェックも試写を繰り返して行いました。

結果、もうちょっと「もくもく感」がでてくれると思ったのですが、物足りない画像です。やはり枚数(露出)不足でしょうか。

また、ガイドはうまくいっていたはずなのに、星が流れてしまったフレームがあり、なおさら枚数不足になっています。

これは、鏡筒バンドの締め忘れが 主な原因だと思います。

撤収のとき、緩んでいることに気づきましたが、あとの祭りです。

案の定、他の対象も星が流れたフレームが散見される結果になってしまっています。

<部分拡大>

A_01

このクレセント星雲、私の機材では、細部の表現は難しそうで、微恒星が多いのと相まって、見栄えのある写真にはなりそうにもありません。

2016年11月13日 (日)

バブル星雲(NGC7635 C11 Sh2-162)

1月2日撮影の3対象目です。

これもBKP150+D610での撮影のリベンジなのですが、前よりは良くなってと思っているのですが、イマイチの感じです。

H 【撮影データ】
2016年11月02日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改) GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 1600 露出480秒 × 6枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

後半は雲が流れ、撮影枚数が少なくなってしまいました。

比較的順調だったBKP150でのこの日の撮影での"ちょんぼ"は、曇りとなった後の待機中にダークフレームの撮影です。

待ち時間にダークフレーム撮りはよかったのですが、カメラの露出設定を誤り、これに気づいたのが、東京に帰ってからという次第で、次の撮影機会までダークフレームの撮影ができず、今回の画像は全てダーク補正なしの画像です。

結構粘って晴れを待ったのですが、結局はそのまま撤収、傷心の帰り道、さらに追い打ちが待っていました。

高速料金を節約するため「八木山バイパス」経由を選択したのですが、これがなんと工事による「夜間通行止め」、入り口までいって大きく迂回するはめになってしまいました。

実質は30分程度のロスなのですが、気持ち的には2時間ぐらいロスした感じで、疲労困憊での帰宅です。

<追記>

このブログサイトでは、画像データが長辺800ピクセル以上は、800ピクセルに縮小されてしまい、別ウィンドで開く場合もこの制約は同じなため、アップした画像の細かいところはつぶれてしまいます。


そこで、記録のためにも小さい対象については、拡大したものを付けることにしました。

001a 

縮小されることでアラが目立たなくなると言うメリット(?)もあるのですが。

2016年11月11日 (金)

コクーン(まゆ)星雲(IC5146 C19 Sh2-125)

今回の遠征で散々だったSP赤道儀と違い、BKP150 + GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)での撮影の方は、ほとんどトラブルなしに順調にいきました。

なかなか撮影機会に恵まれないため、どうしても一度の遠征であれもこれもと撮影対象を欲張りがちで、一対象をじっくりとはいきません。

結果的には、撮影した9対象のどれもが中途半端になってしまっています。

最初の対象は、BKP150+D610で散々だったアイリス星雲。 今回(11月2日の撮影)も夕方の透明度がよくないなかでの撮影のため、前回よりもひどい出来で、完全にボツです。

2対象目は、初挑戦のまゆ星雲です。

Photo 【撮影データ】
2016年11月02日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 1600 露出480秒 × 8枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

暗黒帯のうねうね感を出したくて、まゆ星雲を端にした構図にしたのですが、本当は90度回転するのが正解です。

導入基準星でピントチェック後、目標を導入したので、カメラを回転すると、どうしてもピントが不安で、再度ピントチェック→導入が必要と考え妥協してしまいました。

今回は事前に構図参考図まで作り、望んだのですが、全然役にたっていません。

手順として構図参考図でカメラ角度を確認後、導入基準星でピントチェック、導入の手順の厳守が必要です。

画像処理では、微恒星の中にまゆ星雲がもくりこんでいったような暗黒帯の"うねうね"感を出したかったのですが、私のレベルではどうしてもうまく出てくれません。

また、まゆ星雲のピンク色も上品さかが足りない感じです。

でも、まあ、初挑戦としては上出来ではないかと思っています。


2016年11月10日 (木)

SP赤道儀 + カメラレンズの撮影は 2日間ともに撃沈 !!

遠征初日の11月2日は、17時前と早めの到着となり、一番乗りかと思ったのですが、既に設営を開始ししておられる方がおられました。

私が設営を開始してまもなく、一度お会いしている黄色い筒使いの方がお見えになり、3名での撮影、夜半にもう一人来場され、この日は4名でした。

遠征2日目の11月4日は、やや遅い到着で、すでに黄色い筒使いの方は既に設営中、話を聞くと3連ちゃんとのこと、頭がさがります。

この日も夜半にもう一人来場されました。 いずれの来場者とも高橋セットが多く、私の古色騒然たるSP/GPDのなんとも貧相なこと、でも、「これが私の流儀だ」でがんばります。

さて、改造なったSP赤道儀での実際の撮影なんですが、11月2日は、ひさびさの撮影だったこともあり、BKP150の方の設定に時間がかかり、だいぶ遅れて撮影を開始しました。

でも、ガイド星がなかなか見つからなかったり、なんかガイドも安定しません。 最初の目標を撮影終了後、確認すると、ガイドレンズの取付が緩んでいてぐらぐらです。

締め直して、撮影を再開したときには、時すでに遅く、雲が出始め、あっと言う間に全天曇り、撤収となってしまいました。

2日目の11月4日、撮影開始は、前回より早かったのですが、先に書いたように180mm+雲台では、バランスがとれず、取付方法を変更し、雲台を外して直付けににして再開したのですが、なんか異常にカメラに露が付く感じです。

最初の目標の撮影終了後、レンズを確認すると"真っ白け"です。 なんと、結露防止ヒータの温度設定を見てみると「3度」、これでは、外気温より低いではないですか。

目標温度設定をミスっていました。 ミスの原因は、温度設定をダイヤルでやるのですが、これがダイヤルの回転に対する反応にタイムラグがあることが原因で、ダイヤルで設定したあと確認しなかったのが原因です。

2時間以上掛けて露取りが終わり、撮影を再開したところ5枚目当りでスターロストの"ピンポン"の音が連続、調べてみるとバッテリー電圧が低下しており、万事窮す。 結局、SP赤道儀での撮影は2日間もと撃沈です。

バッテリー充電が不充分だったのかもしれませんが、予備の電源を考えないといけません。

今使っている価格優先で選んだ28Ahの自動車用バッテリーも2年以上を経過しているので、この際、新しいのを買って、これを予備にするのも手かもしれません。

なにもなしでは癪なので、ぜんぜん出来はよくないのですが、途中から雲がかかったハート星雲、胎児星雲と、たった3枚で処理したバラ星雲を載っけておきます(次はちゃんと撮るぞとの誓いをこめて)。

<二重星団、ハート星雲、胎児星雲>

20161104_180mm_new1 【撮影データ】
2016年11月04日 小石原焼伝統産業会館
Nikon D610(改) Ai Nikkor ED 180mm F2.8s
ISO 1600 f5.6 360sec × 8枚
SP赤道儀(2軸モータードライブ)、ガイド鏡 50mm f/1.4 PHD2 Guiding

<バラ星雲~クリスマスツリー星団>

20161104_180mm_new21 【撮影データ】
2016年11月04日 小石原焼伝統産業会館
Nikon D610(改) Ai Nikkor ED 180mm F2.8s
ISO 1600 f5.6 360sec × 3枚
SP赤道儀(2軸モータードライブ)、ガイド鏡 50mm f/1.4 PHD2 Guiding





2016年11月 9日 (水)

SP赤道儀のカメラ固定方法の改善

SP赤道儀は、2軸モータドライブ化して、Webカメラを使ったオートガイド撮影用に改造したので、主としてカメラレンズを使った撮影になるので雲台で取り付ける方法もあったのですが、導入補助機能のためには、軸上に固定したいですので写真のような方法にしました。

20161104_0670SP赤道儀は、赤緯体の上部の張り出した部分に2本のネジで取り付ける型式ですが、これでは不便なので、中央部のくぼみにアルミ板(t=10mm)で円盤上の取付金具を自作しています。

20161104_0674これで、カメラ台プレートを4本のボルトで固定できるようにしました。

20161104_0672カメラ等の取付は、当初は自由雲台などでの取付としていましたが、脱着が面倒なのと、自由雲台では固定に不安がありましたので、アルカスイス規格のアリガタを利用し、強固に固定と脱着の容易さを狙いました。

このアルカスイス規格のアリガタ、ネットで利用されている例をみて、早速のぱくりです。

望遠鏡メーカーのアリガタに比べて安く、またカメラ程度でしたら、十分強固に固定できます。

クイックリリースプレート・・・・・699円(by Amazon)×1個
クイックリリースプレート(20cm)・・800円(by Amazon)×2個
クイックリリースクランプ・・・・・898円(by Amazon)×3個

計 4,993円で出来上がりました。

安いので、180mm、300mmレンズそれぞれにL=20cmのレールプレートを用意して、脱着の利便性をはかっています。

300mmは、回転できる三脚座がついていますのでフレームの回転方向の調整も可能ですが、180mmは三脚座がありませんので、このままではフレームの回転方向の調整ができません。

そこで中型のスリーウェイ雲台で対応しようと思ったのですが、高さがありモーメントが大きくなって、なんとウェイトが足りず、バランスがとれなくなってしまいました。

先の改造(1軸制御のノータッチ機)で2.8kgウェイトを苦労して半分に切ってしまったのが「あだ」になってしまいました。

最悪、かっこはわるいですが切り離した分をガムテープ止めでもいいのですが、なにか他に方法がないか思案中です。