« バブル星雲(NGC7635 C11 Sh2-162) | メイン | さんかく座銀河(M33 NGC598) »

2016年11月15日 (火)

クレセント星雲(NGC6888 C27 Sh2-105)

昨日の夜、奥様から電話、「スーパームーン見た?、めったにみれない・・・・・・・・」とのこと。

いつから「スーパームーン」なるものが話題にあがるようになったのか知りませんが、肉眼では判別できない大きさの変化が話題になるとは、何か不思議です。

私が話に乗ってこなかったので、拍子抜けしたいに電話をきられましたが。

さて、2回目(11月4~5日)の最初の対象は、これも前回、出来が良くなかったクレセント星雲(三日月星雲)です。

Photo_2【撮影データ】
2016年11月04日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改) GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 1600 露出480秒 × 12枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

今回は、前回の失敗を反省し、光軸の確認行い、ピントチェックも試写を繰り返して行いました。

結果、もうちょっと「もくもく感」がでてくれると思ったのですが、物足りない画像です。やはり枚数(露出)不足でしょうか。

また、ガイドはうまくいっていたはずなのに、星が流れてしまったフレームがあり、なおさら枚数不足になっています。

これは、鏡筒バンドの締め忘れが 主な原因だと思います。

撤収のとき、緩んでいることに気づきましたが、あとの祭りです。

案の定、他の対象も星が流れたフレームが散見される結果になってしまっています。

<部分拡大>

A_01

このクレセント星雲、私の機材では、細部の表現は難しそうで、微恒星が多いのと相まって、見栄えのある写真にはなりそうにもありません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34003718

クレセント星雲(NGC6888 C27 Sh2-105)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。