« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月23日 (金)

SIMフリータブレットを購入

奥様から、Lineをやりたいので、ガラケーからスマホに替えたいとのご下命があり、色々検討した結果、当人のスキル(パソコンのスキルは最低レベル)などを考えた結果、今までのガラケーにタブレットを追加する方法としました(後で譲り受けても使い道があるように)。

タブレット端末を選ぶについての着目点は、

  • 費用(初期/月額)を出来るだけ安く。
  • もし、タブレット端末を使いこなせたあかつきには、音声通話も追加できること。

です。

そこで、SIMフリータブレット + 格安SIMの組合せとし、選んだのは、ASUS ZenPad7.0(19,299円)+マイクロSIM(598円) 計19,897円。

もっと安いHuawei MediaPad T1 7.0(14,250円)もあったのですが、大陸製ということで敬遠しました。

Dscn0038_01

格安SIMは、私の使っているOCN モバイル ONEのSMS対応SIMに決め打ちです。

ネットでは、速度が遅く、取り柄がないSIMと低評価ですが、ライトユーザーが安く使う分には、結構使い勝手が良く、運営会社の信頼性を含めて私にとっては択一だと思っています。

手に入れたのが12/10で、SIMの申込みは、12/22が最も有利(課金は1月からで、なおかつ最初の1カ月は無料)ですので、取り敢えず、Wifi接続で早速設定等をやってみました。

ところが、このWiFi接続先もOCN モバイル ONEですので、当然といえば当然、初期設定直後にアプリの自動アップデートなどが動き、あっと言う間に上限の110MB/日(繰り越し分を含めれば220MB)を使い切ってしまいました。 OCN モバイル ONEを使って、前にも書きましたが、通信料の節約で110MB/日コースの容量をスマホとパソコンで分け合うよう2枚持ちにして、それでも30~70MB/日の消費量でしたので、びっくりです。

2日間で2GB程度は使った勘定になってました。 ところが、初めて200kbsの速度制限を受けることになって慌てたのですが、これがなんと、私が日頃使っている内容(Web閲覧等)では、多少かったるさはあるものの、実用上ほとんど問題がないことが分かった次第です(超ライトユーザーですね)。

また、1日毎の制限ですので、翌日には解除され、特にイライラすることもないのも利点だと思いました。

7インチのタブレット、片手で持つのにはちょっと大きめですが、画面は見やすく、使い勝手はよさそうです。 後は、パソコン音痴の奥様が使えるようになるのかどうかの問題だけです。

また、今回の機種選択、吉と出るか、凶と出るか。

スマホをArrows F-10Dにした当時、ネット上では散々な評価で後悔半分でしたが、5年目に入った今も、不自由なく現役で使っています。 バッテリーの劣化は進んでいるみたいですが、まだまだ使えそうです。




2016年12月14日 (水)

月を撮影(1) BKP150直焦点 + TC-16A

今月は、新月期ではない月齢9~10の時期と言う星雲等の撮影には絶望的な時期の帰省になってしまいました。

また、土星は見えず、木星は早朝に東の空に低いので、撮れるものといったら「月」しかありません。

まずは、BKP150の直焦点 + 1.6倍テレコンバータ(TC-16A)での撮影です。

この組合せでも焦点距離は1,200mmですから、APS-C機のD7100でも画角いっぱいにはなりません。

そこで、D7100搭載の1.3倍クロップ機能の登場です。

と言っても、ただ単に撮影範囲を狭めただけの機能(4000pic×6000picの中央部3200pic×4800picを切り取る)ですが。

撮影は、JPEG撮って出しで露出ディレイ1秒で100枚を撮影しています。

まずは、その中から最も解像している1枚もの(ノートリミング)です。

月齢9.6の月

13full_01
【撮影データ】
2016年12月09日 自宅 BKP150 コマコレクター(F5用) 1.6倍テレコン
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D7100(ノーマル)
ISO 200 露出1/320秒
CaptureNX2で画像調整

次は、撮影した100枚をチェックし、良い画像のもの50枚を選択、CaptureNX2でバッチ処理でトリミング、これをRegistax6でスタック、ウェーブレット処理したものです。

Moon96_01

【オリジナルの1/2画像はここ】

上の画像の内のコペルニクスクレータからアペニン山脈の部分を切り出したものです。

Cope_01

【オリジナルの切り出し画像はここ】

BKP150と言う短焦点反射は、こうした撮影には向いていないでしょうが、月に邪魔される時期の欲求不満解消を少しは和らげる程度には撮れたのではないかと思います。