« オリオン大星雲(M42 NGC1976 SH2-281) | メイン | SIMフリータブレットを購入 »

2016年12月14日 (水)

月を撮影(1) BKP150直焦点 + TC-16A

今月は、新月期ではない月齢9~10の時期と言う星雲等の撮影には絶望的な時期の帰省になってしまいました。

また、土星は見えず、木星は早朝に東の空に低いので、撮れるものといったら「月」しかありません。

まずは、BKP150の直焦点 + 1.6倍テレコンバータ(TC-16A)での撮影です。

この組合せでも焦点距離は1,200mmですから、APS-C機のD7100でも画角いっぱいにはなりません。

そこで、D7100搭載の1.3倍クロップ機能の登場です。

と言っても、ただ単に撮影範囲を狭めただけの機能(4000pic×6000picの中央部3200pic×4800picを切り取る)ですが。

撮影は、JPEG撮って出しで露出ディレイ1秒で100枚を撮影しています。

まずは、その中から最も解像している1枚もの(ノートリミング)です。

月齢9.6の月

13full_01
【撮影データ】
2016年12月09日 自宅 BKP150 コマコレクター(F5用) 1.6倍テレコン
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D7100(ノーマル)
ISO 200 露出1/320秒
CaptureNX2で画像調整

次は、撮影した100枚をチェックし、良い画像のもの50枚を選択、CaptureNX2でバッチ処理でトリミング、これをRegistax6でスタック、ウェーブレット処理したものです。

Moon96_01

【オリジナルの1/2画像はここ】

上の画像の内のコペルニクスクレータからアペニン山脈の部分を切り出したものです。

Cope_01

【オリジナルの切り出し画像はここ】

BKP150と言う短焦点反射は、こうした撮影には向いていないでしょうが、月に邪魔される時期の欲求不満解消を少しは和らげる程度には撮れたのではないかと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34017706

月を撮影(1) BKP150直焦点 + TC-16Aを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。