« 2016年末、機材収納庫の製作 | メイン | 新年初の遠征行(2) バラ星雲 »

2017年1月 5日 (木)

新年初の遠征行(1) オリオン座(バーナードループ)

年末は、30/31日の庭撮りでお茶を濁し、1/2日にいつもの小石原焼伝統産業会館駐車場へ、遠征初めです。

さすがに元旦から撮影にこられる方はないかと一人ぼっちを覚悟したのですが、設定終了頃にお一人、暗くなってからもう一人の来場者がありました。

先に来場された方は、機材の調子が悪く夜半には撤収され(温かい紅茶、ありがとうございました)、もう一人の方も夜半で撮影を止められ、車内で仮眠のご様子、実質的には、夜半からは一人ぼっち撮影となりました。

SP赤道儀のオートガイドの改良が進んでいませんので、SP赤道儀にはD5000(改) + 35mmを載せて星野写真、BKP150の方はD610でフルサイズでの撮影テストとしました。

デジタル一眼レフカメラでの天体写真を始めて、まだ、一度もバーナードループをしっかりと撮影したことがありませんでしたので、とにかくオリオン座全景を撮り、真っ赤なバーナードループが第一目標です。

Orion1800

【撮影データ】
2017年01月01日 小石原焼伝統産業会館
D5000(改) Ai AF Nikkor 35mm f/2D
SP赤道儀(自作2軸モータードライブ化) ノータッチガイド
F5.0 ISO 1600 180秒×26枚
Stela Image7でコンポジット
Flat Aideでフラット処理
CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

東京に戻って、D5000 + 35mmのフラットデータがないことに気がつきました。 以前には想定していた組合せではありませんでしたので、フラットデータを撮っていなかったのです。

残念なことに思ったほどバーナードループが出てくれません(フリンジは結構でているのですが)。

フラットを当てずにハデハデにしましたので、ムラだらけです。

もっと露出がいるのか、焦点距離の長いレンズにすべきなのか、画像処理が稚拙なだけか・・・・・。 悩みはつきません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34025336

新年初の遠征行(1) オリオン座(バーナードループ)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。