« 新年初の遠征行(4) 勾玉星雲 | メイン | BKP150とD610の組合せ »

2017年1月17日 (火)

新年の遠征行(5) 撃沈編

新年最初の遠征撮影では、BKP150+フルサイズ機(D610)でも十分鑑賞可能な写真がとれそうだと分かったことが最大の収穫だったのですが、相変わらずの撃沈作(失敗作)のオンパレードでした。

いつものように、自戒(次回?)を込めて、載せておきます。 失敗作ですので、オリジナル1/2画像はなしです。

まずは「かたつむり星雲」。

勾玉星雲を撮ったあと、D610のバッテリーが予備を含めて消耗してしまいましたので、カメラをD5000に替えて撮影を続けました。

クリスマスツリー星団とかたつむり星雲のどちらにしようか迷ったのですが、クリスマスツリー星団は暮れに庭撮りで撮っていたので、こちらにしました。

でも、出ません、かたつむりの格好が。 もっと1枚当りの露出時間を多くすべきだったのでしょう。 次回以降の宿題としておきます。

Katatsumuri001

【撮影データ】
2017年01月02日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出240秒×12枚
SI7でダーク/フラット補正+コンポジット
CaptureNX2で画像調整

次は、子持ち銀河。

撮り始めて間もなく、雲が来襲、あっと言う間に全天雲となってしまい、4枚だけの撮影となってしまいました。

このM51、トライ1回目は、自作コントローラの導入補助機能のバグで視野にも入らず。

2回目のトライは、時期が悪く、確認だけ。

今回が3回目のトライでしたが、またまたあえなく撃沈です。

M51_20170101_line_01

【撮影データ】
2017年01月02日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出240秒×4枚
SI7でダーク/フラット補正+コンポジット
CaptureNX2で画像調整

せめてものなぐさめに、視野内に写っている銀河を同定してみました。


次は、BKP150+D610でのスバル。

BKP150で以前に撮ったとき、ゴーストが激しく、二度と撮らないと思っていたのに、またまた筒先を向けました。

以前よりは、出来が良いとは思いますが、いかんせん、ゴースト、光条割れが目立ちすぎです。

現在は、スパイダー隠しは外した状態ですので、当然なのですが。

M45_2017_01_01_d610dss

【撮影データ】
2017年01月01日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D610(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Buiding
ISO 2500 露出240秒×12枚
SI7でフラット補正+コンポジット
CaptureNX2で画像調整、トリミングあり



最後は、同じ組み合わせでの馬頭星雲。

Batou_01_800

【撮影データ】
2016年01月010日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D610(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Buiding
ISO 1600 露出180秒×19枚
SI7でフラット補正+コンポジット
CaptureNX2で画像調整、トリミングあり

迷光の影響部分を切り離してトリミングしてみました。

ゴーストは諦めましたが、光条割れを含めた光条の汚さは早くなんとかしなければなりません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34030040

新年の遠征行(5) 撃沈編を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。