« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月25日 (火)

拡大撮影時の合成焦点距離の試算

前回の画像アップでもミスが・・・・・。
土星と木星で南北が統一されてません。
木星は上が南なのに対して、土星は上が北になってしまっています。
でも、どうも私の中では、木星は大赤斑が上にあったほうが普通な感じだし、土星の輪はこの方が座りがよさそうだし・・・・・。

今後は、基本的に上を北に統一します。

さて、今回撮った写真から、合成焦点距離を求めてみました。

合成焦点距離 = 撮像素子上の半径 ÷ tan(視半径)
ですので

1001

木星の撮像素子上の半径を実測してみると、直径で209pic、QHY5P-IIの1ピクセルは2.2μmですので、
視半径は2.2×209÷2 = 0.23mm
この時の木星の視半径は17.85秒(視直径=35.7秒)でしたので、
合成焦点距離 = 0.23mm ÷ tan(17.85秒) = 2,656mm
となりました。
ちなみにこの時の接眼レンズから撮像素子まで距離を逆算で求めてみると、

合成焦点距離=主鏡の焦点距離÷接眼レンズ焦点距離×接眼レンズから撮像素子までの距離
の式から

接眼レンズから撮像素子まで距離 = 合成焦点距離 ÷ (主鏡の焦点距離÷接眼レンズ焦点距離)
となり、

接眼レンズから撮像素子まで距離 = 2,656mm÷(750mm÷14mm) = 50mm
となりました。

撮像素子上の直径が0.46mmで、これだけの模様が表現されるのには驚きです。

もうちょっと拡大率を上げたいのですが、手持ちのOr5mmを使って、接眼レンズから撮像素子まで距離を30mm程度に調整できれば、今の倍くらいまで合成焦点距離を延ばせそうですが、そうなるとBKP150付属のφ30mmファインダーでの導入が難しくなりそうです。

いまでも、ファインダーの調整をしっかりしたあと、導入時は、QHY5P-IIのフルサイズ(2,592×1,944pic)でなんとか視野内に入れることができ、視野中心に導入後、640×480picに切り換えて撮影している状態です。

 

2017年7月23日 (日)

木星/土星のニワトリ

月の巡り合わせも悪く、星雲などの撮影には向かない時期の帰省でしたので、木星/土星のニワトリです。
色々試した結果、安物Or14mm接眼レンズを使った拡大撮影に落ち着きました。
まずは木星。
予報で確認したときはだめかなと諦めていたのですが、やっと大赤斑入りの構図でとれました(ちょっと端のほうですが)。

2017_07_16_202304

【撮影データ】
2017年7月16日 20時23分
BKP150+Or14mm拡大撮影
QHY5P-II 640×480 500フレーム
Registax6で300フレームをコンポジット、ウェーブレット処理

次は同じ日に撮った土星。

210308435_2

【撮影データ】
2017年7月16日 21時03分
BKP150+Or14mm拡大撮影
QHY5P-II 640×480 500フレーム
Registax6で300フレームをコンポジット、ウェーブレット処理

同じくカメラをモノクロに替えたバージョン

211637374

【撮影データ】
2017年7月16日 21時16分
BKP150+Or14mm拡大撮影
QHY5L-IIM 640×480 500フレーム
Registax6で300フレームをコンポジット、ウェーブレット処理

両者を比較しても解像度にはそれほどの差はなさそうに見えます。

2017年7月21日 (金)

とうもろこしも失敗、収穫できず

今年から始めた実家畑での家庭菜園、収穫時期を迎えたとうもろこし、7月14日に見に行きましたが、すべて実がしぼんでいるものばかりです。
収穫時期が遅れたみたいです。

20170714_3753
昔のとうもろこしは、収穫時期が遅れても硬くなるだけでしたが、今のスウィートコーンは、遅れると実がしぼんでくるみたいです。
ちょっとでも良さそうな3本を茹でてみましたが、食べれないことはなく濃厚な味の片鱗はありました。

とうもろこしの残骸

20170716_3757

その他の状況(作業)
落花生・・・2回目の土寄せ(7/16)
花が咲き、子房丙がもぐり込み始めています。
2回目の土寄せをしました。

20170714_3751

さつまいも・・・1回目のつる返し(7/14)
旺盛に成長しています。
黒マルチ外の部分には結構不定根が張っていました。
家内が「つる」を調理してくれましたが、癖がなく結構おいしかったです。

20170716_3765_2

さつまいもと落花生の畝間隔が狭すぎて、作業がしづらいです。
畑の広さは十分なるので、畝間隔はもっと広げた方が良さそうです。

すいか

20170716_3764

11個出来ています(2株)。成長も旺盛で、うまくいっている感じです。
ホームセンターで果実敷きを買ってきてそれぞれに敷いてあげました。
最初の3個は7月23日~が収穫適期ではと思っていますので、家内に頼んでいるのですが、さて、行ってもらえるかどうか。

20170716_3763

今回は逃しても、次の帰省時には何個かゲットできると思っています。
結構旺盛に繁っています。
やはり、2株でも4×4m程度の広さが必要ですね。

2017年7月18日 (火)

5年前の星野村につづき今度は東峰村で

今月初めの九州北部集中豪雨では、遠征地の東峰村~朝倉市杷木で大きな被害が報じられ、5年前の星野村の集中豪雨被害に続き、星見に行く先での大きな災害の発生が続くことに心が痛みます。
年取った身としてはボランティアへともいかず、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに早い復興を祈念することしかできません。
現在、小石原焼伝統産業会館は、国道211号線の嘉麻峠越えでは入れるみたいですが、小石原地区の災害ボランティアセンターになっているみたいですので、当分の間は遠征はとりやめです。

さて、懸案だった遠征時の電源、少しずつ強化してきたのですが、容量不足解消には至らない内に28Ahの鉛バッテリーがへたり気味で、またまたバッテリーの選択を迫られていました。
そこで、今回、これらを一挙に解消すべく、新たに買ったのがこれ。

20170715_3756

ANKER PowerHouse 434Wh DC OUTPUT 12V/10A AC110V 120W

圧倒的な容量ですが、重量は4.2kg!!と体にやさしいです。・・・鉛バッテリー45Ahの半分以下。
これに狙いを付けていたのですが、5万円弱の値段に躊躇していました。
ところが、Amazonのセールでなんと12,000円引き・・・速攻でポチリです。
DC12V OUTがシガーソケットしかありませんので、分岐端子が必要です。

試しに、パソコン、赤道儀を繋いで約1時間土星/木星の撮影をしましたが、数%の消費量でした。

これをメインに手持ちの鉛バッテリー45Ahとの2台体制で、不安は解消できると期待しています。

2017年7月 2日 (日)

神代植物公園に行ってきました

調布へ引っ越してきて以降、あまり出歩かなくなっていたのですが、運動不足を意識するようになっていたので、近くにある「神代植物公園」へ行ってきました。

20170702_3733

以前良く行っていた新宿御苑に似た雰囲気のある公園で、武蔵野の森を切り取ったような散策路もあって、なかなか雰囲気のある公園でした。

20170702_3740_stitch

広いバラ園もあり、時期は過ぎていましたが、バラのシーズンは見応えのある場所だと思われます。

残念ながら、秋を含めいいシーズンに行く機会はもうないのが残念です。