« BKP150の改造/調整結果 | メイン | 9月の農作業(1)・・・・・・ 落花生の収穫 »

2017年8月26日 (土)

D7100のFFフィルター導入

中古のD7100をレス改造しましたが、BKP150で撮影する際は、コマコレクター先端にLPR-Nフィルターを付けているので、そのまま接続してもいいのですが、カメラ用レンズを使う場合、赤かぶり防止用のフィルターが必要になります。

そこで目をつけたのが、FFフィルター。

カメラボディのミラーボックス前面に取り付けるフィルターで、Canon用は色々あるのですが、Nikonユーザーの悲しさ、次の2択になってしまいます。

・光映舎    HEUIB-Ⅱ・・・・21,600円(税込み)
・オプトロン  L-Pro  ・・・・28,780円(同上)

D7100は、レス改造なので、赤外部分の長波長側がカットされているフィルターが必要なのがもう一つのネック。

結局、安さでHEUIB-Ⅱに決定。
BKP150で使っているサイトロンLPR-Nフィルター(φ48mm) 9,936円は赤外側のカット特性ありですので、格安なのですが、FFフィルターはCanon用しかありません。

いっそこれで自作しようかとも思ったのですが・・・、ミラー先端部分のクリアランスが微妙で、断念しました。

Dsc_0031

製品・・・取り外し用の耳掻き付きがなんとも言えません。

自家レス改造D7100に取り付けた状態(当然のことながらぴったりはまりますし、心配したミラー先端部もミラーアップでの干渉はありません)

Dsc_0034

試写は、まだまだ先になりそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34079145

D7100のFFフィルター導入を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。