« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月14日 (土)

さつま芋堀り

退職・引退生活に入るカウントダウンも残りわずかで、10月6~11日は最後の帰省でした。

その中日、体育の日は、待ちに待った芋堀りです。

天候を心配していましたが、金曜日中には雨も上がり、土、日、月と好天に恵まれて絶好の芋堀り日和となりました。

Dsc_0051

土曜日には、ごらんのように蔓を切り取り、マルチを剥がして準備を整えていました。

娘夫婦と孫も参加し、大騒ぎでの芋堀りも、もともと、野菜づくりに向いた良い土壌ですので、土が柔らかく、非常に掘りやすいのであっと言う間に完了です。

Dsc_0060

写真は途中経過の状況です。

全体の収穫量の写真は撮り忘れてしまいましたが、これの3倍くらいでしょうか、安納芋と紅あずまの比率は2:3程度と紅あずまの方が多収量です。

試し堀りの時に心配したほどお化け芋は多くはなく、手頃サイズも多く収穫できました。

今回は斜め差しでしたので、来年は水平植えでやってみるつもりです。

掘り起こしたあと、半日日向に干して、持ち帰り、翌日に新聞紙でくるんで冷暗所(床下)に保管しました。

この日は真夏を思わせる暑さで、天日干しも順調で、切り口も完全に乾きました。

これでうまく熟成、保存ができればいいのですが・・・・。

9月に植えた、にんにくとらっきょうは、順調に芽がでています。

ちょっとひょろひょろですが。

Dsc_0049_01

らっきょうには花芽が付いていましたので、全て切り取りました(ネット検索では、とっても取らなくても大差ないとのとこでしたが)。

2017年10月12日 (木)

HEUIB-II・LPR-Nフィルターの比較

D7100をレス改造したことで、FFフィルターを購入したことは前に書きましたが、今回比較テストをしてみました。

  1. HEUIB-II FFフィルター
    可視光部分は全て透過し、これに赤外部分(Hα)を加えたもの
  2. フィルターレス
  3. LPR-N フィルター コマコレクタの前面
    全体的な透過特性はHEUIB-IIと同様ですが、光害対策として水銀灯、ナトリウム灯の輝線をカットしている

D7100側のWB設定はAutoのままとしましたが、結果はごらんのとおり。

Filter_2

赤被りが少なく、自然に近いのはHEUIB-II FFフィルターと言う結果になりました。

単にD7100側のAutoWBとの相性の問題なのかもしれませんが、これだと後処理も楽そうです。

ただし、このFFフィルター、今回、TC-16A(1.6倍テレコンバータ)を付けて接続したのですが、どうもTC-16Aの後端と干渉するのか、ミラーダウン時にわずかに抵抗があり、ライブビューでのエラーの発生が頻発しました。

この組合せは、BKP150での小さい天体(惑星状星雲や球状星団)を撮影するときの組合せですので、このときは、LPR-Nフィルターでの撮影が無難そうです。

2017年10月11日 (水)

GPD赤道儀を性懲りもなく、いじり直す(カップリングの交換)

GPD赤道儀の赤緯軸のバックラッシュが極端に大きくなって、オートガイドのキャリブレーションもできないくらいになっていましたので、赤緯軸のウォームギアの再調整をしたのですが、この原因そのものは、ウォームギアシャフトを固定するネジが緩んでいたことで、ウォームギアが軸方向に大きく動く状態になっていました。


自然に緩むことはないと思われる場所ですので、多分止めナットを締め忘れて、段々ネジが緩んで遊びが出来てのだと思います。

ここの調整は終わったのですが、モータを組み付けていると、どうもウォームギア軸とモータ軸が若干競っている感じです(両軸が一致していない)。


と言うのも、モータを付けずにウォームギアのバックラッシュ調整をした後、モータを組み付けてみると、回転が重くなる感じなのです(モータの回転に伴う抵抗を考えても)。


具体的には、モータベースの止めビスが仮締めの状態と、きつく締めた時の回転の重さが異なることです。


一応モータベースを含めて、ネジ止め部分には調整代を設けているのですが、イマイチな感じが残ります。
軸間にミスアライメンイトが原因ではないかと気になって仕方ありませんし、使っているカップリングは、リジット型でミスアライメンイトを許容しないばかりか、そんなに上等なものではありませんので、回転ムラの原因になるのではないかと思ってしまいます。

Dsc_0057

右から、今まで使っていたカップリング、前に使ったことのある本格的リジット型カップリング、今回付け替えたディスクタイプのカップリングです。

調べてみると、カップリングといってもいろんなタイプが有ります。

  • 高減衰ゴムタイプ(ゼロバックラッシュ/振動吸収)
  • ディスクタイプ(高ねじり剛性/ゼロバックラッシュ)
  • ベローズタイプ(等速性、ゼロバックラッシュ)e.t.c.

選択ポイントは、

  • ゼロ・バックラッシュ
    現在のウォームギア軸とモータの接合方式を選択した経緯(歯車によるバックラッシュをなくす)からも絶対条件
  • 高ねじり剛性
    超低回転数での動きがカップリングのねじり特性で吸収されないことが条件
  • 大きな許容ミスアライメンイト
    上の2つの条件をクリアできて、かつなるべく大きなミスアライメンイトの許容量を持っていること
    としました。

結果的には、ディスクタイプ(φ25mm 5mm/6mm)を選定しました。

許容ミスアライメンイトは、偏芯で0.15mm、偏角で2°です。

Dsc_0054

2個で9,000円と結構な値段ですし、これでどれだけガイド品質の向上に効果があるのか分かりませんが、前々から気になっていた部分ですので、安心料だと思っています。