« 新しい機材調達の第2弾は・・・・ | メイン | 新機材を引っさげての久々の遠征は、消化不良 »

2018年2月27日 (火)

モーターフォーカサーの製作

寒さは和らいできましたが、月が満ちてきて、まだまだ撮影はしばらくできませんので、暇つぶしみたいな工作を続けています。

今度は、モーターフォーカサーの製作です。

もう2年以上前に一度作ろうと思って回路を考え、基板も作成済だったのですが、荷物整理中にこれを見つけ作ってみました。

モータを始め、その他部品もすべて手持ちでしたし、動作プログラムも作っていましたので、2日ほどで出来上がってしまいました。

Dsc_0163
コントローラの内部です。

構成は、

  • モータ・・・・ SPG20(ユニポーラステッピングモータ 減速ギア付)
  • CPU・・・・・ATMega328(Arduino互換)
  • モータードライバー・・・・L6470ドライバーキット

です。

これを9Vの乾電池内蔵で動かそうと思ったのですが(電源コードがあると、取りまわしが煩雑)、モータードライバーが12Vの入力がないと動かないのをすっかり忘れてしまっていました。

結局、電源コード付きのコントローラになってしまいました。

モータは、手持ちで最小のものを使っていますが、ユニポーラ型で、モータードライバーはバイポーラ型用ですので、モータの6線の内の4線を使用して回しています。

Dsc_0168
BKP150に取り付けたところ。

Dsc_0171
接眼部への取付状態です。

接眼部抑え部分に4mmのアルミプレートを挟んで、位置合わせをしています。

接続してみると、モータ軸径は3mmなのに対して、ピント調整軸は3mmよりやや小さい(2.5mm?)ので、カップラがうまく付きません。

安いリジット型では偏心で変な力がかかってスムースではなくなってしまいます。

そこで、前にカップラを検討したときに偏心が大きくても変な力がかからない「ジョータイプ」があることを思い出し、これだけは新しく調達しました。

軸径3mm用を使ってしますので、偏心はありますが、比較的なめらかに動いており、変な力もかかっていないみたいです。

また、クラッチ機構は付けませんでしたので、モータを付けた時の手動ピント合わせできません。

さて、実際の使い勝手を試すために、月を撮影してみました。

M001
【撮影データ】
2018年2月26日
BKP150 直焦点(750mm)
QHY5P-II 1280×1024 500フレーム
Registax6でbest250フレームをコンポジット、ウェーブレット処理
30ショットをMSICEでモザイク合成

月齢10.6の月です。

【オリジナルの画像はここ】

使用した感じは、細かいピント調整ができ、ピント位置が数字で読めて再現性があり、かつ画面がぶれないので、じっくりとピントを追い込むことができますが、常用するかというとちょっと疑問です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34109079

モーターフォーカサーの製作を参照しているブログ:

コメント

はじめまして。
時々興味深く見させていただいております。特に機材関係の生地は面白いです。
私もステッピングモータでフォーカサーを作ろうとテスト中なのですが、うまく動きません。
大変不躾なお願いですが、arduinoのcodeを教えていただけるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

hayak001さん、コメントありがとうございます。
つたないブログに興味をもってもらってうれしいです。
モータフォーカサーの件、私の場合、モータードライバーがいまはやりのものではなさそうなので参考になるかわかりませんが、記事にしてみます。

ありがとうございます。
楽しみに待っています。

hayak001さん。
3/24の記事に載せていますので、よかったら参考にしてください。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。