« 2018年2月 | メイン | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

満月期の作業(2) GPD/SP赤道儀モータードライブコントローラの改良

3月の2回の遠征では、GPD赤道儀の赤緯側の動きが悪かったり、全く動かなかったりと安定性がすこぶる悪く、ほとんど撮影できませんでした。

(1)モーター電源の問題

撮影の後半で赤緯側が全く動かなくなったのは、どうも電源にしている鉛バッテリーの電圧が下がり、11Vを切るようになると、L6470モータドライバーキットが必要とする12Vの許容範囲を超え、エラーとなってしまっているのが原因みたいです。

鉛バッテリーの性質上、満充電では12V以上あっても、消耗してくると段々出力電圧が下がってきて10.5Vが下限となります。

ところが、前にも書きましたが、L6470モータドライバーキットは、ロジック電源の5Vの他、モータ駆動用の12V電源の入力が必要で、この入力12Vの許容範囲がそこまでなく、バッテリーが消耗してくると、エラーが出てしまうのではないかと推測しています。

これに対して、昨年導入したリチウムイオン電池のポータブル電源の12V出力は、電池が消耗しても12Vを出力してくれますので、この問題は避けることができます。鉛バッテリーに安定化電源を組み込めば解決ですが、モータ電源としては結構な電流量が必要ですので、それなりの回路が必要になりますし、この部分でのロスも発生します。

今使っている45Ahのバッテリーの重さに閉口している身としては、リチウムイオン電池のポータブル電源で置き換えたいのですが、如何せん金額がはるので躊躇しています。

(2)プログラム上の問題

赤緯側修正信号に対する反応が鈍い感じで、自作コントローラのプログラムに問題がありそうなので、プログラムを見直してみました。

赤経側の修正信号の処理そのものは、メインのArduino側ではなく、赤経側の駆動パルスを発生しているPIC12F629でやっているのですが、修正信号の表示(LED点灯)処理はArduino側でやっています。

このとき、赤経側の修正信号がある間、ループ待ちとしていることが原因みたいです。赤経、赤緯の修正信号の処理は同じように修正信号がある間ループ待ちとしているため、他の処理はできません。

これでは、赤経と赤緯の修正信号を同時に受け取った場合、どちらかが実行され他方は無視される結果になってしまいます。

赤経側の修正動作は別におこなっていますから問題ないのですが、赤緯側が無視(無動作)されるケースがでるようなプログラムになっていました。処理方法を変更して同時に信号を受けても動作するように変更しましたので、多分、これで問題解決と思います。

(3)結露防止ヒータコントローラの増設

今まで、モーターコントローラには1系統の結露防止ヒータコントローラを付けていましたが、ガイド鏡+撮影鏡の2系統の結露防止ヒータが必要ですので、別途外付でヒーターコントローラを付けていました。

設営時の面倒くささと、コントローラを持っていくのを忘れてしまうことを防止する意味で、本体コントローラに内蔵し、本体コントローラのみで2系統の結露防止ヒータを扱えるようにしました。

Dsc_0183
左側が既設のコネクター、右側が新たに増設して結露防止ヒータコントローラ部分です。

本体コントローラの躯体は大きめにしていましたので、余裕で組み込むことができました。

本体コントローラからの制御はできませんが、設定温度を15度(冬仕様)と30度(夏仕様)に切り換えれるようにはしています。

2018年3月29日 (木)

満月期の作業(1) 結露防止ヒータの容量アップ

今週に入って連日の晴天ですが、月の巡り合わせが悪く、歯がゆいばかりです。

さて、今月2回の遠征で、うまくいったこと、いかなかったことを整理し、新しい機材の使用への適合を含めての機材調整の期間に当てています。

まずは、FQS85EDPが途中で結露してしまった件。

いままでこんなことはなかったのですが、やはり、FQS85の鏡筒が大きくて放熱性能がよいため(?)ヒータの能力が足りないことが原因と考えました。

いままで使っていたヒータは約21Ω/mのニクロム線を1mで使っていましたので、最大12Vで6W程度。

発熱量を増やし、かつFQS85の鏡筒に巻き付けれる長さを確保するため、15Ω/mの線を使い80cmを二つ折りにして使って、最大12Vで12Wのものと小口径用により細い34Ω/mを使い40cm(こちらも12W程度)を二つ折りにしたもの作ることにしました。

下の写真は、小口径用の40cmを二つ折りにしたものです。

Dsc_0179_2
間に綿状の化学繊維を挟んだキルト生地を袋状に縫って(写真下)、スポンジに両面テープで、エンパイヤチャーブで被覆したニクロム線(写真上、茶色の薄片は温度センサー)を張り付けて挿入しています。

巻き付け時の固定用に両端には面ファスナーを縫いつけています。

完成した写真です。

Dsc_0180_2
接続用に5pinのDINコネクター(メス)を付けています。

ロックミシンと電子ミシン使って作ったのですが、袋状に縫い合わせた後に、裏返すのですが、縫い方や面ファスナーの縫い付けを間違い、何度もやりなおしてやっとの思いで完成しました。

たったこれだけの袋状の縫い物に悪戦苦闘してしまいましたが、ミシンを使った裁縫もそれなりに楽しいものだと思った次第です。

前回まではニクロム線は熱収縮チューブに入れていましたが、今回はエンパイヤチューブ(絶縁チャーブで耐熱120度)と言う丈夫なものにしました。

これだと折り返しても折れたようにはならず、よい具合です。

これまでと同じように温度センサーも入れて、温度制御できるようにしています。

実際に通電してみると、いままでより温度上昇が早くなり、周辺温度+15度程度で5V相当(温度センサーを使いPWM制御)になりました。

これくらいあれば、万全だと思うのですが、実践で確認が必要です。

2018年3月28日 (水)

連日の好天ながら月齢も満ちて

先週末から好天が続いています。

若干の雲は出ても、ほぼ晴天の毎日ですが、月は満ちて星空を撮れません。

ほんとに巡り合わせが悪いです。この調子だと、4月の新月期は天候不順ではないかと今から心配です。

好天が続いてもったいないので、連日月を撮影しました。

3月24日 月齢6.9

20180324_69_800
BKP150 直焦点(750mm)+QHY5P-II

【オリジナルの画像はここ】

3月26日 月齢8.9

20180326_89_800
FSQ85EDPBKP150 直焦点(450mm)+
QHY5P-II

【オリジナルの画像はここ】

3月27日 月齢9.9

20180327_99_800
FSQ85EDP 直焦点(450mm)+QHY5P-II

【オリジナルの画像はここ】

3月28日 月齢10.9

20180328_109_600
FSQ85EDP 直焦点(450mm)+QHY5P-II

【オリジナルの画像はここ】

途中からFSQ85で試してみました。

さすがに450mmと短焦点ですので、やはり口径差は明らかで、BKP150の方が解像していのは当たり前と言えば当たり前なんですが・・・・。

3月25日撮影分は月の画像が重ならず抜けが生じましたので、割愛しました。

ニワトリでいい天気が続くと赤道儀はセットしたままで、ゴミ袋をかけて夜露を凌げば、毎日の機材のし出し入れがなく、極めて楽ちんで撮影が出来ます。

でも、もう満月に近くなりましたので、月を撮影しても面白みにかけますので、これ以上は撮影せず、残りの晴天は、機材調整と試写と行きたいところです。

2018年3月26日 (月)

M13球状星団を多段露出で

3月2回目の遠征の最後は、昨年も撮ったM13です。

M83を撮ったあと、予定では本家の回転花火銀河に行く予定だったのですが、望遠鏡を南中越えさせる必要があり、再度のキャリブレーションが面倒だし、時間ももったいなかったので、そのまま撮影に入れるM13を撮ることにしました(Bプランへの変更です)。

M1301_800
【撮影データ】
2018年3月18日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6)
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + PHD2 Guiding
ISO 25000 露出60秒,120秒,240秒を各5枚、 360秒×12枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整(傾き調整分だけトリミング)

【オリジナルの1/2画像はここ】

4段階の露出で撮影、そもぞれの露出時間毎に一端コンポジット後、再度コンポジットする処理をしてみました。

劇的な変化はありませんが、気持ち的には昨年分よりはいい感じに仕上がったと思っています。

昨年度分

20170527
光学系は同じで、露出がISO2000、300秒×10枚と少なくなっています。

少しは進歩したつもりですが・・・・・・。

なにはともあれ、このBKP150+SEⅡでの撮影は、天候に恵まれたのもあって、順調に計画を消化できました。

2018年3月25日 (日)

M83(南の回転花火銀河)

3月二回目の遠征での3対象目は、南の回転花火銀河です。

まだ、回転花火銀河の本家M101は撮影したことがないのですが、実は、前回の撮影で、ソンブレロ銀河を撮る際に間違えて導入して、案外見栄えがする銀河だなと思ったからです。

M83_800
【撮影データ】
2018年3月18日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6)
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + PHD2 Guiding
ISO 25000 露出360秒 × 16枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整(傾き調整分だけトリミング)

【オリジナルの1/2画像はここ】

このM83、棒渦巻き銀河を真上からみた形です、我が天の川銀河もこの棒渦巻き銀河と言われており、遠くから見たらこんな形なのでしょうか。

2018年3月24日 (土)

モーターフォーカサーのプログラム

私のモーターフォーカサーの記事で質問があったので、Ardiunoのプログラムについて説明とコードをアップします。

私のモーターフォーカサーの構成は、

モーター・・・SPG20(ユニポーラステッピングモータ 減速ギア付)

モータードライバー・・・L6470ドライバーキット(秋月電子製)

CPU・・・ATMega328(Arduino uno互換)

表示器・・・16桁×2行 LCDディスプレイ

と言うものです。

hayak001さんがもし私と同じモータードライバーを使っていて、動かないのであれば、たぶんL6470をコントロールするSPI通信かL6470のコンフィグを含めた初期化部分で問題があるのだと思います。

初期設定の部分です。

=============================================

  digitalWrite(RESET_Pin,HIGH);          // L6470リセットピンを通常に設定
  delay(200);                            // 念のための遅延
  digitalWrite(RESET_Pin,LOW);           // L6470リセット信号の送り出し
  delay(200);                            // 念のための遅延
  digitalWrite(RESET_Pin,HIGH);          // L6470リセットピンを通常に設定
  delay(200);                            // 念のための遅延

// L6470 初期設定の書込み
  L6470_RegW_2byte(0x18,L6470_CONFIG);   // L6470 CONFIG reg. set
  L6470_RegW_2byte(0x05,0x008a);         // 回転加速度 → 80rpm/sec2
  L6470_RegW_2byte(0x08,0x1000);         // 最低回転数 → 0 低速回転時最適化 ON
  L6470_RegW_2byte(0x07,FAST_SPD);       // 最大回転数
  L6470_RegW_byte(0x09,0xff);            // 停止時の最大電圧→12.0V
  L6470_RegW_byte(0x0a,0xff);            // 定速時の最大電圧→12.0V
  L6470_RegW_byte(0x0b,0xff);            // 加速時の最大電圧→12.0V
  L6470_RegW_byte(0x0c,0xff);            // 減速時の最大電圧→12.0V
  L6470_RegW_byte(0x13,0x0f);            // 過電流しきい値→ 6A
  L6470_RegW_byte(0x14,0x7f);            // ストール検出のしきい値→4A
  L6470_RegW_byte(0x16,0x05);            // マイクロステップ→1/32

====================================================

ここで、L6470_CONFIG =  0x0fa0としています。

英語のマニュアルに悪戦苦闘した結果で、正しいのかどうかわかりませんが、とにかく支障なく動いています。

参考になるかどうかわかりませんが、プログラム全体をアップしておきます。

SPI通信の方は、下のプログラムを見てください。

Focuser.zipをダウンロード

しろうとのプログラムですので、誤りもあるかもしれませんが、一応コメントもつけていますので、参考になればうれしいです。

2018年3月23日 (金)

M65/M66銀河

3月17/18日の撮影、FSQ85+GDPの方は散々でしたが、BKP150+SEⅡの方は快調でした。

トールの兜の撮影をきりあげるころには薄雲も取れて、快晴となりました。

2対象目はしし座三つ子銀河の内の2つ、M65/66銀河です。

M6566_01
【撮影データ】
2018年3月17日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6)
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + PHD2 Guiding
ISO 25000 露出360秒 × 18枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整(傾き調整分だけトリミング)

【オリジナルの1/2画像はここ】

画角を長辺を東西方向にしていたので、三つ子の内、NGC3628銀河がはずれてしまっています。

南北方向にすれば、ぎりぎり入ったはずですが、途中での変更は、ピントの再調整やなんなやかやで手間でしたので、このこの構図で撮ってしまっています。

思いの外、銀河の構造わかる写真が撮れたので、他の銀河も撮りたくなっています。

2018年3月22日 (木)

マルカリアンの鎖

3月17/18日に撮影した、マルカリアンの鎖です。

_memo_01
【撮影データ】
2018年3月17日 小石原焼伝統工芸館駐車場
FSQ-85EDP フラットナー1.01
Nikon D810A
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
Ai Nikkor135mm f2.8ガイド鏡 + QHY5P-II + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出240秒 × 11枚
SI8でフラット/ダーク補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

この前にクリスマスツリー星団付近を狙ったのですが、薄雲がかかり絵になりませんでした。

この時期、FSQ85ではこれといった撮影対象が思いつかなかったので、この日撮影したかったアンタレス付近までの時間つなぎにとったものです。

小さくて見栄えがしませんので、いっぱい写っている銀河を同定してみました。

NGCやICまで、約50個が同定できましたが、これ以外にもうっすらと写っているものがあります。

個々の銀河の構造も見て取れます。

切り出したものを載せてみました。

M58

M58

M84/86

M86

M88

M88

M90

M90

M91(NGC4548)

M91

見栄えはしませんが、これだけ構造の違いが見て取れると他の銀河も撮ってみたくなってしまいます。

この後、本命のアンタレス付近をと思ったのですが、なんとヒータを付けていたにもかかわらず、レンズが曇ってしまい、ボツになってしまいました。

<追記>

最後の写真をM91としていますが、これは「wikisky.org」を使って同定したものです。

ステラナビゲータでは「M91」の記載はありません。

M91は長い間位置不明天体とされていたためでしょう。

アストロアーツのメシエカタログではM91=NGC4548だろうとの記載があります。

2018年3月20日 (火)

トールのハンマーではなくトールの兜

3月17/18日に3月の2回目の遠征に行ってきました。

当日のGPV予報では、夜中には雲がでる予報だったのですが、新月期を逃せないと、途中での撤収も覚悟して出かけました。

撮影開始時と夜半に薄い雲がかかりましたが、薄明開始までほぼ一晩中撮影することができました。

まずは、前回不発だった、トールのハンマーにではなくトールの兜からです。

_800
【撮影データ】
2018年3月17日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6)
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + PHD2 Guiding
ISO 25000 露出360秒 × 20枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整(傾き調整分だけトリミング)

【オリジナルの1/2画像はここ】

夕方、薄明終了直後、南中後の南西の空(久留米方面の光害がある)と言う悪条件下での撮影です。

私の処理のまずさも手伝って、独特の色が出ていません。

また、前回撮影から、PHD2+DigiCamControlでのディザリング有りで撮影していたのですが、操作ミスで、この対象だけディザリングなしになってしまっていました。

撮影のカメラ操作にDigiCamControlを使うとPHD2との連携で、自動的にディザリングできると言う機能は前から知っていたのですが、前回から本格的に使い始めてみました。

結果としては、コンポジット後の画像で縞模様が見えなくなりましたし、なんか荒れも低減されているような気がして、今後はディザリングありを基本にしたいと思っています。

ただ、ディザリングありにすると、赤緯側のバックラッシュ大きいと、ディザリング後のガイドが安定するまで時間が掛かる場合が多く、SEⅡはそれほど目立たないものの、特にGPDでは要調整です。

2018年3月19日 (月)

新しい機材での撮影は・・・・(バラ星雲)

3月10/11日の遠征撮影は、新月期を待てずに新しい機材での撮影を早くしたかったからでもありました。

新たに調達した機材、FSQ85EDPとNikon D810Aの組み合わせの本格的な初撮影です。

Rose04800
【撮影データ】
2018年3月10日 小石原焼伝統工芸館駐車場
FSQ-85EDP フラットナー1.01
Nikon D810A
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
Ai Nikkor135mm f2.8ガイド鏡 + QHY5P-II + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出360秒 × 20枚
SI8でフラット/ダーク補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの画像をアップしてみました(28MBとデカイです)】

星像は小さく、画角も手頃で、光条割れの目立つ輝星もないので、なかなかいい感じですが、フラットがイマイチ合わないので処理が中途半端になっています。

この撮影の後、GPD赤道儀の赤緯側の動きがおかしくなり、この組み合わせでの撮影はこれだけになってしまいました。

このほかの不具合も発生して、最初に書いたように消化不良の撮影となったのですが、これは、次の17/18日の遠征でも引きずりましたので、後で併せて書きたいと思います。

なにはともあれ、フルサイズの四隅までシャープな画像を撮影できる機材を手に入れましたので、あとは慣熟に向けた努力あるのみです。