« M83(南の回転花火銀河) | メイン | 連日の好天ながら月齢も満ちて »

2018年3月26日 (月)

M13球状星団を多段露出で

3月2回目の遠征の最後は、昨年も撮ったM13です。

M83を撮ったあと、予定では本家の回転花火銀河に行く予定だったのですが、望遠鏡を南中越えさせる必要があり、再度のキャリブレーションが面倒だし、時間ももったいなかったので、そのまま撮影に入れるM13を撮ることにしました(Bプランへの変更です)。

M1301_800
【撮影データ】
2018年3月18日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6)
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + PHD2 Guiding
ISO 25000 露出60秒,120秒,240秒を各5枚、 360秒×12枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整(傾き調整分だけトリミング)

【オリジナルの1/2画像はここ】

4段階の露出で撮影、そもぞれの露出時間毎に一端コンポジット後、再度コンポジットする処理をしてみました。

劇的な変化はありませんが、気持ち的には昨年分よりはいい感じに仕上がったと思っています。

昨年度分

20170527
光学系は同じで、露出がISO2000、300秒×10枚と少なくなっています。

少しは進歩したつもりですが・・・・・・。

なにはともあれ、このBKP150+SEⅡでの撮影は、天候に恵まれたのもあって、順調に計画を消化できました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34113187

M13球状星団を多段露出でを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。