« M13球状星団を多段露出で | メイン | 満月期の作業(1) 結露防止ヒータの容量アップ »

2018年3月28日 (水)

連日の好天ながら月齢も満ちて

先週末から好天が続いています。

若干の雲は出ても、ほぼ晴天の毎日ですが、月は満ちて星空を撮れません。

ほんとに巡り合わせが悪いです。この調子だと、4月の新月期は天候不順ではないかと今から心配です。

好天が続いてもったいないので、連日月を撮影しました。

3月24日 月齢6.9

20180324_69_800
BKP150 直焦点(750mm)+QHY5P-II

【オリジナルの画像はここ】

3月26日 月齢8.9

20180326_89_800
FSQ85EDPBKP150 直焦点(450mm)+
QHY5P-II

【オリジナルの画像はここ】

3月27日 月齢9.9

20180327_99_800
FSQ85EDP 直焦点(450mm)+QHY5P-II

【オリジナルの画像はここ】

3月28日 月齢10.9

20180328_109_600
FSQ85EDP 直焦点(450mm)+QHY5P-II

【オリジナルの画像はここ】

途中からFSQ85で試してみました。

さすがに450mmと短焦点ですので、やはり口径差は明らかで、BKP150の方が解像していのは当たり前と言えば当たり前なんですが・・・・。

3月25日撮影分は月の画像が重ならず抜けが生じましたので、割愛しました。

ニワトリでいい天気が続くと赤道儀はセットしたままで、ゴミ袋をかけて夜露を凌げば、毎日の機材のし出し入れがなく、極めて楽ちんで撮影が出来ます。

でも、もう満月に近くなりましたので、月を撮影しても面白みにかけますので、これ以上は撮影せず、残りの晴天は、機材調整と試写と行きたいところです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34117102

連日の好天ながら月齢も満ちてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。