« D810Aの使用感 | メイン | M-GENオートガイダーの使い方の練習 »

2018年4月 3日 (火)

三兎を追う3台目の形

遠征時の3台出しを狙って、SP赤道儀のモータドライブを変更しましたので、これに乗せる撮影機材の乗せ方も変更しました。

180mmのカメラレンズは三脚座がないタイプなのでカメラを固定すると、縦横の構図変更ができません。

構図変更をできるようにするために雲台に乗せる必要がありますが、雲台に乗せると、今度は、重みで撮影中に垂れてしまうのが心配になります。

色々と考え、鏡筒リングなどを流用して三脚座としたりしても見ましたが、いま一つしっくりきませんでした。色々と物色していたなかで見つけたのが、2ウェイ雲台の「MENGS VH-10 クイックリリースプレート付き 360°のパノラマ 自由雲台」です。

この雲台は、垂直軸で360度回転し、水平軸で180度回転するもので、この水平軸で180度回転することで、縦横の構図変更が可能になりますし、小型ながらがっしりした作りみたいです。

まずは、SP赤道儀に機材を乗せるベースをアリガタに変更するため、プレートホルダーSXを取り付け、SP赤道儀本来の取り付け部分の耳をカット。

Dsc_0191

これをベースにアリガタレール上に10mm厚アルミ板を介してアルカスイスリリースクランプを2つ取り付け一方には、新しい雲台を介してカメラを搭載、90度傾けてカメラの縦横構図への変更を行えるようにしました。

雲台の取り付け部はアルカスイス規格の溝が切ってあり、がっしりと組み付けることができました。

Dsc_0192

 横構図(長辺=N-S)

Dsc_0195

縦構図(長辺=EW)

Dsc_0196
もう一方にはアルカスイスプレートを介して、M-GENオートガイダーを搭載しています。

Dsc_0193
最大で180mmのカメラレンズまでしか使う予定がないのにオートガイダーを使うなんて邪道かもしれませんが、あえて安定性を求めてオートガイダーを付けたのですが、これ以上パソコンを並べるのもなんなんで、ちょっと値がはりますがスタンドアロンタイプのオートガイダーとしました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34120258

三兎を追う3台目の形を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。