« M-GENオートガイダーの使い方の練習 | メイン | PHD2+DigiCamControlでのディザリング動作の検証(続き) »

2018年4月 9日 (月)

PHD2+DigiCamControlでのディザリング動作の検証

いよいよ4月の新月期も近づいてきました。

天候がイマイチ心配なのですが、準備だけはやっておこうと、前回の撮影で調子が悪かったGPD赤道儀の動作確認を含めて、PHD2+DigiCamControlでのディザリング動作を検証してみました。

この組み合わせでどんな動作をしているのか、ディザリングの幅はどの程度が良いのか、改善したGPD赤道儀コントローラプログラムの動作確認です。

FSQ85EDP+D810Aに135mmカメラレンズ+QHY5P-IIの組み合わせで、90秒露出、撮影間隔30秒で15枚を、ディザリング幅と動作種類を変えて撮影しました。

撮影後、SI8の位置合わせで出てくるXY座標をグラフ化してみたのが、下の図です。

PHD2:Mode=Random,スケール=3
DigiCam:move1Phd001

PHD2:Mode=Random,スケール=1
DigiCam:move3

Phd002

PHD2:Mode=Spiral,スケール=2
DigiCam:move1Phd003

最後のグラフのピョコと飛び出ているのは、なにか外的要因によるものでしょう(この日は風があった)。

この結果を見てみると、ディザリングはちゃんと動作しているし、GPD赤道儀も、バックラッシュを詰める調整とプログラムの修正も効果があったみたいで、まずまずの結果といえるでしょう。

最初と2番目は、PHDとDigiCamとの関係をみるために設定を逆にしてみたものですが、どうも今までに説明した(解釈していた)PHDの設定×DigiCamの設定=動作幅の関係にはないみたいで、PHD側の設定だけで動いている感じです。

FSQ85+D810Aの組み合わせの場合、
ガイド鏡:主鏡 135mm:450mm = 3.3
ガイドカメラ:撮影カメラ2.2μm:4.9μm = 2.23
ガイド側の1ピクセルの動きは撮影カメラ側では1.5ピクセルの動きになります。

同様に、BKP150+D610の組み合わせでは、
240mm:750mm = 3.13
3.8μm:6.0μm = 1.58
ガイド側の1ピクセルの動きは撮影カメラ側では2.0ピクセルの動きになります。

また、BKP150+D7100+TC16Aの組み合わせでは
240mm:1200mm = 5.00
3.8μm:3.9μm = 0.98
ガイド側の1ピクセルの動きは撮影カメラ側では4.9ピクセルの動きになります。

ディザリングは、その目的から大きく動かす必要はないはずですし、大きく動かすと周辺の重ならない画像範囲が広がりもしますから、動作幅としては「1」でよさそうです。

また、動作パターンもテスト結果からは「Random」がよさそうなので、とりあえず、この組み合わせで行きたいと思います。

新月期までにテスト機会があれば、PHDとDigiCamの設定値の関係についても、もうちょっとテストしてみたいと思っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34121074

PHD2+DigiCamControlでのディザリング動作の検証を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。