« 遠征明けの一仕事であれ?と言うこと | メイン | 5月の撮影行(2) M51子持ち銀河をじっくりと »

2018年5月13日 (日)

5月の撮影行(1) ふくろう星雲+M108のツーショットへの再チャレンジ

5月10/11日にいつもの小石原へ行ってきました。

まだ、月齢25の月が明け方の撮影に影響しそうだったのですが、新月期の後半の天気予報が望み薄だったので、あえて行ってきました。

結果は、撮影期間中晴天で、月の影響も薄明開始直前だけでしたので、十分に撮影を楽しむことができました。

この日の小石原は、よくお会いする C14の方の他2名で、平日でしたがぼっちではありませんでした。

でも、予想外に冷え込み夜半過ぎには5度Cと真冬並みで、それなりに防寒装備はしていたのですが、とにかく寒かったです。

今回の撮影も本命は夜半以降の夏物ですので、それまでは、FSQ85EDPはおやすみとし、BKP150+TC16Aの組み合わせで、前回導入に失敗したふくろう星雲+M108に再チャレンジです。

M97108_750

【撮影データ】
2018年5月10日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6)
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + PHD2 Guiding
ISO 25000 露出360秒×5枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整)

あいかわらずSEII+ステラショットの導入は微妙にずれており、今回はM108だけが視野に入った状態となりました。

そこで、作成した導入用動作シートの出番です。

M108の位置をねらっている場所へ移動、何回かの試写と移動を繰り返すことで、無事ねらった構図にすることができました。

残念ながら、撮影がほぼ天頂付近でしたので、BKP150のケツが三脚に当たりそうになり、6分5枚の撮影になってしまいました。

枚数不足はどうしようもなく、次回にじっくり撮ってみたいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34126025

5月の撮影行(1) ふくろう星雲+M108のツーショットへの再チャレンジを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。