« 春の植付け終了!! | メイン | 6月の撮影行(3) アイリス星雲はやっぱり手強い »

2018年6月20日 (水)

6月の撮影行(2) 三裂星雲と干潟星雲

6月二回目の撮影行は、天候に恵まれず、ボーズでの帰宅となってしまい、その後天候は思わしくなく、6月の撮影は終了みたいです。

梅雨の季節に1回だけでも撮影できたので良しとします。

さて、6月12/13日の撮影、BKP150+D610で撮った2対象目は、三裂星雲と干潟星雲を納めた超メジャーどころです。

M820_03_600
【撮影データ】
2018年6月12日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + F5コマコレクター
Nikon D610(改)
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5(体験版)
ISO 2500 露出 + 240秒×19枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整、若干のトリミングあり

【オリジナルの1/3画像はここ】

天体写真を撮り始めて以来、機材の組み合わせは違っても毎年撮っている対象です。

今回の画は、光軸、ピント、ガイドとも今までで一番の出来ではないかと自己満足しているところです(諸先輩型からみれば稚拙そのものでしょうが)。

なんとか、この機材の組み合わせも安定してきた感じです。

周辺の星像はまだ収差が残っていますが、これ以上に欲張るとやぶ蛇になりそうで、ぐっと我慢かもしれません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34131484

6月の撮影行(2) 三裂星雲と干潟星雲を参照しているブログ:

コメント

お見事ですね。この構図は私も数回撮影したのですが、まだ満足できる結果を得られて
いないので、これからです。

 6/12は晴れましたが、さすがに平日の出撃は難しいので自宅で惑星を撮ってました。

TOTOさん、こんばんは。
過分なほめ言葉恐れ入ります。
ただ、構図はステラショットのおかげで一発で決まりました。
当方は、毎日サンデーなので、事情が許せば、即出撃体制なのですが、それでもなかなか天候と月の巡り合わせが合わず、よくて月二くらいになってしまいますね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。