« 8月の連荘撮影行(9) NGC869/884 h-χ(二重星団) | メイン | 秋冬野菜の植え付け第2弾 »

2018年8月31日 (金)

8月の撮影行(おまけ) 薄雲にはばまれたM45

8月も今日で終わり、来週末には新月期が始まりますが、またまた台風21号が来襲しそうです。

被害がなく、台風一過の青空を期待したいのですがどうなるでしょうか。

8月3回目の撮影行は、空の状態がすっきりせず、うす~い雲が掛かっていたみたいで、M45を一応処理してみましたが、ごらんのように星がにじんでしまってどうしようもありませんでした。

M4501_600
【撮影データ】
2018年8月19日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + F5コマコレクター
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + PHD2 
ISO 3200 露出 + 360秒×16枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

この写真の唯一の収穫は、いままでゴーストがでていたのが見当たらないことです。

D7100のレス改造にFFフィルターだとでないみたいです。

輝星が入る構図には、この組み合わせがよさそうです。

8月29日、これ以降天気が悪そうでしたので、今接近の最後にあるかもと思い、火星を撮影しました。

201430308
撮影データ】
2018年8月29日
BKP150+Or14mm拡大撮影
QHY5P-II 800×600 2000フレーム
Registax6でベスト30%をコンポジット、ウェーブレット処理

砂嵐も収まり、模様も大分はっきりしてきた感じですが、いかんせん大気の状態は相変わらず悪く、ぷよぷよの火星でした。

やはり、高度が低いといけません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34142026

8月の撮影行(おまけ) 薄雲にはばまれたM45を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、おはようございます。

 もうスバルの季節ですね。ようやく気温も下がってきた感じです。
 薄雲で星がにじんだ、とのことですが、これはこれで見栄えがする写真になったと思います。
 私も28日に火星を撮影しました。アストロアーツに投稿しましたので、よろしければご覧ください。
https://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/49971

 たまたまシーイングが良かったので、つい画像処理に気合いが入ってやり過ぎの感はありますが。

TOTOさん、こんばんは。

火星の写真、拝見しました。
あれくらい模様が出るといいですね。私の機材では、とてもむりなレベルです。

レス改造+FFフィルター+カメラレンズって無限遠でますかね?
個人的な興味で申し訳ありません^^;

ナムさん、こんばんは。

レス改造機でカメラレンズを使うつもりはなかったので、特に気にしていないのですが、ピント以前に、私の持っているFFフィルター(光映舎HEUIB-Ⅱ)だと、ニコンのDタイプ、Gタイプのレンズは取り付けることができません。
レンズ後端の接点部分が干渉してしまいます。
昔のマニュアルレンズでも干渉するものがありますというか、レンズ後端のクリアランスが小さいですから、付くレンズは昔のAi系レンズの一部(望遠系?)に限られるのではないでしょうか(Ai24mm,28mmは付けれません)。
ちなみに私の持っているNikkor ED 180mm f2.8は取付可で無限遠は出ます(ピントはライブビュー合わせだけになりますが)。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。