« ペルセウス座流線群は、7/2498 ?! | メイン | 8月の連荘撮影行(3) 網状星雲(西 NGC6960) »

2018年8月16日 (木)

8月の連荘撮影行(2) 網状星雲(東 NGC6992-5)

9/10日、雲取れ待ちで撮影したM27の後は、前回FSQ85で撮った網状星雲を東西別々にBKPで撮ることにしました。

まずは、東側のNGC6992-5です。

Ami03_600
【撮影データ】
2018年8月9日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + F5コマコレクター
Nikon D610(改)
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5 
ISO 2500 露出 + 300秒×18枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

出だしは薄い雲がちらほらとかかっていたのですが、すぐに全天快晴になり、透明度もよくなってきました。

結構よく撮れていると思っています。

やっぱり、ピンクと青の織りなすフィラメント状の構造、ベールを被ったような感じ、とても写り映えがして、大のお気に入りの星雲です。

前に撮った時は画像処理で結構いじり回したのですが、今回はそれほどいじらずにさくっと仕上がりました。

BKP150用のコマコレクターは、若干焦点距離が短くなるみたいで(750→700mm?)、フルサイズだとチョットあまり気味の構図です。

====================================================

昨日は、近所の花火大会に行ってきました。

昨年も行ったところなのですが、小さな花火大会ですので、写り映えがしません。

去年と同じように禁じ手の比較明合成(3枚)ではなやかにしてみました。

New31
今年は、台風がとおった後で空模様が怪しく小雨模様でしたが、都合よく微風があり、煙には邪魔されずに綺麗な花火がみれました。

小さな花火大会ですが、車で寄りつき易く、駐車場は無料、終了後も15分ほど待てば、すいすいで帰れますので、お手軽です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34140179

8月の連荘撮影行(2) 網状星雲(東 NGC6992-5)を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 こちらも色とりどりのフィラメント構造が素晴らしい仕上がりですね。私も以前撮って自分なりに処理していましたが、こちらを参考に処理をやり直しているところです。
 BKP150はスパイダーによる光条はさほど目立ちませんね。極薄スパイダーが効いているのでしょうか?

TOTOさん、こんばんは。

おほめいただきありがとうございます。
私のを参考になんてはずかしいです。

私のBKP150のスパイダーは、改造して3.5mm厚の極太(^_^; になっています。
スパイダーが薄いと鋭く、鮮明に、厚いと鈍くなってくるみたいで、結果的に目立たなくなったみたいです(2等星以上は結構キリッと出ます)。
オリジナル(スパイダーがねじれて直交していない)ででていた光条割れ対策と補強を兼ねての改造で、結果、光軸も狂いにくくなったと感じています。

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 スパイダーを厚くされたのですか。一時期、極薄スパイダーが流行っていましたが、光軸の事を考えると、ある程度厚みがいるのでしょうね。また厚さによって光条の出方がずいぶん変わるものなのですね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。