« 8月の連荘撮影行(4) アンドロメダ銀河(M31) | メイン | 8月の連荘撮影行(5) NGC7293(らせん星雲) »

2018年8月21日 (火)

8月3回目の出撃は不発

8/18日は朝から良く晴れていて、前日も予報と違い晴れていたので、予報と首っ引きで撮影に行くかどうか迷っていました。

予報はGPVは曇り、AccuWeatherも曇り、日本気象協会は晴れ(星空指数は90)とバラバラでしたが昼過ぎまでは快晴に近かったので、出かけることにしました(ここ数日は、予報が一致しません)。

現地に到着して設営を始めるころは雲がかかっていますが、半天ぐらいは写真がとれそうな空でした。

この日の月没は24時近く、それまでは、この場所では撮ったことのない惑星撮影で時間待ちです。

200858143_2202131347

233327104

7月頃から撮っている3惑星です。

木星は、赤斑もあり、ガニメデも写っています。

空気の状態はそれほど良くなく、火星はあいかわらずユラユラです。

月沈む頃になっても薄い雲が流れており、晴れているのかどうか微妙などんよりした空模様はかわりません。

惑星を撮影しながら、FSQ85の設営を始めたのですが、ここで、またまた大ちょんぼ!!。

ガイド鏡にしているカメラレンズにQHY5Pを接続するアダプタがありません。

いつもつけっぱなしなので、とくに注意することなくレンズはもってきていたのですが、機材組み合わせの変更を考えて、他のレンズにつけていたのをうっかり忘れてしまっていました。

これで、この日はBKP150のみの体制です。

それでも、月没後2対象を撮影して、すっきりしない空模様と忘れ物で中途半端な気持ちで帰宅しました。

撮影した2対象の処理を始めてみると、案の定、寝ぼけた画像でボツです。

やはり、晴れていたように見えた空もうす~い雲邪魔していたみたいで、残念な結果になってしまいました。

例年にない暑さが続いていますが、いつもの撮影場所、小石原焼伝統工芸館駐車場はやはり秋の気配で、明方には17度にまで下がりました。

9月の撮影には防寒装備が必要になりそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34140721

8月3回目の出撃は不発を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 私も17、18日は自宅で火星撮影でしたが、どちらもユラユラでした。晴れた日が続けば気流も落ち着くハズですが、どうも今夏はいけません。
 数日、ちょっと気温が下がりましたが、今日はまた暑かったですね。下がったと言っても32度はありましたが、それでも36度に慣らされると涼しく感じます(^^ゞ
 さて、また台風が来ていますね。お気を付けて。

TOTOさん、こんにちは。

どうも今年の夏は変です。
極端な猛暑なんですが、空はなかなか澄みません。つねになにかぼう~とした感じが残っています。
台風20号が九州の東側をとおりますので、その後は秋めいてくるってばないかと期待しています。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。