« 8月の連荘撮影行(2) 網状星雲(東 NGC6992-5) | メイン | 8月の連荘撮影行(4) アンドロメダ銀河(M31) »

2018年8月18日 (土)

8月の連荘撮影行(3) 網状星雲(西 NGC6960)

8月9/10日で網状星雲(東)の後に撮るつもりだった網状星雲(西)、翌日に撮ったものです。

Ami04_600
【撮影データ】
2018年8月10日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + F5コマコレクター
Nikon D610(改)
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5 
ISO 3200 露出 + 360秒×21枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

前日色々な露出で試した結果を踏まえて、感度、露出とも多めにして撮ったのですが、前日の(西)に比べて、全体に淡い感じとなってしまいました(空の条件が悪かった?)。

それと、構図の失敗、網状星雲をもっと右に寄せるべきでした。

右半分が間の抜けた構図になってしまいました。

この日は他の対象をふくめ、どうも構図がイマイチのものばかりになってしまいました。

でも、やはりこの対象、別々に撮るのならBKP150の場合はフルサイズよりAPS-Cの方がよさそうです。

この網状星雲、ちょうど2年前にBKP150+D5000(改)で撮っていましたので、ちょっと比較してみました。

2016/08/09 BKP150+D5000(改)

Ngc6952

Koujyou02

2018/08/09 BKP150+D610(改)

2018_08_09_bkp150d610

Koujyou01

こうして比べると、やはり少しは進歩しているのではと思ってしまいます。

カメラの差、2年前のBKP150は、光軸調整もイマイチで、スパイダーの光条対策をしていないものですから、当然と言えば当然なのかもしれませんが、細部の表現や光条がすっきりしていることなど、調整の効果が見られることがうれしいです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34140364

8月の連荘撮影行(3) 網状星雲(西 NGC6960)を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんにちは

 こちらが極薄と極厚(?)スパイダーの差でしょうか? 今年の写真の方が、光条はやや太いものの短く、結果的に余り目立たなくなるようですね。

TOTOさん、こんにちは。

私のBKPは、スパイダーがねじれたようになっていて、直交が出ていなかったので、スパイダー隠しを色々と試したのですが、なかなかこれっと言う感じにならず、最終的に今の形に落ち着きました。
2年前のものは光軸も合っていませんでしたが、光軸調整もうまく行くようになって、光条割れもなくなり,、すっきりした光条になったと思っています。
私は写真鏡の場合、R200SSやεのように、がっしりしたスパイダーの方がいいのではないかと思っています。

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 BKPは使いこなしというか色々手を入れる必要があるようですね。ちょっと検索してみましたが、こちらのように、ここまで徹底して改造改善されて使われているのはなさそうです。
 私はこうしたことが面倒、かつ光軸修正も苦手ですので、つい手間がかからない屈折系に走ってしまいましたが。

TOTOさん、こんばんは。

そうですね、ニュートン反射式でも国産のR200SSやεだと調整もあまりいらないみたいですが、BKPだと手を入れることが前提になるみたいです。
でも、あれこれ考えて、いじり回すのが好きなので、"安い=改造に躊躇いらない"が良いところですね。
但し、私の場合、構想はいいのですが、工作精度が間に合わず結構中途半端なものが出来上がることが多いです(^_^; 。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。