« 今年のスイカは上出来!! | メイン | 再び火星を撮影 »

2018年8月 3日 (金)

火星大接近とは言え・・・。

非常に暑い日が続いていますが、空模様はすっきりせず、水蒸気が多いのかもやっとした空が続いています。

7/31の火星大接近の翌日、少しは透明度が上がった感じでしたので、火星を撮るべく望遠鏡を庭先の定位置にセットしました。

木犀、土星、火星と夜中まで撮ったのですが、やはり、気流が安定せず、特に火星はブヨブヨ、モヤモヤが止まりません。

木星は、やまり大赤斑がないと締まりません。特に解像度悪い私の機材では、大赤斑は必須です。

 45分間に撮影した8枚を使って「Giam」でgifアニメーションを作成してみました。

Jup_001_2
アニメーション用に切り出したのですが、位置合わせが雑なので、ぶれながらの動きになってしまいました。

動かすと、なんかそれなりに見栄えのするものですね。

土星

214602783

火星

234737891
どうも、向かいの屋根の上に上がってきているので、屋根の熱気の影響もあるのかもしれませんが、とにかく落ち着いた画像にはなってくれず、模様もぼんやりです。

さて、来週末には新月期が始まりますが、空気が早く入れ換わってほしいものです。

当地の夏の天気、8/5前後に激しい夕立があって、一週間ほど続き、盆前くらいから「からっと」した天気になると言うのが例年だと思っているのですが、今年は記録的な天候ですのでどうなることやら・・・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34138644

火星大接近とは言え・・・。を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんにちは

 火星は砂嵐が収まっていないようで、2年前の接近の方がよほどよく見えて写真写りもよかったです。見頃の9月頃までに少しは晴れてくれればいいのですが。
 来週は台風13号がヘンな動きをするかもしれませんね。

TOTOさん、こんばんは。
火星は、ニワトリでも、月があってもいけますので、気長に撮影していきます(2年後もありますし)。
とにかくこのもや~とした空気が入れ替わらないとですね。
13号が振り払ってくれることを期待しているんですが・・・。

いっそくドラゴンさん、こんにちは

 今回の大接近を機に火星を撮ろうという友人は「次回の大接近は十数年後なので」と言っていましたので、「火星は2年毎にある程度接近するし、木、土星は毎年撮影できますよ」と言っているところです(笑)

TOTOさん、こんばんは。

そうなんですよね。
2年後の接近だって、遠くなるといっても1割以下ですし、高度は高くなるので、今年よりは撮りやすいかもしれませんしね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。