« 秋冬野菜の植え付け第2弾 | メイン | 秋冬野菜の植え付け第3弾、そして来年に向けた植え付け »

2018年9月17日 (月)

9月は遠征できず!!、ニワトリでうっぷんばらし

8月の猛暑、ほとんど雨も降らなかったのですが、9月に入ると一転曇りや雨の日続きで、新月期、GPVとにらめっこの毎日でしたが、結局は天候に恵まれませんでした。

ラストチャンスの昨日、自宅のほうは晴れそうだったのですが、山はなんと夜半に雨の予報で、遠征は断念、夕方から晴れたので久々に庭に機材を引っ張り出して鬱憤晴らしの撮影をしました。

今回はBKP150にTC-201の×2テレコンバージョンレンズを付けて焦点距離1,500mmで小物を試してみました。

とは言ってもひどい光害下でもの写りそうな球状星団ねらいです。

まずはM72

M72

これは、球状星団としてはまばらにしか写らず、見栄えがしません。

次はM2

M2

最後はM15

M15

いずれも

【撮影データ】
2018年9月16/17日 自宅庭
BKP150 + F5コマコレクター + TC201(×2)
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + PHD2 
ISO 2500 露出 + 180秒×10枚

試写のつもりでしたので、ダーク/フラット補正はやっていませんので、結構荒れ荒れの画像ですが、1,500mmになってもなんとかガイドできていますので、このTC201もなんかの時には役に立つかもしれません。

おまけ

惑星状星雲もM27/57/ラセン星雲と撮ってみたのですが、やはりこの条件ではまともには写りませんでした。

試写した瞬間あきらめた土星状星雲(NGC7009)

20180916_10807_01

試写の一枚ものです。

ISO12800相当 15sec露出

ほとんど恒星と見分けがつきません。

結構な目標数を撮影したのですが、さすがにステラショットは便利です。

導入→試写→補正導入→本撮影と次々にこなしていきます。目標導入/構図設定がほんとに簡単で快適です。

さて、10月はなんとか秋晴れを期待したいものです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34144160

9月は遠征できず!!、ニワトリでうっぷんばらしを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。