« 10月2回目の撮影行も忘れ物、その他色々・・・ | メイン | 10月の撮影行(3) IC410 と不機嫌なステラショットの原因 »

2018年10月18日 (木)

10月の撮影行(2) M45(プレアデス星団)

10月8/9日のBKP150+D7100改での2対象目は、この季節最もメジャーな対象、M45です。

M4502_600

【撮影データ】
2018年10月9日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + F5コマコレクター
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5 
ISO 2500 露出 + 360秒×15枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

今までいろんな機材で何回も撮っているのですが、なかなかちゃんとした絵になってくれませんでした。

特にBKP150+コマコレクターでは、ゴーストがひどく、撮影対象から外していたのですが、D7100のレス改造では、ゴーストが発生しないようで、8月に撮っていたのですが、この時は薄雲が邪魔してイマイチでしたので、改めて挑戦してみました。

ところが構図の調整をし、撮影を始めてみると、左下側に強烈なゴーストが映り込んでいます。

M4500_600
でも構図調整中の試写ではゴーストが出ていないフレームもあったことに気づき、再度構図を若干いじってみました。

すると、やはりゴーストが出ない構図がありました。

今回のM45の処理では、星を取り巻く星雲の刷毛目模様を強調してみました。

刷毛目模様を強調したかったので、ノイズリダクションをかけていません。背景が荒れ気味なのはご愛嬌です。

これを見ていると、スパイダーによる十字光芒、高橋のイプシロンだと×印になるのですが、どっちが見栄えがよいのかと回転させてみました。

M4502
イプシロンをまねして、BKPもスパイダーの取り付けを45度回転させれば、×印になるのですが・・・・。

そこまでやるのはちょっとやりすぎでしょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34148162

10月の撮影行(2) M45(プレアデス星団)を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 M45ですと光条がハデですね。屈折の像を見慣れていると、光条がある分ハデに見えて
ちょっとうらやましいような。
 あと他のBKP+コマコレクターで撮影された画像を見ると、輝星周りのゴーストが目立って
いるのもありますがこちらは目立ちませんね。コレも何か工夫されているのでしょうか?

TOTOさん、こんばんは。

いつもコメントありがとうございます。

反射の光条の派手さも、このプレアデスみたいに輝星が多いとちょっと過剰ですね。

ゴーストの件ですが、BKP150+F5コマコレクター+FFフィルター+レス改造だと出ませんが、BKP150+F5コマコレクター+新改造機(D5000,D610)だと、画像中心を対象とした位置にくっきりといくつもでてしまいますね。
このゴースト、あきらめていたのですが、BKP150+F5コマコレクター+FFフィルター+レス改造だと構図で出ない位置があるので、次回、馬頭星雲でも試して見ようと思っています。


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。