« 10月の撮影行(2) M45(プレアデス星団) | メイン | 10月の撮影行(4) M31(アンドロメダ銀河) »

2018年10月20日 (土)

10月の撮影行(3) IC410 と不機嫌なステラショットの原因

10月8/9日のBKP150での最後の対象はIC410(Sh2-236)です。

隣にあるIC405(Sh2-229 勾玉星雲)と一緒に撮られることが多いのですが、BKP150+D7100では、画角的に無理で、単独で撮ってみました。

この星雲、シャープレスカタログでは別名「おたまじゃくし星雲(Tadpole nebula)」と呼ばれているとなっていますが、私にはどこをどうみたらオタマジャクシに見えるのか、さっぱりです。

Ic410_01_600
【撮影データ】
2018年10月9日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + F5コマコレクター
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5 
ISO 2500 露出 + 360秒×12枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

薄明開始まであと30分くらいあったのですが、BKP150の尻が三脚に当たってしまい、やむなく終了で枚数が少なくなりました。

ところで、この日の撮影開始時のステラショットのトラブルは、次の13/14日の撮影でも発生し、イライラのしどうしでしたが、やっと起こっていることがわかってきた感じがしてきています。

私の場合、電源節約で、コントロール用パソコンにWindows Tabを使っているためUSBポートが1つしかなく、3つ必要なUSBポートはUSBハブを用いて接続しています。

ところが、このWindows TabのUSBポートの差し込みが緩く、本体やコードを触っただけで簡単に動き切断が切れてしまうですが、一端接続が切れると、再接続がなかなかうまくいきません。

これについては、カメラのUSB接続が望遠鏡やガイドカメラの接続と干渉しているみたいで、望遠鏡の接続が切れた後、何度やっても望遠鏡を認識しませんが以下の手順だと認識する可能性が高くなります。

接続が切れたら、いったんカメラ、ガイドカメラの接続を切って、カメラの電源も切り、望遠鏡を再接続(カメラの接続をきっていないとうまくいかない)。

その後、ガイドカメラを接続し、最後にカメラを接続する手順です。

とにかく、接続が切れたら、カメラの接続を切ってから再接続すれば、うまくいく可能性が高そうです。

根本的にWindowsTabのUSBポートの差し込みが緩いことが原因ですので、なにか対策を立てたいところですが妙案が浮かびません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34148425

10月の撮影行(3) IC410 と不機嫌なステラショットの原因を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 先日行った観望会でもステラショットの実演を見せてもらい、特に構図決めに便利そう
だなぁ、と思いつつ、オートガイドはPHD2の方がよさそうで、digicamcontrolと組み合わせ
ればディザリングもできますし。
 ステラナビに構図決めとの部分だけ持ってきてもらえないかな、と妄想しています(笑)

TOTOさん、こんばんは。

ステラショットの補正導入は秀逸で、これを使い始めたら辞められなくなりました(記事にも書いたようにパソコンとの接続切れにはイライラしていますが)。

それと、ステラショットのガイド、国産の素性のいい赤道儀を想定しているのか、修正が大人し目で、私の赤道儀の場合は、結構敏感な設定にしないと修正が追いつかない感じですね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。