« 10月の撮影行(3) IC410 と不機嫌なステラショットの原因 | メイン | 10月の撮影行(5) Sh2-157(クワガタ星雲) NGC7635(バブル星雲 Sh2-162) 他 »

2018年10月22日 (月)

10月の撮影行(4) M31(アンドロメダ銀河)

10月8/9日のFSQ85での最初の対象で、その後結露してしまいこれ1対象となってしまいました。

8月にはBKP150+D610で撮っていましたが、FSQ85+D810Aのほうが画角的には余裕があってこちらの方がいいですね。

M3103_600_2
【撮影データ】
2018年10月8日 小石原焼伝統工芸館駐車場
FSQ-85EDP フラットナー1.01
Nikon D810A
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5 
ISO 2500 露出 + 360秒×18枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/3画像はここ】

右端の恒星がちょっとにじんでいますので、この時点でも結露が始まっていたんだと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34148651

10月の撮影行(4) M31(アンドロメダ銀河) を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 夜露は大敵ですね。先日の観望会で行った所は夜露がひどくて、対物レンズのセルの
周りにヒータを巻いていましたが、ハッと気がつくと結露していました。FSQ-106EDは
段ボールフード+乾燥空気でほぼシャットアウトできています。

 1/3画像を拝見しますと、下の方に輝星で光芒の割れが見えますがが、左側のさらに
明るい星ではほとんど見えません。光芒の割れは星の色が関係しているのでしょうか?
 
 

TOTOさん、こんばんは。

夜露、私の行っている小石原焼伝統工芸館駐車場のは強烈なことで評判です。
結露防止対策にちょっとでも不備があると瞬く間にびっしり結露してしまいますし、冬場は鏡筒、パソコンなどカチンカチンに凍りついてしまいます。

光芒割れの件、多分画角中心からの離れ具合による差だと思います。
中心から離れるほど、光芒割れが目立つようになります。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。