« 2カ月ぶりの小石原行きは不完全燃焼 | メイン | 3月の撮影行は不完全燃焼(3) NGC2359(トールの兜星雲) »

2019年3月14日 (木)

3月の撮影行は不完全燃焼(2) M101(回転花火銀河)

3月8/9日の小石原行きは、予想に反して天候には恵まれたものの、機材の調子がイマイチで満足した成果は上げられませんでした。

今回の撮影では、対象が銀河中心で小さいものばかりでしたので、BKP150にTC16A(1.6倍テレコンバーター)をつけ、f=1,200mmにD7100(改)で撮影することにしていました。

でも、直前になって、D810Aがお休みになるのはもったいないと思い、D810Aで撮影してトリミングすれば、ダークノイズ的には有利だしと思いつきました。

現地で、撮影を始めてみると、BKP150+TC16Aではイメージサークル的に全く不足で(下の写真)

20190308_16558

これだとフラット補正もままならない感じです。

そこで、思い出したのが、D810Aの撮像範囲をDXモードで使うこと。

これだとAPS-Cサイズで4,800×3,200ピクセルのカメラになります。

D7100の6,000×4,000に比べるとチョット画素数が少ないですが、ダークノイズは格段に少なくなるはずです。

これはうまくいきました。

この日なんとかまともに撮れたM101です。

M101_02_600


【撮影データ】
2019年3月9日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6テレコンバーター)
Nikon D810A
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5 
ISO 3200 露出 480秒×13枚
SI8でダーク/ラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整(3/4トリミングあり)

比較に以前D7100(改)で撮ったのを載せておきます。

M101_01c_600
ISO2500 360sec×15枚

縮小画で分かりにくいですが、D7100(改)の方はダークノイズが補正しきれず、色むらが激しいのに対して、D810Aはほとんど目立ちません。

解像感もD810Aの方が良く、これからの小さい対象はこの組み合わせでやりたいと思っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34172666

3月の撮影行は不完全燃焼(2) M101(回転花火銀河)を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 先日EOS6Dを貸してもらい、ただかなり使い込んだ個体で、一応自宅でテストはしていたのですが、先日の久住では「通信エラー」で利用不可。結局、自分の60Dで撮影しました。
 いくつか撮影して、M101も撮影しましたので、こちらの画像を参考に色調を整えています。

TOTOさん、こんばんは。
現地での機材不調はめげますね。
事前にテストしていても色々とトラブルが発生してしまいまよね。予備機材を用意しているつもりなのですが、私のNikonの場合、3台ともUSBケーブルが違うので、これを忘れてしまい、カメラ変更ができないこともありました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。