« 3月の撮影行は不完全燃焼(2) M101(回転花火銀河) | メイン | 3月の撮影行は不完全燃焼(4) M81/82 »

2019年3月17日 (日)

3月の撮影行は不完全燃焼(3) NGC2359(トールの兜星雲)

3月8/9日の撮影では、前に書いたように機材がイマイチで、中途半端な撮影ばかりだったのですが、なんとか画像処理してみたのの1つが、NGC2359(トールの兜星雲)です。

Ngc235902_600
【撮影データ】
2019年3月8日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6テレコンバーター)
Nikon D810A(FXモード)
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5 
ISO 3200 露出 480秒×15枚
SI8でダーク補正+コンポジット後、FlatAide Proでフラット補正
CaptureNX2で画像調整(3/4トリミングあり)
画像をクリックで1/2縮小画

この日最初に撮った対象で、この時はD810Aをフルサイズモード(FXモード)で使いましたので、通常のフラット処理をせず、先にコンポジットした後、トリミングした後、新たに導入したFlatAide Proでフラット処理しました。

画像はガイド精度が悪くて、星像が太ってしまい、なおかつ天の川の微光星が多い場所てすので雑然としたものになってしまいトールの兜星雲が目立たなくなってしまいました。

ちょっと神秘的な色なんで好きな対象なんですが、なかなかうまく撮れません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34172944

3月の撮影行は不完全燃焼(3) NGC2359(トールの兜星雲)を参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 面白そうな対象ですね。次回狙ってみなくては。
 私の方もガイドが甘く、先日の撮影では3割方流れてしまいました。どうもファインダの脚が長いので、それでモーメント荷重が発生し、向きによってバランスが崩れてギアに負担がかかってガイド不良が発生するのでは? という仮説を立ててみました。ファインダは最初の基準星導入時しか使っていませんので、ファインダを外した状態でバランスを取って撮影してどうなるか試してみます。

TOTOさん、こんばんは。

モーメント荷重、そうなんですよね。
私の場合、反射式ですので接眼部のカメラが結構な重量になり、角度によって回転モーメントが発生してバランスを崩してしまうのが悩みの種です。鏡付近にマグネットでカンウターウェイトを付けていますが解消できていません。
根本的には、接眼部の反対側にカメラと同等のウェイトを付けなくてはならないのでしょうが、ピント位置やカメラの種類によっても要調整となりそうで悩ましいかぎりです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。