« 2019年3月 | メイン

2019年4月

2019年4月 9日 (火)

ブログの引っ越し

ちょっと前に、ヤフーブログがなくなるとの情報があったのですが、その時は他人事だと思っていました。

ところが、このBBIQブログの閉鎖通知、それも7月末とのこと。

このブログ、個人の備忘録とは言え、自分でも結構参照しているので、とにかく引っ越しすることにしました。

引っ越し先は、BBIQが推奨している Seesaa BLOG。

「趣味汲々Ver.2」です。

当面は、引っ越し作業などで、画像のリンクなど不都合があるかもしれません。

2019年4月 8日 (月)

ガイド精度の私的調整のまとめ

先日の小石原行きでは、事前の機材調整の効果か、機材はほぼ順調に動作しましたので、ステラショット+スカイエクスプローラSEⅡについてまとめてみることにしました。

ただし、ここで書くことは、あくまで私の機材組み合わせと調整能力、主観の混じったものです。

まずは「ガイドが暴れる、ガイド精度が満足できない」現象について。

現象としては、
非常にうまく制御できている期間(±0.5px)が長続きせず、周期的にばらつきだす(±1px)、たまに、突然ばらつきが大きくなる(±2px)と言うものです。

原因究明のため、PHD2でSEⅡのピリオディックエラーのグラフを取ってみました。

Pec_01
グラフは綺麗なサインカーブにはなっていません。

ウォームギアとモータの間には3個の平ギアが組み合わされていますので、それぞれの誤差が相乗されたり相殺されたりしている結果と思われます。

このグラフを見ながら上の症状と照らし合わせてみると、
「1」の区間(相殺)・・・・・・非常にうまく制御できている期間(±0.5px)
「2」の区間(小~中相乗)・・・周期的にばらつきだす(±1px)
「3」の区間(大相乗)・・・・・突然ばらつきが大きくなる(±2px)
と言えるのではと思っています(ちょっとこじつけすぎかも)。

この結果を元にガイドグラフを見ると、どうも赤経側の修正が追いついていない感じです。

そこで、赤経側のアグレッシブネスを90%にし、さらにSEⅡの修正速度を×1.0にしたところ、なんとか許容範囲に納まるようになってきました。

4月3/4日の撮影は、ここまでの調整結果を踏まえたもので、ほぼ満足のいくガイド精度になったと思っています。
※この他、設置時のバランス、特に赤経軸周りの東側荷重(西側荷重にしない)を慎重にやるようにしました。


ステラショットは国産の精度のいい赤道儀を前提にしているのか、どうも修正がおとなしいみたいです。

ステラショットのガイドパラメータの変更で改善できるのかもしれませんが、どれを変えたらいいのかわかりません。

これに対してPHD2のほうは、ほとんどデフォルト値で押さえ込んでくれる感じです。

SEⅡ赤道儀は、平ギア3枚とウォームギアの組み合わせですので、これらのエラーが相殺されている時は結構おとなしいのですが、重なり合うと結構暴れますので、これをガイドするのはPHD2の方が向いている感じです。

ちなみに調整後のガイド精度は(f=240mm + QHY5L-M)、
ステラショット・・・・±3秒
PHD2・・・・・・・・±2秒
といったところで、設定値(ほぼデフォルト値)をあまり気にせずとも安定したガイドをしてくれるPHD2のほうが安定感がある感じです。

こうゆうことを考えるときにはステラショットにもガイドログがあると助かるのですが・・・。


次は、PCの応答が遅い/ステラショットが突然終了する現象について

PCの応答が遅いのは、以前にWindowsのアップデートが影響しているのでは、と書きましたが、それ以外にもやはりスティックコンピュータの能力不足が根本にある見たいです。

そこで、リビングのTVに繋いでネット動画を見るために買っていた、ちょっと能力が上のミニPCに乗せ換えてみました。

ミニPCの諸元は、
CPU Intel Celeron J1900
メモリー 8GB
ストレージ SSD 240GB
重量 1kg
※スティックコンピュータとの乗せ換えも考えて機種選定したもので、COMポートがあり、赤道儀との通信にUSBシリアル変換器が不要。
※有線LAN(ミニPC→ルータ間、ルータ→タブレットパソコンはWifi)を使うことにしましたのでWifiは基盤から撤去。

スティックコンピュータに比べて結構重いのですが、なんとかガイド鏡横にマジックテープで張り付けています。

Dsc_0340

Dsc_0341
※COMポートがあることが選定の理由の一つ(USBシリアル変換アダプタなしですっきり)

やはりスティックコンピュータでは荷が重かったみたいで、結構キビキビ動くようになりましたし、TabletPCでは動かなかったPHD2+DigiCamControlも動くようになりました。

今度の撮影行でも、順調に動いてくれていましたので、ステラショットの突然死も解決かと期待したのですが、夜半すぎに発生、残念ながらこれは改善していません。


次回の撮影では、動くようになったPHD2+DigiCamControlを使ってみたいと思っています。


2019年4月 5日 (金)

4月の撮影行(1) はまだまだ寒かった・・・M63(ひまわり銀河)

4月3/4日は、GPV予報はまずまず、星空指数100ということで、いつもの小石原焼伝統工芸館駐車場へ。

この日は別の用事を済ませて、いつもより早く到着、余裕を持って設営開始です。

駐車場の周りには桜の木があるのですが、さすがに山の上、下界はほぼ満開なのにやっと7分咲きていどです。

設営を終了したころ、C14の常連さんが来場、このほか1組が遅めの来場されました。

私以外は夜半過ぎには撤収されましたので、薄明を迎えた時は私一人でした。

4月とはいえ、まだまだ寒く、夜半には氷点下、空気が乾燥していたので3月の時ほど霜が白くびっしりと凍りつくことはありませんでしたが、結構な寒さでした。

前回から使っている無線遠隔操作システムのおかげで、ほぼ車内にいましたし、ホッカイロと電熱線入りチョッキもあって凍えなくてすみました。

さて、肝心の撮影は、この時期、系外銀河が多く小さい対象ですので、前回と同様、FSQ85はお休み、BKP150+TC16A+D810A(DXモード)での撮影です。

まずは、この日、最後の撮影対象、M63(ひまわり銀河)です。

M6301_600
【撮影データ】
2019年4月4日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6テレコンバーター)
Nikon D810A(DXモード)
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5 
ISO 3200 露出 720秒×14枚
SI8でフラット/ダーク補正+コンポジット後、CaptureNX2で画像調整
画像をクリックで1/2縮小画

トリミング無しでの画像で、このくらいの大きさで写ります。

渦巻きの特徴や下半分にかかる暗黒帯も見えて、意外に写るものだと感心しています。

また、この銀河の特徴の一つ、右側輝星の右にある「ハ」の字もなんとか写ってします。

ただ、残念ながら周辺を強調するあまり、中心部は飛んでしまいました。

いつもの露出設定、ISO3200、露出480秒ではヒストグラムの真ん中よりやや左寄りでしたし、D810Aだとダークノイズが目立たないので、720秒まで露出を伸ばしてみたのもよかった見たいです(これでもヒストグラムは真ん中からほんのわずかに右側にくるだけですが)。

やはり、小さい対象をBKP150+TC16Aで撮るときは、D7100(改)よりD810AをDXモードで使った方が断然よさそうです。

中央部をトリミングしてものを載せてみました

M6301pa_600
画像をクリックすると、オリジナルサイズで見れます。

この日は、事前の調整がうまくいったみたいで、ガイドも比較的安定してあまりドタバタせずに予定した4対象の内3対象を撮影できました。