« 4月の撮影行(1) はまだまだ寒かった・・・M63(ひまわり銀河) | メイン | ブログの引っ越し »

2019年4月 8日 (月)

ガイド精度の私的調整のまとめ

先日の小石原行きでは、事前の機材調整の効果か、機材はほぼ順調に動作しましたので、ステラショット+スカイエクスプローラSEⅡについてまとめてみることにしました。

ただし、ここで書くことは、あくまで私の機材組み合わせと調整能力、主観の混じったものです。

まずは「ガイドが暴れる、ガイド精度が満足できない」現象について。

現象としては、
非常にうまく制御できている期間(±0.5px)が長続きせず、周期的にばらつきだす(±1px)、たまに、突然ばらつきが大きくなる(±2px)と言うものです。

原因究明のため、PHD2でSEⅡのピリオディックエラーのグラフを取ってみました。

Pec_01
グラフは綺麗なサインカーブにはなっていません。

ウォームギアとモータの間には3個の平ギアが組み合わされていますので、それぞれの誤差が相乗されたり相殺されたりしている結果と思われます。

このグラフを見ながら上の症状と照らし合わせてみると、
「1」の区間(相殺)・・・・・・非常にうまく制御できている期間(±0.5px)
「2」の区間(小~中相乗)・・・周期的にばらつきだす(±1px)
「3」の区間(大相乗)・・・・・突然ばらつきが大きくなる(±2px)
と言えるのではと思っています(ちょっとこじつけすぎかも)。

この結果を元にガイドグラフを見ると、どうも赤経側の修正が追いついていない感じです。

そこで、赤経側のアグレッシブネスを90%にし、さらにSEⅡの修正速度を×1.0にしたところ、なんとか許容範囲に納まるようになってきました。

4月3/4日の撮影は、ここまでの調整結果を踏まえたもので、ほぼ満足のいくガイド精度になったと思っています。
※この他、設置時のバランス、特に赤経軸周りの東側荷重(西側荷重にしない)を慎重にやるようにしました。


ステラショットは国産の精度のいい赤道儀を前提にしているのか、どうも修正がおとなしいみたいです。

ステラショットのガイドパラメータの変更で改善できるのかもしれませんが、どれを変えたらいいのかわかりません。

これに対してPHD2のほうは、ほとんどデフォルト値で押さえ込んでくれる感じです。

SEⅡ赤道儀は、平ギア3枚とウォームギアの組み合わせですので、これらのエラーが相殺されている時は結構おとなしいのですが、重なり合うと結構暴れますので、これをガイドするのはPHD2の方が向いている感じです。

ちなみに調整後のガイド精度は(f=240mm + QHY5L-M)、
ステラショット・・・・±3秒
PHD2・・・・・・・・±2秒
といったところで、設定値(ほぼデフォルト値)をあまり気にせずとも安定したガイドをしてくれるPHD2のほうが安定感がある感じです。

こうゆうことを考えるときにはステラショットにもガイドログがあると助かるのですが・・・。


次は、PCの応答が遅い/ステラショットが突然終了する現象について

PCの応答が遅いのは、以前にWindowsのアップデートが影響しているのでは、と書きましたが、それ以外にもやはりスティックコンピュータの能力不足が根本にある見たいです。

そこで、リビングのTVに繋いでネット動画を見るために買っていた、ちょっと能力が上のミニPCに乗せ換えてみました。

ミニPCの諸元は、
CPU Intel Celeron J1900
メモリー 8GB
ストレージ SSD 240GB
重量 1kg
※スティックコンピュータとの乗せ換えも考えて機種選定したもので、COMポートがあり、赤道儀との通信にUSBシリアル変換器が不要。
※有線LAN(ミニPC→ルータ間、ルータ→タブレットパソコンはWifi)を使うことにしましたのでWifiは基盤から撤去。

スティックコンピュータに比べて結構重いのですが、なんとかガイド鏡横にマジックテープで張り付けています。

Dsc_0340

Dsc_0341
※COMポートがあることが選定の理由の一つ(USBシリアル変換アダプタなしですっきり)

やはりスティックコンピュータでは荷が重かったみたいで、結構キビキビ動くようになりましたし、TabletPCでは動かなかったPHD2+DigiCamControlも動くようになりました。

今度の撮影行でも、順調に動いてくれていましたので、ステラショットの突然死も解決かと期待したのですが、夜半すぎに発生、残念ながらこれは改善していません。


次回の撮影では、動くようになったPHD2+DigiCamControlを使ってみたいと思っています。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/562191/34175259

ガイド精度の私的調整のまとめを参照しているブログ:

コメント

いっそくドラゴンさん、こんばんは

 なるほど参考になります。私の方も流れたコマ、流れなかったコマでPHD2のグラフを眺めてみましたが、突発的に乱れたりしていましたので、ケーブルが引っかかったのかもしれません。取りあえず次回はファインダを外してバランスを取る、を試してみないと。
 ステラショット、困ったものですね。ミニPCでもスペックは私が撮影に使っているPCより上のようですが。ただ、最近はステラショットの不具合について書いている人も少なくなっているようですが、まだ不安定なところ、パソコン、赤道儀を選んだりするのでしょうか。

TOTOさん、こんばんは。

ステラショットの突然死、これはあくまで私の推測ですが、結構メモリーを使っているのではないか、そのため、処理が錯綜した時なんかにOS側から遮断されているのではないかと考えています。
とにかく、なんの前触れもなく、突然ステラショットが終了してしまい画面上に跡形もありません(;_;)。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。