2017年3月21日 (火)

QHY5P-IIのその後

CCDカメラQHY5P-IIをオートガイド用兼月・惑星撮影用カメラとして購入した、その後です。



<オートガイドカメラとして>

先の記事のように焦点距離135mmのカメラレンズ + Cマウントアダプター + C/CSマウントリング + QHY5P-IIの組合せをSP赤道儀(2軸制御)に載せて、PHD2でのオートガイドを試してみました。

Dsc_3418

結果、135mm f2.8のガイドスコープ + QHY5P-IIで十分明るく、固定した状態でもガイド星に困ることはなさそうです。

※この135mm、とにかくパープルフリンジが酷く、天体写真には向かない感じでしたので、ガイド用へ転用です。

PHD2との組合せの通常のバージョンではQHY5P-II用のドライバーがなく、画像取得すらままなりません。

そこで見つけたのが、前回書いた"PHD2 Directly support the QHYCCD Camera for test"なるソフトです。

これだと、QHY Cameraを指定すれば、後は自動認識、QHY5P-IIも難なく動き、2×2ビニング等の設定も出来ますので、便利で使い勝手がよさそうでした。

ガイド星も前述のように視野内にいくつも見えていますので、早速PHD2でキャリブレーション開始。

ところが、West動作のあとEast動作に移ると、ナント北側へガイド星が移動???。

結局、いつものQHY5L-IIMも持ち出して、組合せを替え検証した結果、なんと、件のソフトのドライバーのガイドピンアサインが違うのか、とにかくまともに動きませんが、ASCOM経由だとうまく動く。

なんでこうなるのかは不明ですが、とにかく、本来のPHD2ではQHY5P-IIの画像を出すのも四苦八苦なので、PHD2 Directly support the QHYCCD Camera for test で、ASCOM USBI-Oの組合せで使うことにしました。

自宅・庭での試験で、空が明るく、撮れそうな素材もなかったので、実際に撮影試験まではできていませんが、±2秒以内でのガイドは可能みたいです。



<月・惑星撮影用カメラとして>

木星を撮影してみました。 セットは、BKP150 + 14mmアイピース + QHY5P-IIの拡大撮影です。

撮影では、ピントの山が掴みにくく、ピントが合っているのかどうか、心もとない状態での撮影です。

002009101

1000フレームを撮影、Regstacks6でbest25%の設定でコンポジット、ウェーブレット処理し、CaptureNX2でコントラスト等仕上げをしました。

BKP150クラスでどのくらい写るのが相場かわかりませんが、どうもレベル以下みたいです。

光学系が貧弱なのは当然としても、ピントが合っていない、シーイングが悪いなどなど有りそうです。


2017/03/26 追記

処理し直して、若干ましな画像になりましたので、アップしておきます。

上の画像とは別の画像です。

623

2017年3月 4日 (土)

QHY5P-IIを購入

またしても遠回りになった感じです。

SP赤道儀のオートガイド化を安く実現するため、手持ちのWebカメラを使ってみたのですが、試験の結果は、感度が低く、50mmの焦点距離のガイド鏡でも、ガイド星を探すのが大変でした。

カメラの設定がうまくないこともあったのかもしれませんが、とにかく感度がたりないことが最大の問題でした。

そこで、月や惑星の拡大撮影ができるカラーCCDカメラを導入して、ガイドカメラにも使うと言うことを考えてみました。

選択したのは値段が下がった、QHY5P-II 30,240円也。ガイドにも使える惑星撮影用CCDカメラです。

惑星や月の拡大撮影時は、付属のEZPlanetaryが使えますので、特に問題なく、画素ピッチ2.2μm、2,592×1,944picを使い分けることができるはずです。

懸念事項は、オートガイダーカメラとして使う場合で、PHD2側にドライバーがありませんので、基本的にはASCOM経由になるはずですし、まあ、そうなったとしても、USB-IOでASCOM経由は経験済ですので問題なしです。

でも、ネットで調べると、"PHD2 Directly support the QHYCCD Camera for test"と言う項目を見つけ、カメラ、マウントともASCOM経由でなくてもいけるようにするドライバー(試行版でPHD2のダウンロードには見当たらない代物で、ちょっと??ですが)の紹介をみつけました。

この辺のところを購入時に販売店で情報を得ようとしたのですが、店頭で対応された方は、この方面には詳しくないみたいで情報なし・・・でもなんとかなるかで、購入です。

ガイドカメラとしては、 Ai Nikkor 135mm f2.8s + Cマンウトアダプター + C/CSマウントリング + QHY5P-II と言う組合せで決定していましたので、あとはどうマウントするか迷ったまま工作開始です。

工作の最終段階まで、φ60mm鏡筒バンド2本で直接支える方式とし、φ60mm鏡筒バンドに対して、135mmレンズは若干径が小さいので、内側にアルミ板を貼り付けて調整の方向で進んだのですが・・・・。

最後の段階で、方針変更、プラスチックネジの三点支持に変更です。 こちらの方が工作が楽なこと、幾分かでもガイド星を探すための角度振りができることが決め手でした。

Dsc_3417

Dsc_3419

さて、実際の運用試験は、天候が悪く出来ずじまいでしたが、一応地上の風景で無限遠ピントチェック、PHD2での上記ドライバーでの動作確認(ON CAMERAでのガイドの成否は未確認)までの確認はできました。

2017年2月18日 (土)

BKP150の調整(斜鏡スパイダー補強、接眼部補強)

だいぶ前になってしまいましたが、2月初旬の帰省は、月のめぐりも悪そうなので、懸案だったBKPの調整にやっと手を付けました。

まずは、光条対策を兼ねた斜鏡スパイダー補強です。

やり方として色々と考えてみたのですが、私の工作レベルからすると実際にできることは限られており、

  1. スパイダーの薄い鉄板を1.5mm厚のアルミ板で置き換える。
  2. 現在のスパイダーに両側からアルミ板を張り付ける。

くらいしかなさそうでした。

1.については、1.5mm厚でL字のアルミ材料が手持ちであったのですが(昔作った自作パソコンのケースをバラして部品取り)、スパイダー先端のネジ部とのつなぎの工作が難しそうで、私の手に余る感じだったので、結局は簡易な2.の方法としました。

当て板の厚みは1.5mm、これを金属用接着剤(セメダイン メタルロック・・・2液型)で両側から張り合わせて補強としました。

ただ、取付部のL字部および棒ネジとの接続部分はオリジナルの0.5mm厚のままですので、どれほどの補強になるのか、まあ、スパイダーの直線性が出て光条がきれいになれば、よしとすることにしました。

20170204_1881

接着したアルミは、強固に付いている感じですが、鉄とアルミでは熱膨張率が違いますので、いずれ剥がれてしまわないか心配でした。

そこで、最低限はがれても鏡に落下しないよう孔をあけて、ビス止めして、万が一剥がれたときも主鏡に落ちて傷がつかないようにしようと思いましたが、この鉄板(0.5mm)、通常の鉄用ビットでは歯が立たず、孔あけは断念、落下予防策なしとなっています。

※2/28追記
これは、とんだちょんぼ、ドリルの回転を逆でやっていたことが後日判明。なんともはずかしい限りです

次は、接眼部補強の補強です。

BKP150は、ファインダー脚の取付部には補強の裏板が入ってしますが、接眼部にはなにも入っていません。

そこで、接眼部に裏板を当てることとし、厚さ2mmのアルミ板を当て板として用意しました(ファインダー脚の取付部も一枚の裏板としています)。

これを鏡筒の内側に当てれるようにφ180mm程度の曲率に曲げるのですが、2mm厚のアルミ板は結構曲げにくく、金槌でたたいて少しづつ曲げて現物合わせしました。

20170204_1878

たたく際は、木の板の上でやったのですが、鉄パイプみたいに曲率があるものを下にして叩いた方がよかったのかもしれません。

また、前に筒先内側に入れたVU150の接続管を利用した補強リングを、接眼部を挟んだ奥側にも1本いれてみました。

接眼部の取付ボルトも2mm厚の補強板ですので長さが足りなくなり、M4 L=25mmのものに交換しています。

以上の工作は終わったのですが、仮組付けしただけで、光軸調整、試写はできていません。

20170205_1883

根本的な対策にはなっていない気がするのですが・・・・・・。

2017年1月20日 (金)

BKP150とD610の組合せ

新年最初の遠征撮影は、BKP150とD610の組合せをためしてみました。

昨年夏に同様の組合せでの撮影では、光軸調整、ピントとも甘い撮影だったこともあり、星像の流れや変形が酷く、BPK150+コマコレクター(F5用)でのフルサイズ機での撮影は無理かと諦めかけていました。

今回の撮影は、光軸調整、ピントともそこそこにはできており、結果、四隅の星像の若干の流れを除けば、ほぼ許容範囲と言える撮影ができる目処がたったと思っています。

星像の状況を示すため、6000pic×4000picの画像の1枚ものの中央部800pic×500picを切り出した絵に、縁の部分の四隅と上下端、左右端中央の250pic×150picを切り取って張り付けたものです。

<昨年夏時点>

610_non

調整不良時画像は目も当てられませんでした。

<今回遠征時>

610_yes

今回の画像は、四隅端を除けば、私の評価基準では許容範囲内の収差像です。

※四隅部の収差星像が若干非対称になっており、まだ調整を詰めれそうな感じです。

D610の高感度ノイズはD5000に比べれば、比較にならないほど少ないですから、この組合せを積極的に使っていこうと思います。

BKP150+コマコレクター(F5用)=6万円弱であることを考えれば、まだ調整余地は有りそうですし、十分元はとれる水準じゃないかと。

それと、D5000とD610は、画素ピッチが同じですので、この組合せで、ASP-Cサイズを基準にすれば、500mm/750mm(フルサイズ換算で750mm/1200mm)の2つの焦点距離を対象によって使い分けることができるのです(高感度ノイズの差は相当ありますが)。

2017年1月17日 (火)

新年の遠征行(5) 撃沈編

新年最初の遠征撮影では、BKP150+フルサイズ機(D610)でも十分鑑賞可能な写真がとれそうだと分かったことが最大の収穫だったのですが、相変わらずの撃沈作(失敗作)のオンパレードでした。

いつものように、自戒(次回?)を込めて、載せておきます。 失敗作ですので、オリジナル1/2画像はなしです。

まずは「かたつむり星雲」。

勾玉星雲を撮ったあと、D610のバッテリーが予備を含めて消耗してしまいましたので、カメラをD5000に替えて撮影を続けました。

クリスマスツリー星団とかたつむり星雲のどちらにしようか迷ったのですが、クリスマスツリー星団は暮れに庭撮りで撮っていたので、こちらにしました。

でも、出ません、かたつむりの格好が。 もっと1枚当りの露出時間を多くすべきだったのでしょう。 次回以降の宿題としておきます。

Katatsumuri001

【撮影データ】
2017年01月02日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出240秒×12枚
SI7でダーク/フラット補正+コンポジット
CaptureNX2で画像調整

次は、子持ち銀河。

撮り始めて間もなく、雲が来襲、あっと言う間に全天雲となってしまい、4枚だけの撮影となってしまいました。

このM51、トライ1回目は、自作コントローラの導入補助機能のバグで視野にも入らず。

2回目のトライは、時期が悪く、確認だけ。

今回が3回目のトライでしたが、またまたあえなく撃沈です。

M51_20170101_line_01

【撮影データ】
2017年01月02日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出240秒×4枚
SI7でダーク/フラット補正+コンポジット
CaptureNX2で画像調整

せめてものなぐさめに、視野内に写っている銀河を同定してみました。


次は、BKP150+D610でのスバル。

BKP150で以前に撮ったとき、ゴーストが激しく、二度と撮らないと思っていたのに、またまた筒先を向けました。

以前よりは、出来が良いとは思いますが、いかんせん、ゴースト、光条割れが目立ちすぎです。

現在は、スパイダー隠しは外した状態ですので、当然なのですが。

M45_2017_01_01_d610dss

【撮影データ】
2017年01月01日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D610(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Buiding
ISO 2500 露出240秒×12枚
SI7でフラット補正+コンポジット
CaptureNX2で画像調整、トリミングあり



最後は、同じ組み合わせでの馬頭星雲。

Batou_01_800

【撮影データ】
2016年01月010日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D610(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Buiding
ISO 1600 露出180秒×19枚
SI7でフラット補正+コンポジット
CaptureNX2で画像調整、トリミングあり

迷光の影響部分を切り離してトリミングしてみました。

ゴーストは諦めましたが、光条割れを含めた光条の汚さは早くなんとかしなければなりません。

2017年1月15日 (日)

新年初の遠征行(4) 勾玉星雲

ばら星雲を撮ったあと、勾玉星雲を再挑戦しました。

この対象もフルサイズにぴったりとは思われますが、ごらんのとおり、構図が左下寄りになってしまっています。

試写の時は、これでいいと思っていたのですが、処理してみると、残念なことに左下の星色鮮やかな領域がもっと構図内に入ったほうがバランスがいいはずです。

事前にもっと構図を検討しておくべきでした。

Magatama01_800

【撮影データ】
2017年01月01日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D610(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出240秒×14枚
SI7でダーク/フラット補正+コンポジット
CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

D610での画像そのものは、当然のこととは言え、D5000よりノイズが少なく、良い写りだと思っています。

光軸調整、ピント、その次は構図、チェックすべき事柄が多いです。

2017年1月10日 (火)

庭撮りクリスマスツリー星団

暮れの晴天日に遠征できないうっぷん晴らしに庭撮りしたクリスマスツリー星団です。

やはり、光害が酷く、コントラストがないのを無理やり処理しましたので、荒れ荒れ画像になってしまっています。

Photo

【撮影データ】
2016年12月31日 自宅庭
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D5000(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 1600 露出180秒×21枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

縮小画像でも荒れが目立っていますので、1/2画像は止めました。

当然とは言え、自宅庭とりでの赤もの星雲は、無理です。

2017年1月 9日 (月)

新年初の遠征行(3) 冬の三星座

SP赤道儀を使ったノータッチガイドで撮った星野写真です。

広い範囲を撮ると、周辺光量低下だけでなく、カブリも出て、うまく仕上がりません。

また、ソフトフィルターを使わないので、アクセントのない写真になりがちです。

今回は、アクセントがわりに星座線やメシエ番号をいれてみました。

<ぎょしゃ座>

2017_01_01d5000_35mm_dss_line

<おおいぬ座>

2017_01_01d5000_35mmdssline_2

<ふたご座>

20170101flline_2
【共通撮影データ】
2017年01月01/02日 小石原焼伝統産業会館
Nikon D5000(改) Ai AF Nikkor 35mm f/2→5
SP赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
ISO 1600 露出180秒×20枚(ふたご座だけ13枚)
DSSでコンポジット、CaptureNX2で画像調整

※最後のふたご座だけFlat Aideを使っています。

2017年1月 7日 (土)

新年初の遠征行(2) バラ星雲

BKP150+フルサイズでの撮影です。 今回は、十分な枚数を撮影できましたので、言い訳なしの画像ですとしたかったのですが、風の影響もあってか、11/20枚の打率になってしまいましたし、明け方の曇天で撮ったフラットも合っていません。

そよ風程度だったのですが、やはり望遠鏡に対して足腰の弱さが露呈しました。

Rose_800d610_2

【撮影データ】
2017年01月01日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D610(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出240秒×11枚
SI7でフラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

この対象は、BKP150+フルサイズの画角がぴったりの感じです。
昨年この組合せで撮った時は、光軸調整、ピントとも甘く、出来が良くなかったのですが、これなら何とか見れそうです。
周辺星像もそれほど流れておらず、まあまあ許容範囲です。
これなら、BKP150+D610での撮影もありかなと思えてきました。
もうちょっと一枚当りの露出をかけてもいいのかもしれません(ISO2500 5~6分)

このバラ星雲の前に馬頭星雲を撮ったのですが、アルニタクのゴースト、光条割れもさることながら、迷光による変な映り込みもあって、処理する気にもなれず、撃沈です。

どうも、冷え込んだ際に、フード先端の内側まで氷結で白くなってしまっていましたので、これが原因ではないかと思っています。

この日は、夜半頃が一番冷え込んで寒かったのですが、その後、風が出始め、やや気温が上昇したのか、氷結は溶けていました。

これを前兆に3時頃には雲が出始め、4時過ぎには完全に曇天となってしまいしました。

2017年1月 5日 (木)

新年初の遠征行(1) オリオン座(バーナードループ)

年末は、30/31日の庭撮りでお茶を濁し、1/2日にいつもの小石原焼伝統産業会館駐車場へ、遠征初めです。

さすがに元旦から撮影にこられる方はないかと一人ぼっちを覚悟したのですが、設定終了頃にお一人、暗くなってからもう一人の来場者がありました。

先に来場された方は、機材の調子が悪く夜半には撤収され(温かい紅茶、ありがとうございました)、もう一人の方も夜半で撮影を止められ、車内で仮眠のご様子、実質的には、夜半からは一人ぼっち撮影となりました。

SP赤道儀のオートガイドの改良が進んでいませんので、SP赤道儀にはD5000(改) + 35mmを載せて星野写真、BKP150の方はD610でフルサイズでの撮影テストとしました。

デジタル一眼レフカメラでの天体写真を始めて、まだ、一度もバーナードループをしっかりと撮影したことがありませんでしたので、とにかくオリオン座全景を撮り、真っ赤なバーナードループが第一目標です。

Orion1800

【撮影データ】
2017年01月01日 小石原焼伝統産業会館
D5000(改) Ai AF Nikkor 35mm f/2D
SP赤道儀(自作2軸モータードライブ化) ノータッチガイド
F5.0 ISO 1600 180秒×26枚
Stela Image7でコンポジット
Flat Aideでフラット処理
CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

東京に戻って、D5000 + 35mmのフラットデータがないことに気がつきました。 以前には想定していた組合せではありませんでしたので、フラットデータを撮っていなかったのです。

残念なことに思ったほどバーナードループが出てくれません(フリンジは結構でているのですが)。

フラットを当てずにハデハデにしましたので、ムラだらけです。

もっと露出がいるのか、焦点距離の長いレンズにすべきなのか、画像処理が稚拙なだけか・・・・・。 悩みはつきません。