05 機材 Feed

2017年11月18日 (土)

11月の新月期遠征へ向けて、調整他

新月期に入ったのでのですが、冬型の気圧配置に変わり、天候が良くない日が続きそうで、遠征できるかどうか微妙です。

機材の準備は着々と進行しています。

以前に書いたQHY5P-IIC+PHD2でのガイディングがイマイチうまくいかないことについて、PHD2のバージョンをVer.2.6.4にすると、うまくいくことがわかりました。

このバージョンで、カメラを選択するダイヤログで、QHD Cameraという選択に変わり、あとは自動認識でカメラ側の設定は完了(ガイドスコープの焦点距離に関する設定は必要ですが)です。

Qhy
これで、QHY5P-IIC+PHD2で、ON CAMERAでのガイドがうまく行くようになりました。

やはり、アップデートはちゃんとチェックしておくべきです。

光軸調整も終わり、あとは天候が良くなることを祈るのみです。

それと、先日、近くのゴルフ場に行ったついでに、北部九州の星撮り場所の一つに挙げられている「黒石峠」を下見してきました。

Dsc_0110
結構見晴らしが良く、阿蘇五岳も遠望出来ます。

駐車場(広場)は砂利敷きなんですが、写真のようにいかにも望遠鏡をセットしてくれと言わんばかりのコンクリート部分があって、不思議な感じです。

行った日は、日曜日と言うこともあってか、二輪でツーリングしている人が多く、休憩場所になっていました。

南はほとんど遮蔽物がないので、南天低い対象には絶好ですが、トイレがないこと、風が強い日は、ちょっとしんどいかなといったところです。

2017年11月16日 (木)

11月の新月期遠征へ向けて、小物の改造

11月の新月期が近づいてきていますが、遠征時の小物-パソコンなどを載せるテーブルの改造です。

今までも組み立て式のテーブルを使っていたのですが、組み立てにボルト4本を使っていたので、面倒くささが感じられました。

そこで、今回、蝶番と突っ張り棒で、簡単組み立て解体ができるものに改造、併せて2台出しで、パソコンも2台ですので、テーブルも2台にしました。

Dsc_0116

Dsc_0117
いい感じに仕上がったと思います。

でも、今週末~来週にかけて天候がイマイチなようで、心配です。

2017年10月12日 (木)

HEUIB-II・LPR-Nフィルターの比較

D7100をレス改造したことで、FFフィルターを購入したことは前に書きましたが、今回比較テストをしてみました。

  1. HEUIB-II FFフィルター
    可視光部分は全て透過し、これに赤外部分(Hα)を加えたもの
  2. フィルターレス
  3. LPR-N フィルター コマコレクタの前面
    全体的な透過特性はHEUIB-IIと同様ですが、光害対策として水銀灯、ナトリウム灯の輝線をカットしている

D7100側のWB設定はAutoのままとしましたが、結果はごらんのとおり。

Filter_2

赤被りが少なく、自然に近いのはHEUIB-II FFフィルターと言う結果になりました。

単にD7100側のAutoWBとの相性の問題なのかもしれませんが、これだと後処理も楽そうです。

ただし、このFFフィルター、今回、TC-16A(1.6倍テレコンバータ)を付けて接続したのですが、どうもTC-16Aの後端と干渉するのか、ミラーダウン時にわずかに抵抗があり、ライブビューでのエラーの発生が頻発しました。

この組合せは、BKP150での小さい天体(惑星状星雲や球状星団)を撮影するときの組合せですので、このときは、LPR-Nフィルターでの撮影が無難そうです。

2017年8月26日 (土)

D7100のFFフィルター導入

中古のD7100をレス改造しましたが、BKP150で撮影する際は、コマコレクター先端にLPR-Nフィルターを付けているので、そのまま接続してもいいのですが、カメラ用レンズを使う場合、赤かぶり防止用のフィルターが必要になります。

そこで目をつけたのが、FFフィルター。

カメラボディのミラーボックス前面に取り付けるフィルターで、Canon用は色々あるのですが、Nikonユーザーの悲しさ、次の2択になってしまいます。

・光映舎    HEUIB-Ⅱ・・・・21,600円(税込み)
・オプトロン  L-Pro  ・・・・28,780円(同上)

D7100は、レス改造なので、赤外部分の長波長側がカットされているフィルターが必要なのがもう一つのネック。

結局、安さでHEUIB-Ⅱに決定。
BKP150で使っているサイトロンLPR-Nフィルター(φ48mm) 9,936円は赤外側のカット特性ありですので、格安なのですが、FFフィルターはCanon用しかありません。

いっそこれで自作しようかとも思ったのですが・・・、ミラー先端部分のクリアランスが微妙で、断念しました。

Dsc_0031

製品・・・取り外し用の耳掻き付きがなんとも言えません。

自家レス改造D7100に取り付けた状態(当然のことながらぴったりはまりますし、心配したミラー先端部もミラーアップでの干渉はありません)

Dsc_0034

試写は、まだまだ先になりそうです。

2017年7月18日 (火)

5年前の星野村につづき今度は東峰村で

今月初めの九州北部集中豪雨では、遠征地の東峰村~朝倉市杷木で大きな被害が報じられ、5年前の星野村の集中豪雨被害に続き、星見に行く先での大きな災害の発生が続くことに心が痛みます。
年取った身としてはボランティアへともいかず、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに早い復興を祈念することしかできません。
現在、小石原焼伝統産業会館は、国道211号線の嘉麻峠越えでは入れるみたいですが、小石原地区の災害ボランティアセンターになっているみたいですので、当分の間は遠征はとりやめです。

さて、懸案だった遠征時の電源、少しずつ強化してきたのですが、容量不足解消には至らない内に28Ahの鉛バッテリーがへたり気味で、またまたバッテリーの選択を迫られていました。
そこで、今回、これらを一挙に解消すべく、新たに買ったのがこれ。

20170715_3756

ANKER PowerHouse 434Wh DC OUTPUT 12V/10A AC110V 120W

圧倒的な容量ですが、重量は4.2kg!!と体にやさしいです。・・・鉛バッテリー45Ahの半分以下。
これに狙いを付けていたのですが、5万円弱の値段に躊躇していました。
ところが、Amazonのセールでなんと12,000円引き・・・速攻でポチリです。
DC12V OUTがシガーソケットしかありませんので、分岐端子が必要です。

試しに、パソコン、赤道儀を繋いで約1時間土星/木星の撮影をしましたが、数%の消費量でした。

これをメインに手持ちの鉛バッテリー45Ahとの2台体制で、不安は解消できると期待しています。

2017年6月18日 (日)

いいものが売られていました(MCDC2用リモートケーブル)

先月の遠征で、リモートケーブルのコネクタを壊したことを書きましたが、このコネクタ、ニコン独特の形状で、今まではリモートスイッチを買って、ケーブルを切断し、Φ2.5mmミニステレオジャックを付けて自作していました。

今回、壊したので、新たに作ろうかと思ったのですが、スイッチ本体を無駄にしてしまうことを考えて躊躇していました。

ところが、何実にアマゾンのサイトで検索したところ、Φ2.5mmミニステレオジャック付きのケーブルだけ売っているではないですか。

Dscn0081

値段も600円と安く、予備を含めて2個買ってしましました。

以前、2.5mmミニステレオジャック付きのリモートスイッチ(1,700円)を買った時に、ケーブルだけ売ってくれればいいのにと書いた、まさにそのものの製品です。

最近は、リモートコントローラがミニステレオジャックでケーブルと接続する製品が増えてきているので、こんな製品が売られるようになったのでしょう。

2.5mmミニステレオジャックを接続に使っている私にとっては、待ってましたの製品です。

2017年6月 3日 (土)

QHY5P-IICでのPHD2ガイディングの試行錯誤

QHY5P-IIC + PHD2ガイディングがうまくいかない、安定動作しないと言う話を前にしていましたが、あらためて調べ直した結果をまとめてみました。

<PHD2 Ver. 2.6.3>
・QHY5P-IIドライバーはない。
・WDMドライバーを選択、画像の調整が難しい。
・ASCOM_USBIO経由で可。

<PHD2 Directly support the QHYCCD Camera for test>
・QHY製カメラを自動認識する。
・画像取得は問題なし
・on Cameraではガイド信号の極性が違いガイドできず。 ASCOM_USBIO経由で可

<天文ハウスTOMITAの付属マニュアルの組合せ>
・QHY5IIDriver ・QHYCCDASCOM-Capture-StarSenseSci-V0.1.50.1
・QHYCCDASCOM-Guide-StarSenseSci-V0.1.50.1 を導入。
・ガイドはonCamera 又は、ASCOM_USBIO経由

※もともとガイド用カメラではないので、ガイドに関するマニュアルはほとんど読んでいなかったのがいけなかったと反省しています。

と言うことで、5月27日の遠征では、付属マニュアルの組合せで試してみました。

カメラ・・・QHYCCDASCOM-Guide-StarSenseSci-V0.1.50.1
ガイド・・・on Camera

キャリブレーション、ガイドともうまくいって、300mmでの打率も20/20でなにも問題ないのですが、PHD2の星のプロファイルグラフが鋭いピーク型にならず、ガイド中もスターロスト警告が出るなど、なんかしっくりしません。

PHD2 Directly support the QHYCCD Camera for test + ASCOM USBIOの方が良さそうですが、さらに色々試す必要があると思っています。

取り敢えず、27日の遠征でカメラレンズ300mmで撮影したアンタレス付近です。

Sasori800

【撮影データ】
2017年05月27日 小石原焼伝統産業会館
Nikon D5000(改) + Ai Nikkor 300mm F4.5 
SP赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
Ai Nikkor 135mm F2.8 ガイド鏡 + QHY5P-IIC + PHD2 Guiding
F5.6 ISO 2000 露出300秒×20枚(20/20枚) 

SI7でダーク補正後コンポジット CaptureNX2で画像調整、回転

D7100(改)で撮影したものとD5000(改)でのものとを画像処理していると、やはりD5000(改)の方が荒れが多そうです。
D7100(改)はレス改造ですのでカメラレンズでの撮影では、新たにフィルターが必要ですが、手に入れたらD5000(改)は予備機扱いとなりそうです。

2017年5月31日 (水)

5月27日の小石原行は申し分ない天気だったのですが・・・

先週末の帰省時は天候に恵まれ、いつもの小石原焼伝統産業会館へ遠征です。

新月期で帰省と合った上に金土日と連日の晴天と最近にはない幸運な週末でした。

また、この日は、珍しく奥様が同行するといったので、初めての夫婦揃っての小石原遠征となりました。

途中で食事を済ませ19時前に現地到着したのですが、既に4~5人が設営完了状態で、その後も続々と言う感じで結構な人数になりました。

でも夜半で帰られた方もあり、私の撤収(5時)が最後の一人でした。

20170528_235_2

今回の撮影目標は、BKP150でのM104ソンブレロ銀河 → M13球状星団 → M8,20干潟、三裂星雲 → M17わし星雲の4対象。

カメラレンズ180/300mmでのマルカリアンチェーン → アンタレス付近 → M8,20 → M16,17の4対象を計画していました。

いつものごとく、性懲りもなく、いくつもの「やらかし」の結果、撮影出来たのは半分以下となってしまいました。

やらかし - 1
薄暮時、北極星がよく見えていない頃に極軸を設定、撮影のためのPHD2のキャリブレーションを始めると、うまくいかない。
またまた、コントローラの動作不良かと、一瞬どきっとしたのですが、夜空を見あげてみれば、極軸はあさっての方向を向いています。
慣れた場所のはずが、思い込みによる勘違いで、初歩的なミス、なんとも恥ずかしいかぎりです。

セットのやり直しに時間を取られ、カメラレンズの方はマルカリアンチェーンを飛ばして撮影開始です。

やらかし - 2
BKP150でのM104の撮影開始。
小さい対象向けに1.6倍テレコンバータ + D7100(改)と初めての組合せです。
D7100改造の際にいろいろあって、SDカードが挿入できなくなってしまいましたので、digiCamControlを使い、画像はパソコン保管です。
順調に撮影できたはずでずが、なにか違和感・・・・・・。
いくらパソコン内部を探しても撮影したはずのデータが見つかりません。
原因は、前回設定時(テスト)にパソコンのSDカードを保存先にしていたのですが、今回はSDカードを差していなかったので、保存先は継承されたものの保存エラーとなっていることに気づかなかったためでした。

これで、またまた、貴重な1時間を浪費してしまいました。

やらかし - 3
カメラレンズ(300mm)でのアンタレス付近の撮影を撮影を開始しようとしたら、カメラが無反応・・・・ バッテリー切れかと思いきや、なんとリモートケーブルの差し込み口が破損、幸いもう1本あったので、これと交換して撮影開始です。
多分、設定中に引っかけて無理な力がかかったためと思いますが、これで同様の破損は2本目です。

やらかし - 4
今回のメインのM8,20はBKP150+D610で画角一杯を使うつもりでしたので、M13撮影終了後、カメラのセットを変更したところで愕然。
リモートケーブルが1本になってしまっており、コントローラでのシャッターコントロールができません。
digiCamControlを使ってパソコンでと思ったのですが、D610用のUSBケーブルを持ってきていません。
さらには、こうしたトラブル用にとタイマーリモコンも用意していたのですが、久々の使用で設定のやり方を忘れてしましてあり何の役にも立ちませんでした。

結局カメラレンズでの以後の撮影を断念する結果となってしまいました。

USBケーブルの組合せは
ガイドカメラ・・ USB B
D5000,D7100・・・USB mini 8ピン 平型 → Nikonが使っている一般的でない形状
D610・・・・・・ USB mini 5ピン → 一般的形状
スマホ・・・・・ USB micro
Nikon製品以外にはあまり使われていない、mini8ピン平型だけは忘れないように気をつけていたのですが、自宅には何本もある一般的なmini5ピンがどこを探しても入っていませんでした。

それ以外のケーブルはどれも2本以上入っていたのですが・・・・・・・。

20170528m1301_2

【撮影データ】
2017年05月27日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 + TC-16A コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D7100(自作レス改造)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 2000 露出300秒×10枚 (打率10/15)
SI7でダーク/フラット補正+コンポジット CaptureNX2で画像調整、回転、トリミング

【6000→2445へのトリミング画像はここ】

球状星団の粒立ち感に注意したつもりです。

昼間は30度近い気温でしたが、小石原はさすがに山の中、夜中には8度まで低下し、心配したD7100の暗ノイズも気になるほどではありませんでした。

星雲等を撮るまでは評価できませんが、この画像を見る限り、D5000よりはだいぶ良さそうです。

2017年4月 2日 (日)

ついにデジ一の天体写真用改造に手を染める

昨年の記事にも書いたのですが、手持ちの撮影機材の製作と改良が一段落してしまうと、"なにもすることがないと、つい病"を発症してしまいます。

今回は、とうとうデジタル一眼レフカメラの天体写真用改造に手を染めてしまいました。

と言うのも、ちょっと前に、 >D5000とD610は、画素ピッチが同じですので、この組合せで、ASP-Cサイズを基準にすれば、500mm/750mm(フルサイズ換算で750mm/1200mm)の2つの焦点距離を対象によって使い分けることができる。
と書いたのですが、よくよく考えてみれば、D610と同じ画素ピッチのD5000(高感度耐性は低い)を使うメリットはなく、D610のトリミングで対応した方が良いことは自明です。

その他にも、天体写真撮影に使うにはD5000は色々と不便がありました。

そこで、D5000を画素ピッチのより小さい機種へ更新することを考え始めたのですが、中古機を入手しても改造に出せば、その費用が同じくらいかかるので二の足を踏んでいました。

そんな考えを持ちながら、暇に任せてネット徘徊をしていると、D7000の分解(レス改造)の動画を見つけました。

これを見ると、なんか簡単そうで、自分でもできるのではと思ってしまいました。

また、別サイトで見つけたD7100の分解写真と併せてみると、D7100の方がさらに簡単そうですし、ローパスフィルターレスですので、レス改造もやりやすそうと、D7100(画素ピッチはD610の2/3)をターゲットにすることにしました。

D7100、妻用に買ったものがあるのですが、当初の目論見がはずれ、それなりに写真撮影を継続中ですので、これを改造するわけにもいかず、改造用に中古機(\43,800-)を手に入れました。

結果から言うと、分解・組立とも特別な技術/技能/小道具を要する部分は少なく、道具は小型のプラスドライバー1本とピンセット1本で可能でした。

分解の際に外すのはほぼ同ピッチのねじで、
外側周り(同一径の長さ違い)・・・短2本、中15本、長1本、視度調整ねじ部1本
EXPEED3基板・・・・・・・・・・・ 7本
撮像素子基板・・・・・・・・・・  3本
フィルター抑え枠・・・・・・・・  4本
を外すことになりますが、同サイズのドライバーは1本で済みます。

あと、フィルムケーブルの抜き差しのためにピンセットがあったほうが作業がやりやすかったです。

<分解時の写真>

D710001

裏蓋部
ファインダーの視度調整ねじのシール下にねじがありシールを剥がして、ねじを外す。 グリップラバーを剥いだ位置にもねじが1本ある。

D710004
外部接続端子側
端子カバーを開いた位置の2本のねじは、外さなくても分解可。

D710002_2

D710003
SDカード差し込み口側
外側の他、カバーを開けたところにある2本(他の箇所に比べて短い)のねじも外す。

D710005

D710006
底蓋部
マンウト下の1本は他のねじに比べて長い。 バッテリーボックスのカバーを開けたところにある3本のねじも外す。 これで底蓋は外れる。

D710007
底蓋部の内側
底蓋を外して、さらに2本のねじをはずす。 これで、裏蓋が外れる。 やや固いので、割れないように、SDカードスロットの入り口にある金属部品(特に「1」側はEXPEED3基板を挟むようになっている)が変形しないように慎重に。

D710008

裏蓋部とEXPEED3基板とは2本のフィルムケーブルで繋がっているので、これを外す

S710013

フィルムケーブルのコネクターからの外し方 ロックが付いているので、これを起こす(あるいは寝かせる)ことではずれるんですが、このロックの仕方がコネクター毎に違っているので慎重に見極める。

D710009EXPEED3基板の取り外し
基板を取り付けているねじ(銀色7本)を外し、フィルムケーブルを外す。 青□のコネクタの外し方が分からず苦戦・・・外さなくても下の撮像素子基板へのアクセスは可(と言うか外さないのが吉)と判明。

結局このコネクターの正しい外し方は不明のまま。

D710010
撮像素子基板 3本のねじを外すと、本体から外れる。

撮像素子基板をつなぐフィルムケーブルは、本体側コネクターを外した方が再接続が簡単。

D710011
撮像素子全面のフィルター枠 撮像素子フィルター枠は4本のねじ止め 枠を外すと、フィルムケーブルと繋がったガラス(保護ガラス?)とその下にIRカットフィルターがある。

ピンセットで慎重にIRカットフィルターを外し(接着はされていない)、上部の保護ガラス?は残してフィルター枠を元に戻した。

S710012
写真の左の青っぽいのがIRカットフィルター。

右の枠上にあるのは保護ガラス?(バイブレータ付き) 予測どおり、ローパスフィルターが無いD7100は、この部分の構造はシンプルです。

さて、このバイブレータ付き保護ガラスを外すかどうかで悩みました。

撮像素子を素で曝すよりは、保護ガラスがあった方が良いと思い、またメーカーの製品だから反射防止コーティングは万全だろうと根拠なく信頼。

ローパスフィルターレスを謳ったD7100ですので、この黒褐色のガラスはただの保護ガラスで、IRカット性能はないと勝手に決めつけました。

これだと、ダストクリーニングのバイブレータは生きていると思いますが、念のため、設定メニューで「ローパスフィルタークリーニング」はOFFにしました。

以上で、組立直せば完了なんですが、いざ組み立ててみると最初は正常に動作せず、冷や汗。

EXPEED3基板とのフィルムケーブルのコネクターへの差し込み不良が原因ではと当りを付け、再度組立直し、何とか無事完了です。

とにかく要点は、フィルムケーブルの差し込み、ロックを確実にすることです。

撮影動作、保存、呼び出しの一連の動作確認も正常でした。

感想 なんか、意外とあっけなかった感じです。

分解してみると、とにかく、生産時の組立が簡単なように作られている感じで、プラモデルか自作パソコンを組んでいる感じで、高級精密機械の感じはありませんでした。

後は、今回残した保護ガラスの影響がどの程度か見極めることが必要で、場合によっては、保護ガラスの除去が必要かもしれません。

D710000

使った工具はこれだけで済みました。

最後に、決まり文句ですが、もしこの記事を参考にされる方は、間違った手順、方法かもしれませんので、自己責任でお願いします。

どなたか、私がわからなかった2箇所のコネクターの外し方を含めて、情報をお持ちの方がいらっしゃったらぜひご教授願えるとありがたいです。

2017年3月21日 (火)

QHY5P-IIのその後

CCDカメラQHY5P-IIをオートガイド用兼月・惑星撮影用カメラとして購入した、その後です。



<オートガイドカメラとして>

先の記事のように焦点距離135mmのカメラレンズ + Cマウントアダプター + C/CSマウントリング + QHY5P-IIの組合せをSP赤道儀(2軸制御)に載せて、PHD2でのオートガイドを試してみました。

Dsc_3418

結果、135mm f2.8のガイドスコープ + QHY5P-IIで十分明るく、固定した状態でもガイド星に困ることはなさそうです。

※この135mm、とにかくパープルフリンジが酷く、天体写真には向かない感じでしたので、ガイド用へ転用です。

PHD2との組合せの通常のバージョンではQHY5P-II用のドライバーがなく、画像取得すらままなりません。

そこで見つけたのが、前回書いた"PHD2 Directly support the QHYCCD Camera for test"なるソフトです。

これだと、QHY Cameraを指定すれば、後は自動認識、QHY5P-IIも難なく動き、2×2ビニング等の設定も出来ますので、便利で使い勝手がよさそうでした。

ガイド星も前述のように視野内にいくつも見えていますので、早速PHD2でキャリブレーション開始。

ところが、West動作のあとEast動作に移ると、ナント北側へガイド星が移動???。

結局、いつものQHY5L-IIMも持ち出して、組合せを替え検証した結果、なんと、件のソフトのドライバーのガイドピンアサインが違うのか、とにかくまともに動きませんが、ASCOM経由だとうまく動く。

なんでこうなるのかは不明ですが、とにかく、本来のPHD2ではQHY5P-IIの画像を出すのも四苦八苦なので、PHD2 Directly support the QHYCCD Camera for test で、ASCOM USBI-Oの組合せで使うことにしました。

自宅・庭での試験で、空が明るく、撮れそうな素材もなかったので、実際に撮影試験まではできていませんが、±2秒以内でのガイドは可能みたいです。



<月・惑星撮影用カメラとして>

木星を撮影してみました。 セットは、BKP150 + 14mmアイピース + QHY5P-IIの拡大撮影です。

撮影では、ピントの山が掴みにくく、ピントが合っているのかどうか、心もとない状態での撮影です。

002009101

1000フレームを撮影、Regstacks6でbest25%の設定でコンポジット、ウェーブレット処理し、CaptureNX2でコントラスト等仕上げをしました。

BKP150クラスでどのくらい写るのが相場かわかりませんが、どうもレベル以下みたいです。

光学系が貧弱なのは当然としても、ピントが合っていない、シーイングが悪いなどなど有りそうです。


2017/03/26 追記

処理し直して、若干ましな画像になりましたので、アップしておきます。

上の画像とは別の画像です。

623