08 BKP150の調整 Feed

2018年8月18日 (土)

8月の連荘撮影行(3) 網状星雲(西 NGC6960)

8月9/10日で網状星雲(東)の後に撮るつもりだった網状星雲(西)、翌日に撮ったものです。

Ami04_600
【撮影データ】
2018年8月10日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + F5コマコレクター
Nikon D610(改)
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + ステラショット1.5 
ISO 3200 露出 + 360秒×21枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

前日色々な露出で試した結果を踏まえて、感度、露出とも多めにして撮ったのですが、前日の(西)に比べて、全体に淡い感じとなってしまいました(空の条件が悪かった?)。

それと、構図の失敗、網状星雲をもっと右に寄せるべきでした。

右半分が間の抜けた構図になってしまいました。

この日は他の対象をふくめ、どうも構図がイマイチのものばかりになってしまいました。

でも、やはりこの対象、別々に撮るのならBKP150の場合はフルサイズよりAPS-Cの方がよさそうです。

この網状星雲、ちょうど2年前にBKP150+D5000(改)で撮っていましたので、ちょっと比較してみました。

2016/08/09 BKP150+D5000(改)

Ngc6952

Koujyou02

2018/08/09 BKP150+D610(改)

2018_08_09_bkp150d610

Koujyou01

こうして比べると、やはり少しは進歩しているのではと思ってしまいます。

カメラの差、2年前のBKP150は、光軸調整もイマイチで、スパイダーの光条対策をしていないものですから、当然と言えば当然なのかもしれませんが、細部の表現や光条がすっきりしていることなど、調整の効果が見られることがうれしいです。

2018年7月 1日 (日)

FSQ85EDPとBKP150の画像比較

7月に入りましたが、相変わらず梅雨空が続いています。

予報では、今月の新月期までぐずついた天気が続きそうで、あまり期待が持てなさそうです。

今回は、表題のように手持ち機材の比較をしてみました。

この機材、特にBKP150の調整もほぼ煮詰まってきた感じがしてきたので、両者で撮った画像を比較してみました。

比較に使ったのは、三裂星雲です。

Bkpfsq_600

【上写真の元画像はここ】

FSQ85EDP(f=450mm)がD810(3,600万画素=7360×4912ピクセル)、BKP150がD610(2,400万画素=6000×4000)で撮影した三裂星雲がほぼ同じ大きさになるように切り出してみたもので、BKP150の方は若干縮小しています(この縮小が比較にどう影響するのかはわかりません)。

両方が同じ調子に仕上がっていないのは、私の画像処理のいい加減さのあらわれで、ご愛嬌です。

両者を使って、同じ1°×0.67°画角を撮影すると、
FSQ85EDP+D810A・・・・・1,610×1,070ピクセル
BKP150+D610・・・・・・・・2,190×1,460ピクセル
で、口径と焦点距離を含めてBKP150のほうが解像度の点では有利なはずなのですが、上写真の比較では、解像度的にはほとんど差がない印象です。

星は、さすがに口径差が効いてBKP150の方がより暗いものまで写っている感じです。

FSQ85EDP/BKP150の価格差は、ほぼ10/1ですので、BKP150が健闘しているとみるべきか、口径・焦点距離とも有利なはずのBKP150の性能が悪いとみるべきか悩ましいところです。

本当のところは、口径、焦点距離とも有利なBKP150の方がより高い解像感のある絵(見た目でもあきらかなくらい)を期待していたのですが・・・・。

次回以降、M16、M17をBKP150で個別にねらうつもりですので、また比較してみようと思います。

2018年3月24日 (土)

モーターフォーカサーのプログラム

私のモーターフォーカサーの記事で質問があったので、Ardiunoのプログラムについて説明とコードをアップします。

私のモーターフォーカサーの構成は、

モーター・・・SPG20(ユニポーラステッピングモータ 減速ギア付)

モータードライバー・・・L6470ドライバーキット(秋月電子製)

CPU・・・ATMega328(Arduino uno互換)

表示器・・・16桁×2行 LCDディスプレイ

と言うものです。

hayak001さんがもし私と同じモータードライバーを使っていて、動かないのであれば、たぶんL6470をコントロールするSPI通信かL6470のコンフィグを含めた初期化部分で問題があるのだと思います。

初期設定の部分です。

=============================================

  digitalWrite(RESET_Pin,HIGH);          // L6470リセットピンを通常に設定
  delay(200);                            // 念のための遅延
  digitalWrite(RESET_Pin,LOW);           // L6470リセット信号の送り出し
  delay(200);                            // 念のための遅延
  digitalWrite(RESET_Pin,HIGH);          // L6470リセットピンを通常に設定
  delay(200);                            // 念のための遅延

// L6470 初期設定の書込み
  L6470_RegW_2byte(0x18,L6470_CONFIG);   // L6470 CONFIG reg. set
  L6470_RegW_2byte(0x05,0x008a);         // 回転加速度 → 80rpm/sec2
  L6470_RegW_2byte(0x08,0x1000);         // 最低回転数 → 0 低速回転時最適化 ON
  L6470_RegW_2byte(0x07,FAST_SPD);       // 最大回転数
  L6470_RegW_byte(0x09,0xff);            // 停止時の最大電圧→12.0V
  L6470_RegW_byte(0x0a,0xff);            // 定速時の最大電圧→12.0V
  L6470_RegW_byte(0x0b,0xff);            // 加速時の最大電圧→12.0V
  L6470_RegW_byte(0x0c,0xff);            // 減速時の最大電圧→12.0V
  L6470_RegW_byte(0x13,0x0f);            // 過電流しきい値→ 6A
  L6470_RegW_byte(0x14,0x7f);            // ストール検出のしきい値→4A
  L6470_RegW_byte(0x16,0x05);            // マイクロステップ→1/32

====================================================

ここで、L6470_CONFIG =  0x0fa0としています。

英語のマニュアルに悪戦苦闘した結果で、正しいのかどうかわかりませんが、とにかく支障なく動いています。

参考になるかどうかわかりませんが、プログラム全体をアップしておきます。

SPI通信の方は、下のプログラムを見てください。

Focuser.zipをダウンロード

しろうとのプログラムですので、誤りもあるかもしれませんが、一応コメントもつけていますので、参考になればうれしいです。

2018年2月27日 (火)

モーターフォーカサーの製作

寒さは和らいできましたが、月が満ちてきて、まだまだ撮影はしばらくできませんので、暇つぶしみたいな工作を続けています。

今度は、モーターフォーカサーの製作です。

もう2年以上前に一度作ろうと思って回路を考え、基板も作成済だったのですが、荷物整理中にこれを見つけ作ってみました。

モータを始め、その他部品もすべて手持ちでしたし、動作プログラムも作っていましたので、2日ほどで出来上がってしまいました。

Dsc_0163
コントローラの内部です。

構成は、

  • モータ・・・・ SPG20(ユニポーラステッピングモータ 減速ギア付)
  • CPU・・・・・ATMega328(Arduino互換)
  • モータードライバー・・・・L6470ドライバーキット

です。

これを9Vの乾電池内蔵で動かそうと思ったのですが(電源コードがあると、取りまわしが煩雑)、モータードライバーが12Vの入力がないと動かないのをすっかり忘れてしまっていました。

結局、電源コード付きのコントローラになってしまいました。

モータは、手持ちで最小のものを使っていますが、ユニポーラ型で、モータードライバーはバイポーラ型用ですので、モータの6線の内の4線を使用して回しています。

Dsc_0168
BKP150に取り付けたところ。

Dsc_0171
接眼部への取付状態です。

接眼部抑え部分に4mmのアルミプレートを挟んで、位置合わせをしています。

接続してみると、モータ軸径は3mmなのに対して、ピント調整軸は3mmよりやや小さい(2.5mm?)ので、カップラがうまく付きません。

安いリジット型では偏心で変な力がかかってスムースではなくなってしまいます。

そこで、前にカップラを検討したときに偏心が大きくても変な力がかからない「ジョータイプ」があることを思い出し、これだけは新しく調達しました。

軸径3mm用を使ってしますので、偏心はありますが、比較的なめらかに動いており、変な力もかかっていないみたいです。

また、クラッチ機構は付けませんでしたので、モータを付けた時の手動ピント合わせできません。

さて、実際の使い勝手を試すために、月を撮影してみました。

M001
【撮影データ】
2018年2月26日
BKP150 直焦点(750mm)
QHY5P-II 1280×1024 500フレーム
Registax6でbest250フレームをコンポジット、ウェーブレット処理
30ショットをMSICEでモザイク合成

月齢10.6の月です。

【オリジナルの画像はここ】

使用した感じは、細かいピント調整ができ、ピント位置が数字で読めて再現性があり、かつ画面がぶれないので、じっくりとピントを追い込むことができますが、常用するかというとちょっと疑問です。

2017年12月28日 (木)

なかなか決まらないバラ星雲

12月21~22日の遠征でのBKP150+D610の2枚目の対象はバラ星雲。

ガイドはほぼうまく行って、6分露出×23枚138分と2時間越えの枚数を使って処理できたのですが・・・・。

Rose03_800
【撮影データ】
2017年12月21日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D610(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出360秒 × 23枚
SI7でフラット/ダーク補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整

【オリジナルの1/2画像はここ】

周辺星像がイマイチなのと、なぜか荒れが目立ちます。

BKP150+フルサイズでちょうどいい構図になっていますが、残念な結果です。

周辺星像については、後日ニワトリで確認したところ、最大の要因はやはり光軸調整がうまくいっていなかったことが原因みたいです。

これまで、調整が分かりやすいレーザーコリメータでの調整を主にしていたのですが、コリメーションアイピースでの調整でやってみたところ、格段に周辺星像が改善、星像の左右での非対象も解消しました。

原因はレーザーコリメータそのものが光軸が出ていないと言ういかにもまぬけな結論みたいです。

おかげて、やっとコリメーションアイピースでの光軸調整の方法が理解できたようです。

2017年8月25日 (金)

BKP150の改造/調整結果

今年のお盆休みは、月齢/天候とも合わず、遠征なしで終わりましたが、秋以降の遠征に備え、これまでの調整結果の検証撮影をニワトリでやって見ました。

<斜鏡スパイダーの改造>

20170205_1883

スパイダーの補強を兼ねた改造の結果です。

カシオペア座γ星(二等星)の映像です。

Dsc_0037

光条割れは出なくなりましたが、水平方向の光条が長くなっているのは、あまり改善していないみたいです。

まあ、この程度で手を打っとくべきなのかもしれません。


びっくりしたのは、最初に撮ったこの写真、あっと驚く斜めの光条が出ています。

Dsc_0034

なんで??? こんなものがでるのと思ったのですが、
ファインダー覗いていた時に、ほぼ電線に重なっていたこと、一瞬光条が見えたような・・・、を思い出しました。

多分この影響のはずと、撮影枚数を重ねると、案の定、何分か後に撮ったものでは出なくなりました、心臓に悪いです。

<光軸の再調整>
前回の周辺星像がひどかったので、再度入念に光軸の再調整をしました。

結果、D610のフルサイズでも以前に許容範囲とした星像近くまで改善できたと思っています。

まだ調整の余地が有りそうですが、泥沼になりそうなのでこの辺にしておこうかと・・・・。

<GPD赤道儀の調整>
7月に分解/調整したのですが、どうも赤緯軸のバックラッシュが大きいままです。

再調整が必要です。

2017年6月 4日 (日)

5月27日遠征 干潟・三裂星雲

今回の遠征のメイン対象の干潟星雲・三裂星雲です。

実は、この画角を導入する際にも問題が発生。

アンタレスを基準星にして導入したのですが、移動量の表示がなにか変、赤緯移動量が異様に大きく計算されている。

案の定、導入動作では、まともな位置にとまりませんでした。

幸い、この対象は明るくφ30mmのファインダーでも導入できましたので、事なきを得ましたが。 どうも、コントローラの計算ルーチンにまだバグが有りそうです。

M820800

【撮影データ】
2017年05月28日 小石原焼伝統産業会館
BKP150 + コマコレクター(F5用) LPR-Nフィルター
Nikon D610(改)
GPD赤道儀(自作2軸モータードライブ化)
D60mm L240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2 Guiding
ISO 2500 露出300秒×20枚(20/20枚)
SI7でダーク/フラット補正+コンポジット CaptureNX2で画像調整、回転、トリミング

【オリジナルの1/2画像はここ】

明るい干潟星雲ですが、なんとか白つぶれは少なく仕上げることが出来ているのでは、と思っています。

これもフルサイズ機D610の階調の大きさの恩恵ですかね。

前回、コントローラトラブルで不調だったガイドは順調で、5分露出の打率も20/20枚と好結果でした。

ただ、画像をチェックすると、周辺の収差が激しくV字型の星像になってしましていますし、光条が二重になってしまっています。

斜鏡スパイダー改造後の光軸調整がイマイチなのかもしれません。

要チェックです。

これでは斜鏡スパイダー改造の効果も判定できません。

ただ、フラット画像での等光度曲線をみると、偏芯は改善しているのではないかと思います。

1月2日撮影のフラット画像

3_01

5/28撮影のフラット画像

5_01

2017年2月18日 (土)

BKP150の調整(斜鏡スパイダー補強、接眼部補強)

だいぶ前になってしまいましたが、2月初旬の帰省は、月のめぐりも悪そうなので、懸案だったBKPの調整にやっと手を付けました。

まずは、光条対策を兼ねた斜鏡スパイダー補強です。

やり方として色々と考えてみたのですが、私の工作レベルからすると実際にできることは限られており、

  1. スパイダーの薄い鉄板を1.5mm厚のアルミ板で置き換える。
  2. 現在のスパイダーに両側からアルミ板を張り付ける。

くらいしかなさそうでした。

1.については、1.5mm厚でL字のアルミ材料が手持ちであったのですが(昔作った自作パソコンのケースをバラして部品取り)、スパイダー先端のネジ部とのつなぎの工作が難しそうで、私の手に余る感じだったので、結局は簡易な2.の方法としました。

当て板の厚みは1.5mm、これを金属用接着剤(セメダイン メタルロック・・・2液型)で両側から張り合わせて補強としました。

ただ、取付部のL字部および棒ネジとの接続部分はオリジナルの0.5mm厚のままですので、どれほどの補強になるのか、まあ、スパイダーの直線性が出て光条がきれいになれば、よしとすることにしました。

20170204_1881

接着したアルミは、強固に付いている感じですが、鉄とアルミでは熱膨張率が違いますので、いずれ剥がれてしまわないか心配でした。

そこで、最低限はがれても鏡に落下しないよう孔をあけて、ビス止めして、万が一剥がれたときも主鏡に落ちて傷がつかないようにしようと思いましたが、この鉄板(0.5mm)、通常の鉄用ビットでは歯が立たず、孔あけは断念、落下予防策なしとなっています。

※2/28追記
これは、とんだちょんぼ、ドリルの回転を逆でやっていたことが後日判明。なんともはずかしい限りです

次は、接眼部補強の補強です。

BKP150は、ファインダー脚の取付部には補強の裏板が入ってしますが、接眼部にはなにも入っていません。

そこで、接眼部に裏板を当てることとし、厚さ2mmのアルミ板を当て板として用意しました(ファインダー脚の取付部も一枚の裏板としています)。

これを鏡筒の内側に当てれるようにφ180mm程度の曲率に曲げるのですが、2mm厚のアルミ板は結構曲げにくく、金槌でたたいて少しづつ曲げて現物合わせしました。

20170204_1878

たたく際は、木の板の上でやったのですが、鉄パイプみたいに曲率があるものを下にして叩いた方がよかったのかもしれません。

また、前に筒先内側に入れたVU150の接続管を利用した補強リングを、接眼部を挟んだ奥側にも1本いれてみました。

接眼部の取付ボルトも2mm厚の補強板ですので長さが足りなくなり、M4 L=25mmのものに交換しています。

以上の工作は終わったのですが、仮組付けしただけで、光軸調整、試写はできていません。

20170205_1883

根本的な対策にはなっていない気がするのですが・・・・・・。

2017年1月20日 (金)

BKP150とD610の組合せ

新年最初の遠征撮影は、BKP150とD610の組合せをためしてみました。

昨年夏に同様の組合せでの撮影では、光軸調整、ピントとも甘い撮影だったこともあり、星像の流れや変形が酷く、BPK150+コマコレクター(F5用)でのフルサイズ機での撮影は無理かと諦めかけていました。

今回の撮影は、光軸調整、ピントともそこそこにはできており、結果、四隅の星像の若干の流れを除けば、ほぼ許容範囲と言える撮影ができる目処がたったと思っています。

星像の状況を示すため、6000pic×4000picの画像の1枚ものの中央部800pic×500picを切り出した絵に、縁の部分の四隅と上下端、左右端中央の250pic×150picを切り取って張り付けたものです。

<昨年夏時点>

610_non

調整不良時画像は目も当てられませんでした。

<今回遠征時>

610_yes

今回の画像は、四隅端を除けば、私の評価基準では許容範囲内の収差像です。

※四隅部の収差星像が若干非対称になっており、まだ調整を詰めれそうな感じです。

D610の高感度ノイズはD5000に比べれば、比較にならないほど少ないですから、この組合せを積極的に使っていこうと思います。

BKP150+コマコレクター(F5用)=6万円弱であることを考えれば、まだ調整余地は有りそうですし、十分元はとれる水準じゃないかと。

それと、D5000とD610は、画素ピッチが同じですので、この組合せで、ASP-Cサイズを基準にすれば、500mm/750mm(フルサイズ換算で750mm/1200mm)の2つの焦点距離を対象によって使い分けることができるのです(高感度ノイズの差は相当ありますが)。

2016年11月 7日 (月)

私的光軸調整手順の検証

11月初旬の新月期、飛び石連休を利用し2~6日を休みにして帰省し、2日と4日に近場へ遠征しました。

結果は、2日は午前1時頃から曇りとなり、3時頃には撤収となってしまいましたが、4日は、午前1時~2時過ぎまで雲が流れたもののその後回復し、ほぼ1晩撮影できました。

例によって撮影中には色々あって、予定どおりとは行きませんでしたが、まあ~何とか目標の半分くらいは撮影できたのではないでしょうか。

まずは、登るオリオンのワンショット。

0658【撮影データ】 2016年11月2日 小石原伝統産業会館

Nikon D7100 AF-S DX Nikkor 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18mm f5.6 ISO 2500 20sec

画像処理はまだ半ばですので、取り敢えず、前回掲載した光軸調整の手順の結果から。

焦点外像の中心像と四隅のものを挙げておきます。

1_01そこそこ良い状態ではないかと思っているのですが、スパイダー隠しがうまくいかず今回は取り外して、オリジナルの状態としています。

また、いつのまにか、合焦位置がドローチューブを一番引っ込めた状態から10mmほどの位置になっており、5mmほどは余分かと思います。

主鏡の位置を奥に移動させた方が有利のはずですので、次回スパイダーの改造時にやりたいと思っています。