02 パソコン Feed

2015年2月15日 (日)

カメラをパソコンから制御

天体写真を撮影する際にパソコンで画像を確認したい、できれば制御もしたいと思い、色々調べて、Nikon純正の「Camera Control Pro2」の購入も検討していたのですが、その値段、長時間露出(Bulb)の制御が今一つ不明で躊躇していました。

ところで、調べていた最中に「DigiCamControl」なるフリーソフトを見つけました。

このDigiCamControl、実際に導入してみると、なかなかの優れものです。

D610で試しただけですが、カメラの撮影に関する機能のほとんどをパソコン側から設定して撮影することができ、ライブビューでの撮影も可能です。

肝心のBulbの機能ですが、これも天体撮影用のモードがあり、露出秒数の設定、ISOの設定、撮影間隔、撮影枚数の設定が可能で、画像データの保存もパソコン側、カメラ側が選択可能と、ほぼ完璧です(惜しむらくは、ミラーアップ機能は使えません)。

また、スクリプトにも対応しており、

<loop loopcount="10">

    <wait time="5"/>

    <bulbcapture capturetime="30" iso="1250"/>

    <wait time="5"/>

    <bulbcapture capturetime="60" iso="1000"/>

    <wait time="5"/>

    <bulbcapture capturetime="120" iso="600"/>

<loop />

とすれば、多段露出や感度を変更した撮影も可能です。

これで、ほぼ私が必要とした機能は満足しています。

色々試写してみましたが、待ち時間を短くするとシャッターが動作しない場合があり、5秒程度は必要でした。

なお、このBulbモードは、

D3300,D5200,D5300,D600,D610,D7100,D800,D810,D4

のみとなっており、残念ながら私の天体写真撮影のメイン機D5000は非対応です。

どうも、この対応-非対応の分かれ目は、カメラをBulbに設定した場合にレリーズ端子からのみレリーズ信号を受け付けるカメラか、USBからのコマンドでも可能なカメラかの差みたいです(英語力が不足で確信がありません)。

これで、高いCamera Control Pro2を買わなくて済みましたので、浮いた資金で、遠征用PCのLet'sNote CF-T2をCF-W8に更新しました。

さすがにXPでは、インストールできないソフトも増えてきましたので、Windows7機にした次第です。

今は、横長型ディスプレーでない機種は、中古価格も安めでCD/DVDドライブ付き、メモリを4Gへ増設して15,800円也でした。
 

2012年10月19日 (金)

Let's note CF-T2へのWattOS R6の導入

今日は、パソコンのLinux系OSの導入記録です。
今年の夏手に入れた、ノートパソコンでなにかしたいと、最近、ネット検索で「Ubuntu」なるLinux系OSのことを知り、これがCD又はUSB起動で動くことから、扱って見たくなり、試してみた経過です。

まず、
導入したパソコンの概要
・Let' note CF-T2 DW1AXS
・pentium M 1.1GHz
・RAM 512に増設
・HDD SSD64GBに換装
この機種はCD/DVDでの起動は可(BIOSの設定でレガシーUSBを「有効」とすること)
USBメモリでの起動は不可

起動用CD/DVDユニットはATAPI版内蔵タイプ
これをIDE→USB変換器(UD-303SM SDD換装時に使用した手持ち、IDE用電源アダプター付き)
で接続することに。

Ubuntuの日本語パッケージを「ubuntu japanese Team」のサイトから 12.04 日本語Remix CDイメージで入手
isoイメージ書込用にいろいろ探したのですが、なんとWindows7では、もともと出来るとのことにたどりつくまで時間を浪費してしまいました。
Windows7での手順・・・対象ファイルを右クリック→「ディスクイメージの書込」で可。

さて、Ubuntu ver.12.04をCD起動すると途中で止まり、CPUが対応していないとのメッセージ。
結論は、このバージョンではインストーラがCPUのPAE(物理アドレス拡張→4GB越えのメモリーサポート)対応が必須であり、PAE非対応CPUは下位バージョンでインストール後、バージョンを上げるという手順が必要とのこと。
そこで、現在有効な最下位バージョン10.04で試行するも、CD起動はできるものの、画面が暗転し、不可(多分画面表示周りの不都合)。
Ubuntu 12.04のインストールは断念することにしました。

つぎに、Ubuntuベースでは、軽量でノートPC向きとされるWattoOSの導入を試行。
「ライブCDの部屋」で提供されているWattoOS-R6x86-jpで起動を試してみました。
これが、なんとも拍子抜けするくらいノートラブルで起動、ネットワーク(確実を期すため有線LANで試行)もつながりました。
USBメモリーのアクセス、動画の再生等を試し、何ら不都合もなくうごきました。

そこで、ハードディスクにインストールすることにしたのですが、これも極めて簡単で、WindowsXPの環境を残したままインストールが可能で、インストーラが勝手にHDDのパーテーションを切り分けてデュアルブートを設定してくれました。
最近のイストーラは、至れり尽くせりですね。

これで、HDDから起動し、有線LANを使用した環境は出来上がったのですが、せっかく無線LANがあるのでこれを使いたいのですが、WindowsXPの環境でも、内蔵無線LANのドライバーのアップデートに失敗したらしく、内蔵無線LANを有効にすると、数分でブルーバック→再起動する状況で、安直にUSB無線LANのPLANEX GW-USNano2-Gを使用していました。
このUSB無線LANはさすがにWattoOSでは認識できていませんので、内蔵無線LANをなんとかしようとドライバーを再度インストールすることにしました。

NECのサポートページから当該アップデートをダウンロードし、今回は手順書どおりに再インストールを実行。
深く考えず「無線LANユーティリティ(PROSet)」をインストールする、で実行したところ、ホスト側は表示されるものの認証用パスワードの入力がうまくできない(文字数の制限)トラブルが発生・・・私の知識不足だとおもいまが。
でも、過去つながったことがあったはずだと思い、このユーティリティを削除し、ドライバーだけ導入したところ、あっさりつながり、安定して動くようになりました。

これをもとに、WattOSで起動し、無線LANの設定(をすると、有効な無線LANを一覧表示してくれませんので、SSIDからの入力が必要でしたが、いともあっけなく無線LANで接続完了となりました。

当パソコンで試行の結果
Ubuntu 12.04・・・・起動不可(そもそもCPUが対応していない)
Ubuntu 10.04・・・・起動の途中で画面暗転
AVLinux 6.0・・・・ 起動するも、文字化け多い
WattoOS R6・・・・・起動・インストールとも問題なし
です(これはあくまで、不勉強な私が試した結果)。

現在の不都合点・・・WattoOSでは、本体内蔵のSDカードスロットは認識できない(USBに指したSDカードは可)。

追記;Windows7のディスクトップ機のドライブもファイル共有をWindows側で設定するだけで、問題なくアクセス可能でした。

とにかく、気がぬけるほど問題なく、やりたいことがすべてできましたし、動きも軽快です。

2012年7月 9日 (月)

Let's note CF-T2 のSSD換装

中古で手に入れたノートパソコンのHDDをSSDに換装しました。

目的は、速度もありますが、対故障性の向上が第一です。これによって機械的に動く部分はキーボードだけになって、衝撃を含め大幅に改善できるのではないかと思っています。

換装自身は、もうお定まりの手順で、ネット上で多くが公開されていますので説明ははぶきます。

うまくいった事例として掲げておきます。

パソコン

Panasonic Let's Note CF-T2 DW1AXS

pentium M 1.1GHz

RAM 512に増設済

換装したSSD・・・CFD CSSD-PMM64WJ2(64GB)

コピーツール・・・EASEUS Partition Master Home Edition v.9.1.1

コピーツールでディイスク全体をコピー後、ハードの入れ換えを実施。

このコピーツールは、起動ディスクの作成をせずに行えるのが味噌です。

※手順中の障害事項

EPMでディスク全体のコピーを設定した後、再起動し、実際のコピーが実行されるのですが、最初は、再起動時にBIOS読み込みで停止し、それ以降に進まない症状が発生。

これはBIOS設定で「レガシーUSB」が「有効」になっていると出る症状で、USB接続の機器からのBootをするためでした。

Boot順序を「ハードディスク」を「最初」に設定しても症状は改善せず、上記設定を「無効」にすることが必要でした。

それ以外は、極めて順調で、このSSDは「ピン折り」も必要なく、購入姿のままでインストールできました。

起動、再起動とも現在のところなんの支障もなく動作しています。

速度テストの結果を載せておきます。

Crystadiskmark
HDD時の値は取り忘れましたが、おおむね4~8倍程度の数値を記録しています。

<お定まりの文言>

これはあくまで私の場合の結果の報告です。各自自己責任で判断してください。

2012年7月 1日 (日)

ノートパソコン

遠征して天体写真撮影をやるために、ノートパソコンを物色していたのですが、「Let’note CF-T2」を1万円(正確には9,999円)で手に入れました。

Panasonic_lets_note_cft2

それなりに使用感はあるものの、比較的しっかりしていて、スペックの割にキビキビ動きますし、ハードディスクもエラーチェックにかからず、心配したバッテリーも十分実用範囲内(3時間以上は可動か)です。

xpだとこの程度のスペックでも十分動くものですね。
ちなみにCPUは初期型の0.9GHzではなく、1.1GHz版です。

唯一メモリーだけ増設します(中古品1,800円 まだとどいていませんが、うごくかな?)。・・・さすがに256MBでは、少なすぎでしょう。

これは、天体写真撮影で遠征したときの撮影画像確認用です。

ハードディスクは40GBなんですが、この機種ではSDカードスロットが付いていました。

時期的にSDHC対応ではないのですが、これは、ネットからの情報で他社ドライバーのインストールで読めるとの情報を得て、早速インストールしたところ、支障なく読めるようになりました。

これで、40GBハードディスク + 32GBSDメモリー(手持ち分)の構成になりました。

データ領域には十分でしょう。

ネットの情報に感謝です。「Let’note SDメモリー」で検索すれば、情報が得られます(このブロクでは、リンクを張らないことにしていますので)。

しかし、このパソコン、小さく軽いですね。ハードが根をあげるまで使えそうです。

※ほんとうは、IBMのthinkPadがよかったのですが、中古屋で1万円のもの2台を見つけておいて、翌日にいったのですが、もう先客があって2台とも売れてしまっていました。

でも、デザインと軽さではこちらがよかったのかなと思っています。

ちなみに、私の所有したパソコンでは、FM-TOWNS以来の”Intel in it” のパソコンです。

私のパソコン歴の中で2台目のノートパソコンですが、1台目のVAIO(私的には全くの不評のパソコン)はAMDでしたし、ディスクトップはすべて自作機ですので当然全部AMDのCPUです。

2012年4月10日 (火)

japanist2003

最近忙しかったので、ご無沙汰でしたが、前にも書いた私の日本語環境に欠かせない親指シフトが使えるかな漢字変換ソフト「Japanist2003」のWindows7 64bit環境用が期待に反して(?)、無償アップデートで提供されました。

これで、当分の間は、慣れ親しんだ親指シフト+OAKかな漢字変換から乗り換えの必要なく過ごせそうです。

本当に富士通さんに感謝、感謝です(9年前に発売したソフト・・・たぶん売り上げもさほどでなったとおもう・・・サポートを継続していただけたのですから)。

無事アップデートも終わり、この文章も親指シフトで快適に書いています。

2012年3月 3日 (土)

パソコン環境

今日は、わたしのパソコン環境について書きます。

私のパソコン(自宅の常用中のもの)

CPU AMD Phenom II X6 1100T 3.3GHz

Matherbord GA990FXA UD3

ビデオカード SAPPHIRE HD6790

メモリ  DDR3 PC1600 2GB×2 + 4GB×2 計 12GB

TVキャプチャ PIX-DT090-PE0

モニタ  IO-DATA 19inch 21.5inchのマルチ

キーボード・マウス Logicool K260

電源  Corsair TX750M

ケース  ZALMAN ATX Mid Tower Z9

OS Windows 7 HomePremium8 64bit版をインストール

と言う如何にも中途半端な、みる人がみるとこれでなにをやってるのという代物です。

特にビデオカードは、私が買ったあとすぐに市場から消えてしまいました。

ただ、いろんなものに、こだわり(単にへそまがりなだけ?)がある私としては、CPUは自作を始めてい以来、AMD K6からずっーとAMDだけでとおしています(今のCPUで何台目になるかわすれましたが)。Intel入ってない!!

もう一つのこだわりが、親指シフト入力+OAKかな漢字変換で、長らく親指シフトキーボードを使ってきていましたが、2年ほど前に最後のキーボードが壊れて、現在はJISキーボードでの親指シフトエミュレータです。

FM-TOWNSで親指シフトキーボードを使い始めて以来、会社でも自宅でも一貫してこの環境で使い続けてきました。

私の場合、文章を打ち込む際にローマ字打ちは決定的にダメなのです。

文章を頭の中で思い浮かべる→頭の中でローマ字に変換する→アルファベットを打つ・・・のプロセスは文章に対する思考を中断してしまうやっかい者でしかありません。

会社ではいまだにXPの環境ですので問題なくIMEとしてJapanistを使用できるのですが、昨年自宅のパソコンが壊れた際、電源のトラブル+HDトラブルでOSの再インストールが必要になり、この際とWindows 7に乗換えたまではよかったのですが、なにを血迷ったか64bit版をインストールしたため、Japanistが使えない(=親指シフトエミュレータが使えない)環境にしてしまいました。

幸い富士通さんが64bit版の体験版をリリースしてくれたおかげで、現在なんとかかな漢字変換の環境は私ごのみに保たれています。

ただ、この64bit体験版の使用期限が3月31日までです。

普通に考えるならば、たぶんその時点でJapanist2012(64bit対応版)がリリースされるのではないかと大いに期待しています。

ただもう9年間もバージョンアップしなかった(アップデートは随時おこなっていた)ソフトで、たぶん利用者も少ない(ただし熱烈な支持者はいる)ソフトですので、あまり期待せず、吉報を待ちます。

富士通さん、あなたの作った親指シフト+OAK環境を使用し続けたユーザがいることをわすれないでください。

なにか後半は親指シフトへの要望になってしましましたが、これが私がこのブログを書いているパソコンの環境です。