20 日常の記録 Feed

2016年7月31日 (日)

D610改造機が到着

先週出していたD610の改造が出来上がりましたので、取りにいきました。

Dscn0025

D610Aなんてロゴをつけたいところですが、赤外フィルタの交換ですから、当然、外見はなんの変化もありません。

交換した赤外フィルタ

Dscn0016

元に戻すとき必要ですので大切にと言われたのですが、多分もとには戻さないでしょう・・・・。

まずは、普通の写真でどれぐらい撮れるのか試したいところですが、連日の暑さで億劫になってしまいました。

つくづく思うのですが、天体写真撮影の場合、

高速シャッターはいらない、バルブだけでいい。
AF/AEいらない、ミラーなしでいい。
画像処理いらない、RAWだけでいい。
ローパスフィルターいらない、Hα光透過赤外フィルタだけでいい。
ですよね。

Fマウントに撮像素子を付けた箱みたいなものでいいんですが、カメラメーカーが作るとD810Aみたいな高価で中途半端なカメラになってしまうんですよね。
でも、これって、天体写真撮影用CCDカメラそのものですね、冷却機能付きですがうん十万円になってしまいます。

改造してしまいましたので、いままでローバスフィルターの清掃はサービスセンターに依頼していましたが、これからはセンサーのゴミ取りは、サービスセンターに依頼することができませんので、自分でやるための練習が必要です。

なにはさておきフルサイズ機でどんな天体写真がとれるか楽しみです。

夏休みに何回撮影のチャンスがあるのか不安ですが・・・・・。

なにはともあれ、夏休み撮影への出陣の準備は、ほぼ完了です。

撮影対象をどうしようかとか、色々瞑想を楽しんでいます。

2016年5月17日 (火)

毎年恒例の来客と小さな驚き

今年のゴールデンウィークでは天体写真の方は、成果なしでしたが、毎年我が家にやってくる恒例の来客は、今年もやってきました。

150芍薬やバラが咲くと、必ずこの青ガエルがそこにもぐり込んできます。

多分花に寄ってくる虫を狙っているのだと思いますが、なんともかわいい姿です。
家内もこれが好きみたいで、結構写真に撮っています。

小さな驚きは、このジャーマンアイリスです。

152このジャーマンアイリスは最初家の東側の軒下に植えたのですが、育ちが悪かったので、南側の花壇に移して次の年の去年は、大きな白と青の花が2~3つづつ咲いた程度でした(連休中は白花が咲き、青花は連休後の開花)。

ところが今年は、大きく茂り、数多くの花が咲いたのですが、さらにオレンジ色の花まで咲いたのです。

球根をかったのは大分前でしたので、オレンジ色を買っていたことは忘れてしまっていたので、うれしい驚きです。

151

今年は、青花も連休中に盛りとなり、十分に楽しませてもらいました。

149

2015年12月 5日 (土)

横浜の夜景

今日も天気が良く、温かかったので、横浜の夜景、それもランドマークタワーの展望台にいってきました。

132 遠く、東京方面で、東京タワー、スカイツリーもかすかに写っていますが、縮小する過程でほとんどわからなくなってしまっています。

133 横浜駅方面です。

134 大桟橋方面です。

三脚が使えるとの情報で、ミニ三脚を持参しましたが、ガラス越しの展望台の欠点の様々な映り込みが激しく、なかなかチャントした絵になりません。

それと、ランドマークタワーが周りに対して、はるかに高いため、立体感に欠けてしまいがちです。

とにかく天気がよく、12月とは思えないあったかい一日でした。

冬の関東地方は冬型になると安定した晴れが続くのですが、こちらでは天体写真は撮れませんし、ホームグラウンドの福岡は、九州でも日本海側ですので、これからはあまり天候に恵まれません。

来週末は、新月期になりますので、帰省の予定ですが、どうなることでしょうか。

2015年11月29日 (日)

紅葉を撮りに近場へ

この週末、あまりに天気がよかったので、久しぶりに新宿御苑へ紅葉を撮影に行ってきました。

20151128_2892 天体写真ではない写真を撮るのも、本当に久しぶりで、カメラをぶら下げ、数時間散策しただけで、手が疲れてしまいました。

肝心の紅葉には、まだ若干早く青葉が多くて、なかなか絵になるものが見つかりません。

20151128_2845 

20151128_2897

20151128_2927

前の写真を見返してみると、一昨年に新宿御苑で11/30に撮った写真は、ほぼ紅葉の盛りでしたので、今年はちょっと遅いのかもしれません。

2015年11月15日 (日)

さようなら ラルゴ

我が愛車の日産ラルゴ、平成4年に新車で購入して以来、5年前にただで譲り受けた2代目に換わりましたが、実に23年間我が家の足となってきてくれましたが、とうとうお別れすることになりました。

 02 

思えば、川崎市在住の時にわが家の初代愛車の日産シルビアの後継として来て以来、私の転勤に従い宝塚へ、福岡へと移動し、その間色々とトラブルもありましたが、よく走ってくれました。

2代目は、車歴13年で譲り受けたのですが、走行距離は6万kmと少なく快調とはいえないまでも、この5年間よく走ってくれました。
最近は、さすがに各部の劣化が目立ち、また燃費の悪さ(6km/㍑)を含めた維持費もかかるので、愛着はあるのですが、とうとう替えることを決心した次第です。

そこで、この記事を書こうと昔の写真を探してみたのですが、全く車の写真がありません。
唯一去年春の清和高原天文台へ遠征の時撮ったものがあっただけです。
なんかラルゴに悪いとは思いますが、今度帰省した時にはもう我が家からはいなくなってしまっていますから、改めて撮ってやることもできません。

我が愛車の日産ラルゴ、ほんとうにありがとう。

次は、コンパクトカーへ一気にダウンサイジングです。

2014年11月30日 (日)

秋月の紅葉

この前の連休は、土日とも夜の天候は申し分なく、新しい赤道儀の試写にはもってこいだったのですが、ピリオディックエラーは予想以上に大きく、ものはためしと丸1日、エージングを行った後、今度は、原因不明の短い周期の不規則なふらつきが発生するなど、散々な結果で、解決は年末・年始休暇に先送りの状態です。

日曜日には、久々に秋月に行ってきましたので、その時の写真をアップしておきます。
 061_2D610 AF Nikkor 18-35mm F3.5-4.5D
058D610 AF Nikkor 18-35mm F3.5-4.5D

060D610 Ai Nikkor ED 180mm F2.8S

059D610 AF Nikkor 18-35mm F3.5-4.5D
秋月城址は紅葉のピークで人出は多く、残り6kmを1.5時間くらいかかる大渋滞に遭遇してしまいました。

最後の駐車場への進入がほとんど動かず、通常の駐車場ではなく、裏手側の臨時駐車場に廻ったところ、すんなり入れ、これならば過去に仕事で使った甘木IC→寺内ダム側からのルートを使えばもっと楽だったかもしれません。

また、出発間際、妻のD7100を引っかけてテーブルから落下させ、妻からは非難轟々、一瞬顔面蒼白になりしましたが、幸いレンズフードがクッションになってくれて本体に異常はなく、ホッとした次第です。

でも、レンズフードは、レンズ先端に斜めに食い込んだ状態で、にっちもさっちもいかず無理に引っ張るとレンズを痛めそうなので、やむなくニッパで切断、新品との交換(交換費用1,900円也)となってしまいました。

秋月では、二人で紅葉をパチリパチリと撮影(人、人、人で建物などを入れた撮影はままなりませんでしたが)、十分に秋の秋月を楽しめました休日でした。

2014年4月 2日 (水)

春、本番

今年は、3月中旬まで寒い日が続きましたが、さすがに彼岸をすぎると暖かい日が続くようになり、春、本番です。

その彼岸の連休で、帰省したとき、天体写真撮影にプチ遠征をしたのですが、これが散々な結果です。

まず、24mm+D600で冬のダイヤモンド(NHKでやっていたののパクリです)を狙ったのですが、24mmを持ってきたはずが、なんと28mm、画角的には24mmでギリギリだったので、当然28mmでは、入りません。

28mm+D5000で変哲もないオリオン座となってしまいました。

015撮影データ D5000+Ai Nikkor 28mm F3.5 F8 ISO1000 180sec 12枚

また、しし座とぎょしゃ座のメシエ天体を狙って180mmで撮影したのですが、後でみるとなにか暗い・・・それもそのはずです偏光フィルタを付けたまま撮っていたのです。

寒い中、3時間以上粘ったのに、涙、涙です。

唯一の救いは、自作したタイマーコントローラが、撮影中異常なく動作したことでしょうか。

東京に戻った週末は、温かく、一気に桜も咲き進みました。

日曜日(3/30)は荒れ模様との予報で、前日に新宿御苑にいったのですが、桜は5~7分咲き、人はあふれんばかりで、早々に切り上げました。

今回は、私の持っている唯一のズームレンズで、手抜き撮影です。

018撮影データ D600+AF Nikkor 28-105 F3.5~4.5D 簡易マクロでの撮影

とにかく人出が多いので、引いた写真は、絵になりません。

019撮影データ D600+AF Nikkor 28-105 F3.5~4.5D

ハナニラです。これも簡易マクロでの撮影です。

020撮影データ D600 + Ai Nikkor ED180 F2.8S

名前は知りませんが可憐な花です。

016撮影データ D600+AF Nikkor 28-105 F3.5~4.5D 簡易マクロでの撮影

コブシの一種だと思います。

今週末まで桜が持てば、またどこかに出かけてみたいと思っています。

続きを読む »

2013年5月12日 (日)

散策、草花、接写

春真っ盛りの中、最近は、近場にカメラを持参で出かけ、草花の接写にはまっています。

この連休中も、新宿御苑、三瀬村、近くの公園などに出かけては、そこら辺の草花をとってきました。

使用しているレンズは、AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8です。

20130424_13306_2
マクロ撮影には、定評のあるレンズで、等倍までの撮影が可能です。

以下は、すべてこのレンズでの写真です。

20130427_13366_2
F8.0 1/2000sec ISO200  新宿御苑にて

20130427_13375
F4.0 1/2000sec ISO200  新宿御苑にて

20130427_13428
F5.6 1/1250sec ISO200  新宿御苑にて

20130427_13493
F14.0 1/100sec ISO200  新宿御苑にて

20130429_1112
F5.0 1/1250sec ISO200  三瀬村にて

20130501_2381
F4.0 1/500sec ISO200  自宅近所の公園

20130502_2577
F5.6 1/1250sec ISO200  八所宮の藤棚
ここの藤棚は、大きく、中々見応えがあるのですが、あまり知られていないのか、人出は少なかったです。

このレンズ、私の使用感としては、確かにマクロレンズではっきり、くっきりなのですが、ボケはソフトとは言えず、背景の整理し、単純化しないと対象が浮き立たないです。

また、マクロ撮影ですので、ピントはシビア、AFである程度合わせたあと、マニュアルで狙いの位置に微調整して、とっているのですが、いつでもピントリングが動かせるのが便利です。

とにかく、マクロ撮影は難しく、中々これはという写真が撮れません。

カメラを持って散策していると、今まで気づかなかったものが目に入り、いろんな撮影対象が見えてくるのはなんとも楽しい限りです。

残念なのは、草花や昆虫の知識が貧弱で、ほんとんどのものが名前がわからないことです。














2013年5月10日 (金)

私んちのバラ

今年のバラは、天候不順と言うか、記録的な低温と高温の連続で、全体的にはやや開花が遅くなっている感じです。

うちのバラで最も早咲きのパット・オースチンがやっと連休中に咲き始めました。

20130505_13830
D600+AF-S MicroNikkor 60mm F2.8 F3.2 1/320sec ISO200

この独特の色が好きなんですが、花持ちは悪く、2~3日でしおれてしまいます。

次は、私が初めて買った2本のバラ(クリスチャンディオール、紫雲)で、ほとんど手入れもせず、消極的無農薬栽培(ズボラなだけ)のためか、なかなか良花には巡り会えません。

20130505_13822
D600+AF-S MicroNikkor 60mm F2.8 F3.2 1/250sec ISO200

20130505_13865
D600+Ai Nikkor 24mm F2.8S F4.0 1/4000sec ISO200

次は、我が家一番の暴れもの、モッコウバラです。黄花と白花がありますが、今年は明らかに遅咲きで、連休中は例年剪定作業に追われるのですが、今年はまだまだ見れる状態でした。

20130429_1090
D600+Ai Nikkor 28mm F3.5 F4.0 1/125sec ISO200

今年は、10連休が取れたこと、連休中の天気が良く、また黄砂現象がなく、この季節にしては空が澄んでいたので、目一杯写真撮影を楽しみました。

パット・オースチンを初め、イングリッシュローズを9種類植えているのですが、例年満開の時に自宅に帰れなくて、見頃を外しているのですが、今年はなんとか帰れるかもしれず楽しみにしています。

2013年3月24日 (日)

春・・・桜

今年の桜、開花が観測史上2番目に早いそうで、週末(3/23)で、東京の桜は満開です。

どこに録りにいこうかと、迷いましたが、結局地の利のある近所に出かけてみました。

20130323_12152
D600 Ai Nikkor 24mm f2.8s ISO200 1/50s f11 C-PL使用

川崎市生田緑地の枡形山山頂です。ここの桜は、撮影時点で7~8分咲きというところですか、そこそこの人出でした。

C-PLフィルター、最近買ったのですが、どうもイマイチ効果的な利用方法が習得できていません。暗くなって、シャッター速度が落ちることを相殺する利点が引き出せていないです。

20130323_12193

D600 AF Micro Nikkor 60mm f2.8G ISO200 1/320s f8.0

マクロ撮影を含め、桜のような小さい花が密集したものの撮影では、ピント位置をどこに取るのか、なかなかうまくいかないものです。

この公園は、丘陵になってたくさんの木々がありますが、芽吹きの早いカエデが芽吹き始めています。

20130323_12299_3
D600 Ai ED Nikkor 180mm f2.8s ISO200 1/320s f4.0

この柔らかい緑がなんともいえず、好きです。目立たない花がいっぱい付いています。

この写真、前回のブロク(パンスターズ彗星)の写真とも、180mmレンズなんですが、これについては、改めて書きたいとおもいます。

日溜まりには、スミレが可憐な花を咲かせています。
20130323_12252
D600 AF Micro Nikkor 60mm f2.8 ISO200 1/40s f11

このくらい絞った方が、全体の画面構成的にはよさそうです。

生田緑地の桜がどうもイマイチなので、宿河原の方へ回って見ました

20130323_12339
D600 Ai Nikkor 24mm f2.8 ISO800 1/320s f8.0 C-PL使用

20130323_12366_2
D600 Ai Nikkor 24mm f2.4 ISO800 1/1250s f2.8 C-PL使用

20130323_12231_2
D600 Ai Micro Nikkor 180mm f5.6 ISO200 1/250s f5.6

ここは、用水路沿いに地元の人が植えた桜が見事な並木を作っています。

撮影時点で満開です。

用水路沿いは、よく整備され、テラス状の遊歩道があり、絶好の花見場所になっています。

大変な人出ですが、車が入り込まない、用水路の整備がよいことで、狭さを感じさせない印象でした。

桜の散り頃は、水面に花びらが落ちて、見事ではと思いました。