19 園芸 Feed

2018年8月12日 (日)

8月の出撃は、年甲斐もなく連荘!!

前の記事に書いたとおり、8月9/10、ちょっと雲が出そうなGPV予報だったので、9日午前中には、中止のつもりでしたが、その後は、台風14号の影響もあって天気が悪くなりそうでしたので、急遽出撃を決め、いつもの小石原焼伝統工芸館駐車場へ、スタートが遅かったので、いつもより遅め(20時頃)の到着でした。

3台出しの設置を完了、まだ雲が残っていたので、天気待ちで、とりあえずM27へセットし撮影を開始しました。

雲が取れてきたので、FSQ85をセット、撮影のための基準星を導入してピント合わせのために、DigiCamControlでライブビューを、と思ってもつながらない。

カメラにバッテリーが入っていません。

バッテリーを入れようと探し始めてみるといやな予感、カメラ用のバッテリーを忘れてきてしまっていました。

もう一台のD7100にもバッテリーが入っていません。

結局、D610に入っていたバッテリーだけで、これではどうしようもありません。

結局BKP150+D610で、バッテリーの続くかぎりの撮影で、2時前には終了となり、予報に反して雲一つない夜空のもと撤収となってしまいました。痛恨のミスです。

明けて10日、どうも予報は盆明け以降はぐずついた天気になりそうで期待薄、10/11日も雲が出そうでしたが、透明度はそれほどでなく、雲も出そうでしたが、あえて連荘となりました。

さすがに、昼間に寝ていたとはいえ、連荘は体に応えてしまい、まだほとんど画像処理ができていません。

とりあえず、2日目(10/11日)に固定撮影で連続撮ったのを明合成したものと、タイムラスプをアップしておきます。

20180811_01

Output_comp_003_180811_1043_01_2
【撮影データ】
2018年8月11日 小石原焼伝統工芸館駐車場
AF Nikkor 18-35mm f3.5-4.5D(f4.5)
Nikon D7100
ISO 6400 露出10秒 × 204枚 (15sec間隔)
SiriusCompで比較明合成、動画へ、動画GIF変換でAVI→GIF変換

明け方にはオリオンがのぼってきました。

下の方にペルセウス座流線群と思われる流星が2個写っています。

こうゆうタイムラスプだと雲が流れた方が見栄えがします。

==================================================

9日の遠征前の早朝、家庭菜園をしている畑で作業、結構伸びていた草刈りと、スイカの始末をしてきました。

Dsc_0259
最後の収穫です。

これは、弦が繁って放置状態になった後に付いた実で、前回よりは小振りですが、結構甘かったです。

孫達が「スイカ割り」用に喜んでもっていきました。

2018年5月27日 (日)

春の収穫・・・じゃがいも、そら豆

家庭菜園の収穫の季節、そら豆、にんにく、らっきょう、じゃがいも、たまねぎを収穫しました。

まずは、そら豆。

Dsc_0213
5月上旬の2回目に収穫したものです。

まだ時期が若干早かったみたいで、今ひとつうまみがたりませんでした。

この後の収穫で、いわゆる「おはぐろ」が茶色くなったものは、うまみもありおいしかったです。

この後、ニンニク、らっきょうの収穫をしました(写真は撮り忘れ)。

ニンニクは60個を植えて約40個を収穫、らっきょうは60個を植えて、約3kgの収穫で、早速らっきょう漬けを作っています。

たまねぎは、約90本を植えて、途中で枯れたものもあり、80個の収穫ですが、大玉のりっぱなのがとれました(これも写真の撮り忘れ)。

最後は、じゃがいも。

Dsc_0217
収穫途中の写真です。

この後、孫たちも参加し、大賑わいの収穫になりました。

Dsc_0218
選別が終わったところです。

去年の不作と比べると大豊作で、約30kgはありそうです。

左の男爵の方が、若干少なめですが、これだけあると我が家だけでは、消費しきれそうにもありません(このほか、実家分と娘分があります)。

男爵40個、メークイーン40個を植えたのですが、半分でよさそうです。

今は、夏物と秋物の植え付け中で、4回に分けたとうもろこしの植え付けは終了、スイカも大玉2株、小玉2株も順調に生育中、枝豆の時期をずらした植え付けが進行中です。

近日中にらっかせい(育苗中)、さつまいも(ホームセンターの苗は品薄で希望の品種が入手できなくて、結局割高なネット注文にしました)の植え付けの予定です。

2018年5月13日 (日)

5月の撮影行(1) ふくろう星雲+M108のツーショットへの再チャレンジ

5月10/11日にいつもの小石原へ行ってきました。

まだ、月齢25の月が明け方の撮影に影響しそうだったのですが、新月期の後半の天気予報が望み薄だったので、あえて行ってきました。

結果は、撮影期間中晴天で、月の影響も薄明開始直前だけでしたので、十分に撮影を楽しむことができました。

この日の小石原は、よくお会いする C14の方の他2名で、平日でしたがぼっちではありませんでした。

でも、予想外に冷え込み夜半過ぎには5度Cと真冬並みで、それなりに防寒装備はしていたのですが、とにかく寒かったです。

今回の撮影も本命は夜半以降の夏物ですので、それまでは、FSQ85EDPはおやすみとし、BKP150+TC16Aの組み合わせで、前回導入に失敗したふくろう星雲+M108に再チャレンジです。

M97108_750

【撮影データ】
2018年5月10日 小石原焼伝統工芸館駐車場
BKP150 + TC16A(×1.6)
Nikon D7100(レス改) + HEUIB-II FFフィルター
New スカイエクスプローラ SEⅡ赤道儀
D60mm F240mm ガイド鏡 + QHY5L-M + PHD2 Guiding
ISO 25000 露出360秒×5枚
SI8でダーク/フラット補正+コンポジット、CaptureNX2で画像調整)

あいかわらずSEII+ステラショットの導入は微妙にずれており、今回はM108だけが視野に入った状態となりました。

そこで、作成した導入用動作シートの出番です。

M108の位置をねらっている場所へ移動、何回かの試写と移動を繰り返すことで、無事ねらった構図にすることができました。

残念ながら、撮影がほぼ天頂付近でしたので、BKP150のケツが三脚に当たりそうになり、6分5枚の撮影になってしまいました。

枚数不足はどうしようもなく、次回にじっくり撮ってみたいと思います。